2017年5月 1日 (月)

読書メータ 4月のまとめ

4月の読書メーター
読んだ本の数:14
読んだページ数:2411
ナイス数:16

まだ人間じゃない (ハヤカワ文庫 SF テ 1-19 ディック傑作集)まだ人間じゃない (ハヤカワ文庫 SF テ 1-19 ディック傑作集)
読了日:04月30日 著者:フィリップ・K・ディック
木根さんの1人でキネマ 1 (ジェッツコミックス)木根さんの1人でキネマ 1 (ジェッツコミックス)
読了日:04月23日 著者:アサイ
トーチソング・エコロジー (2) (バーズコミックス スピカコレクション)トーチソング・エコロジー (2) (バーズコミックス スピカコレクション)
読了日:04月23日 著者:いくえみ 綾
トーチソング・エコロジー (1) (バーズコミックス スピカコレクション)トーチソング・エコロジー (1) (バーズコミックス スピカコレクション)
読了日:04月23日 著者:いくえみ 綾
アイアムアヒーロー 16 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 16 (ビッグコミックス)
読了日:04月23日 著者:花沢 健吾
THE TRUMPET(1) 2017年 05 月号 [雑誌]: THE SAX 増刊THE TRUMPET(1) 2017年 05 月号 [雑誌]: THE SAX 増刊感想
ようやく出た!内容充実、ラッパ吹きにお薦め
読了日:04月09日 著者:
Newton(ニュートン) 2017年 05 月号 [雑誌]Newton(ニュートン) 2017年 05 月号 [雑誌]感想
量子コンピュータ難しい
読了日:04月09日 著者:
フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなしフレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし感想
せがまれて膝のうえで読み聞かせ。「しじんってなに?」「すてきな言葉を話すひとのこと」そう いう わけさ。
読了日:04月09日 著者:レオ・レオニ
ちょうちょうひらひらちょうちょうひらひら感想
寝る前の恒例儀式
読了日:04月05日 著者:まど みちお
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集感想
「ファーストクラス向けの機内誌」って何だよ日本航空 僕は若いときから「機内誌」のファンで、飛行機に乗ったら必ず目を通して想像を広げる。最近はしかし以前ほどのときめきを感じないなあ、と思うことが多く、内容が低下したのかあるいは自分が磨り減っているのか自問することになる。しかし「ファーストクラス向け」なんてものを日航が出しているとは ファーストクラスなんか逆立ちしたって乗れない平民としては、そんな機内誌の存在すら関知し得ないわけで
読了日:04月04日 著者:村上 春樹
中原中也詩集 (岩波文庫)中原中也詩集 (岩波文庫)
読了日:04月04日 著者:中原 中也
ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)
読了日:04月02日 著者:九井 諒子
ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)
読了日:04月02日 著者:九井 諒子
レッド(1) (KCデラックス イブニング)レッド(1) (KCデラックス イブニング)
読了日:04月02日 著者:山本 直樹

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

読書メータ 3月のまとめ

3月の読書メーター読んだ本の数:23読んだページ数:2710ナイス数:3地平線でダンス 1 (1) (ビッグコミックス)地平線でダンス 1 (1) (ビッグコミックス)読了日:03月27日 著者:柏木 ハルコ
アイアムアヒーロー 16 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 16 (ビッグコミックス)読了日:03月27日 著者:花沢 健吾
アイアムアヒーロー 15 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 15 (ビッグコミックス)読了日:03月27日 著者:花沢 健吾
アイアムアヒーロー 14 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 14 (ビッグコミックス)読了日:03月27日 著者:花沢 健吾
アイアムアヒーロー 13 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 13 (ビッグコミックス)読了日:03月27日 著者:花沢 健吾
ちいさいおうちちいさいおうち読了日:03月26日 著者:ばーじにあ・りー・ばーとん
ピッツァぼうやピッツァぼうや読了日:03月19日 著者:ウィリアム スタイグ
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃海街diary 1 蝉時雨のやむ頃読了日:03月19日 著者:吉田 秋生
沖縄映画論沖縄映画論読了日:03月18日 著者:
アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)読了日:03月15日 著者:花沢 健吾
ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (ビッグコミックス)感想エピローグは蛇足。突拍子もないストーリィにも関わらず読む側のリアリティは疾走感と緊張感の絶妙なバランスの上で強引に成立できていた、のに最後の最後で「そんなわけあるかい!」という感想が顔を出してしまったよ。せっかくのグレートな物語なんだからスパッと終わって余韻を楽しませて欲しい。まあオマケのおふざけ、もしくはカーテンコールだと思うことにします。最終話の見開きはイカしてた。読了日:03月06日 著者:花沢 健吾
ボーイズ・オン・ザ・ラン 9 (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 9 (ビッグコミックス)読了日:03月06日 著者:花沢 健吾
ボーイズ・オン・ザ・ラン 8 (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 8 (ビッグコミックス)読了日:03月06日 著者:花沢 健吾
ボーイズ・オン・ザ・ラン 7 (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 7 (ビッグコミックス)読了日:03月06日 著者:花沢 健吾
ボーイズ・オン・ザ・ラン 6 (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 6 (ビッグコミックス)読了日:03月06日 著者:花沢 健吾
ボーイズ・オン・ザ・ラン 5 (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 5 (ビッグコミックス)読了日:03月06日 著者:花沢 健吾
ボーイズ・オン・ザ・ラン 4 (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 4 (ビッグコミックス)読了日:03月06日 著者:花沢 健吾
ボーイズ・オン・ザ・ラン 3 (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 3 (ビッグコミックス)読了日:03月06日 著者:花沢 健吾
ボーイズ・オン・ザ・ラン 2 (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 2 (ビッグコミックス)読了日:03月06日 著者:花沢 健吾
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (ビッグコミックス)読了日:03月06日 著者:花沢 健吾
僕の小規模な生活(2) (KCデラックス モーニング)僕の小規模な生活(2) (KCデラックス モーニング)読了日:03月05日 著者:福満 しげゆき
僕の小規模な生活(1) (KCデラックス モーニング)僕の小規模な生活(1) (KCデラックス モーニング)読了日:03月05日 著者:福満 しげゆき
アイアムアヒーロー 11 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 11 (ビッグコミックス)読了日:03月04日 著者:花沢 健吾
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

読書メータ 12月のまとめ

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2885ページ
ナイス数:22ナイス

その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)感想
アルマン!
読了日:12月30日 著者:ピエールルメートル
フロスト日和 (創元推理文庫)フロスト日和 (創元推理文庫)感想
ウェブスターが最後の最後にフロストを「警部」と呼ぶところにほろっとくるね
読了日:12月29日 著者:R・D・ウィングフィールド
アイアムアヒーロー 5 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 5 (ビッグコミックス)
読了日:12月21日 著者:花沢健吾
パパ、お月さまとって!パパ、お月さまとって!
読了日:12月19日 著者:エリックカール
進撃の巨人(20) (講談社コミックス)進撃の巨人(20) (講談社コミックス)
読了日:12月19日 著者:諫山創
はたらく細胞(3) (シリウスKC)はたらく細胞(3) (シリウスKC)
読了日:12月19日 著者:清水茜
アオイホノオ 14 (少年サンデーコミックススペシャル)アオイホノオ 14 (少年サンデーコミックススペシャル)
読了日:12月18日 著者:島本和彦
アイアムアヒーロー 4 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 4 (ビッグコミックス)
読了日:12月18日 著者:花沢健吾
進撃の巨人(20) (講談社コミックス)進撃の巨人(20) (講談社コミックス)
読了日:12月18日 著者:諫山創
進撃の巨人(19) (講談社コミックス)進撃の巨人(19) (講談社コミックス)
読了日:12月18日 著者:諫山創
クリスマスのフロスト (創元推理文庫)クリスマスのフロスト (創元推理文庫)感想
このクソ忙しい時期についミステリに手を出してしまった。30年前に書かれて20年前に翻訳されたものなのに読み始めると止まらない。劇中ではさらに30年前まで遡ったりしてジェットコースター感ハンパない。後手後手に回るんだけれど、ひとつひとつ裏を取って地道に事実を明らかにしていく様といい、キャラの立ち方といい、コロンボぽい。ちょっと勘を信用しすぎる感もあるけれど。あるいは後手に回って翻弄されながら核心へ迫ってく様子は、ダンディさを剥ぎ取ったマーロウか。
読了日:12月13日 著者:R.Dウィングフィールド
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)
読了日:12月4日 著者:西原理恵子
S-Fマガジン 2008年 01月号 [雑誌]S-Fマガジン 2008年 01月号 [雑誌]
読了日:12月4日 著者:

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)