2017年12月25日 (月)

サンタさんが水晶をくれたよ

 12月の重要任務がひとつ終わってほっとしている。今年のサンタさんからの贈り物は「水晶群晶(MM207)」 6歳の子供になぜコレを贈るかという話については少々長くなる。

 もともと彼女は物心ついた頃から妙に石が好きで、どこか出かける度に必ずひとつふたつ石を拾ってくる。何の変哲もない玄武岩のこともあれば、ちょっと色の入った堆積岩だったり、ときにはコンクリのかけらだったりと僕らにはよく分からない彼女なりの基準がある。ちょっと前までは幼稚園から帰りのバスにも石を握りしめて乗っていた。途中で居眠りこくので落として見失い、降りるときに手の中にないのでパニクって大泣きする。
 父としては石が好きという嗜好に思わずニヤニヤしてしまい、ウェブで「こども鉱物図鑑」 を見つけると前のめりに注文。「こども」とはいえ幼稚園児にはちょっと難しく、これは読まないかな、と思いつつ部屋に転がしておいたら何時の間にかちょこちょこ捲って眺めていた様子。茨城県自然博物館も丁寧に見たし、誕生石とかについてはすでに結構詳しい。

 今年の夏の家族旅行は、y 発案で新潟県佐渡島。島の最大の観光ポイントはもちろん鉱山跡で、坑道をぐるっと廻ってからお決まりの土産物屋をくぐる。y が配布用のお土産を物色してる間に石関係(鉱山だけに)を眺めていた u が「これにする!」と持ち上げたのが両手に余るサイズの水晶群生。ゲッと思ったがお値段は二千円しないくらい。(床の間サイズの紫水晶塊だと30万円とか、他にも百万円超えるような成金用の石もいろいろ取り揃えてありました。)それにしてもちょっと邪魔くさいし、幼児にこういう宝飾品の端くれはどんなもんだろう。y がキーホルダーのコーナーに連れて行って「こっちも見てみたら?」子供向けのキャラクタグッズなんかを眺めてう~んと悩んでいたが、最終的に「やっぱりこっちにする!」と水晶推し。y にどうする?と相談、「イヤだぁ、こんなの!」と戻しに行ったので「あれは買えません。」と宣言。「え゙え゙!? あ゙れ゙が い゙い゙の゙に゙!!!」と喚く u を肩に抱えて早々に立ち去ろうとするも、この6年間の最大強度でギャンギャン喚きまくる。通りすがりの人にも何事か!DVか!という驚きの目で見つめられるほどの絶望的な叫びと泣き声、土佐の鰹かカリブのカジキかという暴れようだが一度宣言してしまった以上、泣き喚いたことによって報酬が得られるような条件付けをする訳にはいかない。指導の後退は罷り成らん、と暴れる我が子を人攫いのようにクルマに押し込む。少し走って水晶の魔力圏を脱したあたりで昼食をとると落ち着いたのか「 u はねえ、あれみてあたまにおぼえるだけでもよかったんだよ」と健気な言葉で早くも自分の中で合理化させている(自己欺瞞?)ので、こちらもちょっとほだされる。このあたりで、そういえばこいつは石好きだった、あれは宝飾品とも言えるが鉱物標本と言って言えなくもなかった、とかいろいろと「何か間違えた?」感が湧き上がってきてムズムズし出す。が、当の本人が、もはや合理化を済ませてケロッとしているので、もう蒸し返せない。この一件は、どうやら俺たち何だかちょっと間違えちゃったぞ、という棘を残す。

 さてそしてクリスマスですよ。一人っ子で大概の欲望は満たされ、かといって過度の商業主義に曝されることもなく、つまりあまり物欲を前面に出すことのない u は「ことしのプレゼントなにがいいかうかばないんだよな~」すわ「それならサンタさんにお任せしたら?」「うん、じゃあそうする!」素直~。Dqpz55humaex8wcjpg_small この時点で父の頭にはすでに水晶プランが推奨されており、さっそくネット検索かけるもパワーストーン的な、神秘主義の付加価値にまみれたダメなかんじの業者が乱立している。その中でより分けより分け辿り着いたのが「東京サイエンス」いーね、この堅実なかんじ。そしてミニ鉱物標本シリーズ

>『この約4cm角のプラスチックケースはサムネイル・ボックスといって、鉱物収集が盛んな海外でメジャーな標本収納の方法です。たくさん集めても小スペースで保管できて、そのままインテリアとしても飾ることが出来ます。オリジナルケースに東京サイエンスおすすめのミニ鉱物を収めた定番商品です!』

とてもよい。お値段もリーズナブル。アマゾンでは(たぶん)扱ってないのでホームから直接オーダー、銀行振り込み。

 ところが数日後、幼稚園のお友達 y ちゃんに「相談」したら「ぷにジェルがいいんじゃない?」と言われたので「 u ぷにジェルにする~!」えっっっっ!? サンタさん対応できるかな~。(アマゾンさんに、お願いするか…基本セット…って水晶より高いぞ!)

 クリスマスへ向けておもにピアノ教室関係のイベントが続く。先日はクリスマス会のくじ引きで巨大な縫ぐるみを引き当ててご満悦。いい子にしてないとサンタさん来てくれないよとか定番の恫喝もたまにはチラつかせながらいよいよ今晩だね、みたいな話をしていると「 u はきまらないからサンタさんにおまかせしたんだ、サンタさんなにえらんでくれるかな~!」えっっっっ!?「ぷにジェルは?」と喉まで出かかって呑み込み、y と目で相談。どうやら巨大縫ぐるみあたりで十分満たされてしまっているらしく、ぷにジェル云々については、すっかり忘れ去っているようなので、ここは敢えて触れず、なかったことにしておく。お正月とか何か機会を捉えたときの隠し玉として封印。

 で本日早朝
「あ!プレゼントがおいてある」
「サンタさんなにくれたのかな?」
「あ!水しょうだ!小さいけど(!)きれい~」
「ほら水晶ってかいてある。u 『水』のじはわかるから。これ すいしょう ってよむんだよ」
「まえに u がさどでほしがったやつだよ~」
「サンタさん、ずっとまえから u のことみてるんだね~」

ああよかった。これでうちのサンタも少し胸のつかえが降りたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

最近お昼寝したがらない理由が判明した

今日も「くうう、ねむいけどねないぞ」とか言いながら遊んでいたが、老親は体力が持たず1400頃に睡没。Dscn8867_resize_4
今日は野外のイベントに参加したので u も流石に疲れて追随。1700過ぎに目を覚まして「あ゛あ゛あ゛こんなにねちゃったあ゛あ゛あ゛…、おひるねするとよるねられなくなっちゃうんだよう゛う゛う゛…!」

そういうことか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

【Review】映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生【ネタバレ含有】

うーん、御大が御存命ならばこうはなってないんじゃないか、という場面が多々あるなあ、と思いきや実は1989年に一度公開された作品のリメイクだという。原作がキンドル無料版 http://www.amazon.co.jp/dp/B01B2CH0MA で出てるので、読んでみた。

あーこれは、むしろきわめて原作に忠実。

作品を観ていて一番気になったのは、更新世の日本でしずちゃんがいきなり広大なお花畑を作り始めちゃうところ。ドラちゃんもたしなめるどころかタネを持たせて空中散布させちゃうのだからかなり悪質だ。のび太が作成したキメラ生物は最終的にはTPに回収されるのに対して、この植生遺伝子汚染については完全にスルー。1989年のF先生ならもう少し配慮があってもいいんじゃないのか。
むしろ3匹のキメラをうっかり逃がしてしまって、それが世界各地で伝説として残るという展開の方が、藤子SF(少し不思議)の時間ものらしくていいのになあ、とか思ってみたり。

あと世代的に水田ドラをほとんど観てないので、どうしても玉子さんにミサトさんが重なって見えてしまうことと、ギガゾンビの造形がこの日(5/4)アリオにゲストで来ているはずのジャガーさんとあまりにも一致してるので、帰りがけにちびっこのトラウマになってないかが気になDscn7981_resizeって仕方ない。(89年に“ギガ”をふるセンスはさすがのF先生。8ビットの時代ですよ。)

おじさんなのでつい文句が多くなってしまうのだけれど、今回いちばんの感動ポイントはカタストロフの後、のび太が育てた3匹のペット(キメラ)とお別れをする愁嘆場、に泣きじゃくっていたうたこさんです。あまりにもかわゆくて、思わずほろっときました。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

day 1671 自意識

最近は「ひとに笑われる」ということにとても敏感だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

day 1531 となかり

もうすっかり舌足らずな物言いが影を潜め、仮名文字がほぼ解読できるため、誤読もどんどん自己修正してしまい、バブリング期が終わりを迎えようとしている。ちょっと寂しい。Dscn7159_resize
「となかり」は数少ない自己流発音でまだ残っているもののひとつ。ここはひとつ永く残して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

day 1442 ここがうみ

このみどりのところ(畳の縁)がはしで、ここ(畳)がうみだよ。わーおぼれちゃう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

day 1438 6/8

創作鼻歌が6/8拍子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

day 1430 新幹線

Dscn6552

scale 1/100
full scratch
all by herself

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

day 1264 カタカナや漢字にもアンテナを伸ばし始めた

「これは中がっこうの 中 、だね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

day 1255 感応

エネーチケーラヂオで『戦後70年特集 朗読と音楽の夕べ』を聴く。
たまたまチューニングしたら「ひろゆきは…」と何度か聞こえてきた。戦時中の物資の乏しい時代、生まれたばかりの弟(ひろゆき)と母との3人での生活を綴ったものが朗読されている。母は栄養不良で母乳が出ず、貴重な粉ミルクをどうにか入手してひろゆきに与えている。私(語り手)は甘いミルクが欲しくてたまらず、悪いことと分かっていながら時にはこっそり飲んでしまう…。雲行きのあやしい展開とともに淡々と朗読が続く。と、u が「なんかこわい…」と擦り寄ってくる。内容はともかく、何かしら感じ取っているようだ。
もともと弟の欲しかった「私」は基本的にはひろゆきを可愛がっているが、疎開先でも苦しい生活が続き、やがてひろゆきは入院。そして…「ひろゆきは死にました。」
膝に乗ってぐすぐすとベソをかいてた u はエピローグの頃には号泣。内容というよりは、語り口とBGM、単語の切れ端にやられた感じだが、「ぅ゛ぎゃ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぉ゛ぉ゛う゛ぅぅ 」えずきながら振り絞るように激しく泣き、しばらく収まりがつかなかった。
Dscn5996_trimming_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧