2016年6月25日 (土)

ランボルギーニ タイヤ交換

ここ数日の不安定な気圧のせいか前後輪ペシャンコになってしまい、自宅最寄りの自転車屋に持ち込んだ。(年に一回あるかないかのイベントなのでパンク修理のキットは持たない。) 推定年齢78、白髪のじーさんがおかみさんとやってるパナソニックというかナショナルの小さな特約店。中に入るとラジカセから“ペイパーバックライター”、街の自転車屋で聴く中期ビートルズはなんだかとってもいかしてる。じーさんやるな!と思ったんだけど、よく考えるとおそらくポールとほとんど同世代。そして音源はNHK-FMの「ラジオマンジャック」だった。Dscn8297_trimming



なんだかんだ言ってもう8年ほど乗っていて調べるとチューブもブロックタイヤもボロボロ、結局前後輪ともに全取っ替えすることにした。一瞬この機会にもう少しつくりのしっかりしたクロスバイクに乗り換えることも考えたのだけれど、安物とはいえ武骨なフレームはびくともしてないし愛着もあるし。またじーさん人がいいので、込み込みで一万円丁度でいいよ、と言ってくれる。直すことに。

作業しながらじーさん「油付けすぎ!」と指摘。確かに、錆びたチェーンは許せないので、ラッパのバルブオイルのように暇があるとちょいちょいさしてる。ベトベトなので道路の微塵を全部くっ付けちゃうなあ、とは思っていたけれどやっぱりつけすぎかー。「明日休みだからそうじしな」ぐぬぬ、テキトーなウェスを持ってきて拭きたい、と思ってはや数ヶ月、痛いところを。じーさんが556吹いて少し磨いてくれる。「ああ、556でいいんですか」「回転系はダメだよ」掃除用ということね。ギトギトの油と貼り付いた微粒子拭うのには丁度よい。「あんまり錆びてないから、ほら、磨くと綺麗になる。これだけ油付けてりゃそりゃ錆びないかw」ぐぬぬ。しかしそれは確かに金属器械をメンテするときの最優先事項なので俺はそんなに間違ってないのだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

タンクローリーかっこいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

ダイソン買ったった

ballfluffy Ballfluffyt01a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月30日 (月)

トランペット内部清掃

楽器ケースにはつねにごちゃごちゃと小物が詰め込んであるのだが、妖怪も住み込んでいるようで、いつの間にか小物類は少しずつ無くなっていく。フレキシブルクリーナがなくなり、スワブがなくなり、気が付くと十年近くまともに内部掃除してないような。
第三世代(?)の掃除道具、スポンジ込めて吹き出すやつも、こないだ楽器屋で見かけて買ってみた。そして買ったはいいけどしまい込んでた。
Dscn7291_utako_resize_3

のをようやく引っ張り出し、試しにやってみた。

遊星からの物体Xみたいになった。凄いのが出た。

もしやと思い、最近理不尽なまでにアタリ難い(調子がよくたって上に外しちゃうんだから重症) Fis と H を試してみると…当たる!(気がする)
縒れがちだった F も、ずいぶん素直になった(気がする)
そしてなによりエアの通りが随分軽くなった(気がする)

アンサンブルやったときにチューニングB♭からのドレミファソにどれだけ苦労したことか。Fis と H にも酷い目に遭ったし。もう少し早めにちゃんと掃除しとけばもう少しなんとかなった(かも知れない)

楽器は器械だから、やはり掃除は絶対的に基本ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

以前のブログパーツがおかしな動きをしていた

web 上にログを残すようになってからひょっとしてもう 10 年くらい経つのかなとかふと思い ( 9 年半でした ) 過去記事をちょっと遡ってみたら、以前埋め込んでおいた myminicity 用のブログパーツがおかしな挙動をしていた。パーツを含む記事を表示した途端ニフチーのグラビアページに飛ばされてしまうというまるでワンクリック系のブラクラサイトみたいになっていて驚いた。数ヶ月前から挙動が不安定だったので、最近の記事では外してアップしていたが、埋まってる過去ページでは何が起こってるか全然気が付かなかった。検索ワードで飛んできた人達は驚いただろうなあ。
  myminicity 関連は過去 4 年くらいに渡って数十件の記事があるので、一件一件手作業で修正するのもキツイ。仕方ないから、該当する記事をまとめて非表示にした。これでとりあえずその記事の周辺を閲覧しただけで勝手に飛ばされちゃうことはなくなった。アーカイブ漁ってもらっても大丈夫です。Dscn1675

ちなみにこんなパーツのコードなんて全然書けないので、他所から拾ってきてテキトーに貼り付けたものです。 これ→ <iframe width="130" scrolling="no" height="270" frameborder="0" src="http://hmlab.info/minor/php/myminicityinfo/myminicityinfo.php?cityname=histamine" name="myminicityinfo"> </iframe> 
からくり分かる人がいたら優しく教えて下さい。(まあリンク先の問題なんだろうけど。hmalb というアドレスがどうもヘン。勝手に書き込まれていたりすることもあるのかな。よく分かんないものを拾ってきてロボット仕事させといちゃいけないねやっぱり。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

自宅周りのγ線測定(千葉県北西部ホットスポットにて)

(3/9さらに追記)→
エアカウンターの特性についてかなり事細かに検証してくれているサイトがありました。
http://sakai4.blogspot.com/p/blog-page_14.html

あわせてどうぞ。参考になりました。

←-----------------------------

ウェルシア南増尾店さんが測定器の無料貸出をおこなっているので借りてきた。

Siフォトダイオード(エステー「エアカウンター」)
測定:γ線、1cm線量当量
測定下限:0.05μSv/h 誤差:±20%
測定時間:線量により最長約 5 分
校正定数による表示補正済み

2011/Nov./04 柏市による測定参考値 単位μSv/h
東中新宿子どもの遊び場中央付近
 100cm 0.315 
光ヶ丘中央公園端ベンチ前
 100cm 0.258

2012/Mar./03/Sat./fine ベランダ気温12℃ 湿度57%
測定高さ 1m 単位 μSv/h
東中新宿子供の遊び場中央付近 0.29 , 0.26 , 0.21
光ヶ丘中央公園端ベンチ前     0.24 , 0.22 , 0.27
光ヶ丘中央公園芝生側ベンチ    0.20
光ヶ丘中央公園雨水溝格子上   0.34
自宅ルーフバルコニ中央部      0.22 , 0.20 , 0.23
自宅ルーフバルコニ芝生上      0.26 , 0.21 , 0.21
自宅ルーフバルコニ人工芝中央  0.19
自宅ルーフバルコニ外縁排水口  0.12(斜めから)
自宅寝室                 ND  , 0.11 , 0.06

(邪道:自宅ルーフバルコニ 5cm 高測定)
中央部 0.31 芝生上 0.48 排水口 0.32

【考察】
まあだいたい想定内。ホットスポットとか言われ出したのが大分経ってからだったのでとくにデッキブラシのひとつもかけてない。コンクリにCs吸着してるとかの話もあったが、約1年経って地表(砂利、土、芝等)とそれほどの違いはみられない。ことによっちゃスチームクリーナでも借りてこようと思ってたけどいらないか。苔の生えた芝生土直近ではさすがに拾う頻度が上がったが、設定外の使い方なので数値にはあまり意味が無い。また規定通りに 1m 高で測ると誤差に埋もれてしまうので、食べないようにして土ごと捨ててしまえばOKだろう。(もともと畳一枚分程度しかない)
以前も一度ざっと計算してみたが、もう一度。0.3μSv/h 平均として24h × 365日でおよそ2.6 mSv 。もとのBGがどのくらいだったのかだな。今回はとりあえずヘンなポイントもないのでまあよしとする。
仮に芝生上が 0.5μSV/h として、そこに一年間寝たきりでも 5mSV ギリ手前。いまのところは静観だ。Dscn0584_2

またいろいろ微妙なところとはいえ、基本的にはごく小さな値を拾おうとしているわけで(例えば5分間かけて 0.24μSv/h を算出したということは、ぜんぶで 0.02μSvぶん を拾ったということだ)、諸元に「最長5分程度」とあるが実測上毎回ほとんど5分フルにかかっている。ので全部で20回ほど測定を繰り返すにも結構手間暇かかるのである。この日は風が冷たくてなかなかつらかったよ。
ざっくり言って福島第一原発構内でここの約200倍、もっともキビしい事務本館南ではさらにその10倍ほど。

追記:3/4曇 ベランダの線量測定 0.10-0.13 μSv/h
測定器はγ線を拾うと表示窓の端にポチッと印がつく仕様で、数秒おきに反応する。以前に手作りのβ線検出器を工作したときや、霧箱なんかの感触からすると、おー出てる出てるという感じ。これが点きっぱなしだと結構恐いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

バスとトラック

Dscn0703

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

液化窒素運搬車

Dscn0694

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

『Mowgli bipedal jumping robot』東大

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

SeculiyくそTool

SeculiyTool というタチの悪いマルウェアにやられた。三晩かけてようやくあらかた復旧したところ。
どうも年末年始に猛威をふるったらしく、検索をかけると対策についてまとめたブログはゾロゾロ出てくるのだが、いかんせんブログなので民間療法的な匂いが強く、オフィシャルな決定版があまり見あたらない。ひょっとしたらその後少し進化している可能性もあっていろいろ試しながらずいぶん苦労した。こういうのこそ責任もって公的なステートメンツと対応マニュアル作れよゲイツ!
いまさら対策のまとめをやっても上の民間療法の一バリエーションにしかならず、あまり建設的ではないのだが、取り急ぎ要点のみ。Dscn0227

0.IE + Avast では防ぎきれなかった。
Firefox に乗りかえてだいぶ経つのだが、ブラウザ変わるとまごつくと思ってY用に IE 残しておいた。じつは今回くらったのはそのY。また Avast は軽くてよかったのだけれど、後でスキャンかけた際にも駆除しきれなかった。ただ、Firefox ならプログラムがめり込む前にいったんポーズをかけたはずだ。MS はそのへんがつくづくダメだ。

1.「システムの復旧」には頼らぬが吉。
使うべきか使わざるべきかで一部論争になっていたようす。下手にやると逆効果になりかねないので手を出さない。

2.まずはタスクマネジャーでプロセスをとめる。
とにかくタチの悪いプログラムで、名前のとおりセキュリティの顔をして右下に常駐、アンインストールや削除の動きをいちいち察知してブロックしてくるのですごくむかつく。まごまごしてるとじきにメモリが一杯になってゲームオーバ。この三日でいったいなんど無理矢理電源落としたことか。立ち上げてから SeculityTool の常駐が開始される数秒の間にタスクマネジャー起こして、とにかく動きをとめる。そこでようやくひと息ついて作業にかかれる。

3.とにかく rkill で本体を殺す。
http://www.bleepingcomputer.com/virus-removal/remove-security-tool ここにある rkil をダウンロードして実行することでまずは本体を始末する。

4.Malwarebytes' はフォローしきれていない。
同じページに関連プログラムを消すためにこれを使えとあるが、これだけではトロイが相当数残ってしまう。また上に書いたように Avast のフルスキャンでもまだ何か残る。

5.カスペルスキー最強。
カスぺが効いたという記事を見て急きょトライアル版を入れる。これでフルスキャンかけて(トロイが十数個出てきた)どうにか症状が落ち着いた。さすが。ただちょっと重いんだよなあ。試用期間すぎたら Avast に戻すつもり。

6.HOSTS てなに?
システムへのアクセス権限とかいじられたかんじなので、いちおう上記英文ページの3つめ、HOSTSファイルの入れ替えをやっておいた。なにがどう変わったかはよく分からない。

くだらないことにずいぶん労力喰われてほんとにあたまにきた。なんかメジャーなサイトにも潜り込んでるらしいのでご用心あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧