2018年12月11日 (火)

上野東京ラインのニューロマンサー

 両親の実家が、それぞれ関東と北海道だったので物心ついた頃から割と頻繁に羽田を利用(学生時代も地方の大学だったし)していた。そのため昭和の『山手(or京浜東北)線を経由してモノレール』という感覚が染み付いている。
 もちろん東松戸や新鎌ヶ谷から一本というルートや駅前から直通バスというチョイスも一通り試してみたのだが気が付けば常磐線が品川まで届くようになっているので(何度か乗り換えを挟んでも)品川経由で京急を使うのが体感的に一番楽なようだ。時間帯にもよるけれど座れるし(モノレールってなんだかんだ言って狭いよね)。今回もガラケー(EZ-web)乗り換え案内では推薦順位4番目くらいだったけど京急品川ルートで帰ってきた。Dscn0952_jal_trimming
 文庫版で再読中の『スペインの宇宙食』は日暮里あたりで読み終わった。最後のパートはポストサイバーパンクな感じの短編小説で同時代の伊藤計劃に文体や雰囲気が寄っているので改めてハッとする。予備に持ってきていた『ニューロマンサー』をカバンの底から引っ張り出す。確か初読は学生の時だから20世紀の筈だが手元にあるのは何故か2003年27刷。一度売り払って買い直したか。那覇から、ここ数日で急激に気温の低下した羽田に降り、その地下から京急を経由して「品川発水戸行き」という旧世紀では非現実的な響きしかない列車の暖房過多な座席に収まりポストサイバーパンクを読み終えて元祖サイバーパンクの再読をはじめる。あまりにも繋がりの良すぎる一連の流れに恍惚となりながら、しかし以前は半分くらいチンプンカンプンで、それがむしろチバシティの幻惑的なイメージをブーストしていた冒頭の文章が21世紀も18%くらい消化した時点で意外なほど分かる。エッジの効いた技術的用語がそこそこ一般化したこと、個人的に教養の幅が少しだけ広くなったこと、そしてなによりギブスンが提示したイメージをみんなでよってたかって現実に取り込んできたこと、などによって随分「分かる」ものになっていた。考えてみればこの間に攻殻がありマトリクスがあり(JMもあったし)ブレードランナーの新作まで出てきたし、ベルリンの壁が崩れソ連が解体されWTCも崩れ落ちて、そもそも初読時の80年代末には存在しなかったwww(草じゃないぞ)が当たり前のインフラとして受容されギブソン本人をツイッタでフォローする一方で東日本を大津波が襲ったその果てに品川発水戸行車内で読む『ニューロマンサー』の味わいである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

サントリーニ島の入り江(お蔵出し)

017_resize

(p)五隠居

せっかく古い写真を漁ったので良く撮れているものをもう1枚チョイスして置きます。銀塩時代のコンパクトカメラ(五隠居は一眼だったっけ?)によるものなので、今見ると一か八かのアングルや露出のものが多いし、プリント自体も褪せてしまったりしている。そんななかで今でも観るに耐えるのって数枚しかない。前回と今回との2枚は、そのうち数少ない優秀作品です。伊豆や積丹と言っても通りそうだけれども、いちおう世界的な観光地(の裏手)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

「ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集」/村上春樹/文藝春秋

みんなが氣志團に気を取られてる間、こっそり読んでる紀行文集のレビューをします。レビューにはなってないけれど。

飲みかけのテーブルワインをグラスに注いでギリシャパート(懐かしいふたつの島で)を読む。

僕らが彼の地を巡ったのは何年前だっけ?にわかにちょっと分からないぞ。ほとんど資料らしい資料が残ってないので判然としないけれど、おそらく15,6年前。当時僕が出した絵葉書まだ持ってる人がいたら写メでも送ってくれると有り難いです。

だいぶ余計なことを書いたけれども、この紀行文集は食に対して割とフォーカスされているので、そこから旅の味の記憶がいろいろと甦ってきた。素朴だけれど美味しい海産物と、クセがあるけどクセになるウゾー、レッツィーナワイン。それだけで良い旅だったなあ、と思い返される。

一人でほっつき歩く旅も、それはそれで濃密な体験なんだけれども、食べることに関しては複数で行動することのメリットが圧倒的にある。ワインもボトルで頼めるしね。

016_resize

(イメージデータを少し添えようと古いプリントを引っ張り出しました。日付を見ると2000年の夏。 WTC に飛行機が突っ込んで世界がこんなことになる少し前だったんだな。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

2016 夏休み(北海道) day2

やっと二日目が書ける(→一日目はコチラ
8月3日(火)11時 北大植物園の蓮Dscn8464_resize_2 Dscn8467_lotus_resize_2Dscn8468_resize
Dscn8469_lotus
Dscn8470_lotus_resize

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

2016 夏休み(北海道) day1

写真の整理かたがた、ツイログを掘り返して時系列に並べ、多少の補足を加えて今年の夏休み旅行を総括する。u(4さい)の成長段階に合わせて今年は3泊4日。

2016 夏休み いくぞ!おー!
Dscn8388_start
 Dscn8390_trimming_2

Dscn8391_trimming

0851 京急羽田行(10min.delay) 前日の大雨の影響でダイヤが乱れている

0914 国内線ターミナル なぜか on time
Dscn8392_trimming

1128 landing 新千歳ap

1215 えびそば一幻
Dscn8396

1340 オリックスレンタカー → シルバーのフィットで一路札幌へ

1525 check in 東京ドームホテル

植物園は1600閉園で間に合わなかったのでぶらぶらと道庁を経由して
Dscn8415

1730 テレビ塔 
Dscn8433

このあとキリンのビール園行ってジンギスカン食うぞー、と地下鉄で中島公園へ向かうが通勤時間帯の常磐線も真っ青の混みよう。じつはこの日ちょうど豊平川の花火大会で、中島公園がそのど真ん中だった。先日の大雨のせいで予定されていた土曜に実施できず、平日にずれこんじゃったらしい。浴衣のお姉さんがうたこを庇ってくれる。けっこう歩いて腹も空かせて満員電車に揉まれて辿り着いたキリンビール園はしかし、予約を入れていないと一時間以上待ち。そーか、いま予約で入った連中が小一時間ゆっくり飲み食いして出るころに花火がはじまるからなあ。空模様もあやしいしまいったなあ。そういえばさっきテレビ塔の下でサッポロのビアガーデンやってたなあ、、、…もどるか。でももう激混みの地下鉄に乗る気力がないので、タクシーで大通りへ。まるで「ふりだしにもどる」だ。タワー下のスペースを使ったビアガーデンは少々お高いかんじもするけれど、基本ジンギスカンだしサッポロビールだし、雨降りそうだから屋根(展望室)ある方が無難だし、なによりももうくたくただし空腹だしで、一も二もなく席を確保する。結果的には大正解。肉旨いビール旨いそしてこのあとゲリラ雷雨。大通り公園の方に彷徨い出なくてよかった。
Dscn8438_4 Dscn8452_3
旨いものを喰うと顔が変わる u

Dscn8442_2_2

1855 ゲリラ雷雨 at 大通り公園
Dscn8456_4_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

テレビ父さん

Dscn8547_trimming
2016夏の思い出 HISおまけのクーポン使って札幌テレビ塔にのぼったら、ノベルティのペーパークラフトをもらった。うたこにせがまれて組み立てたが、やたら細かくてえらく大変だった。

016_4 017_3 018_2

Dscn8432_tv_tower
Dscn8457_tv_tower_night

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

マレー通信

(以下は講談社漫画文庫にはさまっていた約15年前のメモをサルベージ・電子化したものである)

マレー通信(22)
ヘロヘロになってリージェンシーのベッドに倒れ込み、23:30まで仮眠。眠いカラダに鞭打ってカウントダウンイベントの会場へ向かう。呑気な歌を合唱しているうちにディジタルの数字が 23:59:50 を示し、タイ語でカウントダウンが始まった。00:00:00 で歓声と花火。リージェンシーの壁面ではド派手な爆竹、従業員が鍋釜を打ち鳴らす。宴は延々と続くが、眠いので寝る。

マレー通信(23) 2001/Jan./01
新世紀元旦は 5:30 起床。6:30 に駅へ。7:05 発のバタワース行きのチケットをゲット!ここにきてようやくマレー鉄道(正確にはタイ国鉄だが)に乗れる!
ホームでは列車の情報が Delay 40min. 予想到着時刻は 7:30 。朝ごはんを探しに駅前をうろつくが、ミスドは惜しくも開店前。仕入れたばかりのドーナツの匂いが甘く漂っていたのだけれど。小さな商店でオレオとテディ・クッキー、おつまみ豆とコーク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

伊豆熱川その12 8/8(土) 【了】

1506 踊り子162号我孫子行
Dscn6696_2 Dscn6698_3

Dscn6806_2 車内はガラガラ




帰りはスーパービューでも個室でもないけれど、なにせ我孫子行き。伊豆熱川で乗車したら次に降りるのは柏。まるでどこでもドア。北斗星体験にも似た感動がある。もともと一時的な企画だったが、予定を延長しての夏休み運行こそが、そもそも今回の子連れ伊豆行を選択した理由でもあった。伊豆から横浜東京上野とビール片手に車窓を眺めながらすーっと通過してゆく様はなかなか痛快。

1541 伊東
1551 網代
1602 熱海 少し人が増える
1622 小田原
1647 うたこ熟睡 車内再びガラガラ 探偵ガリレオ読了
1659 横浜
1720 東京 一斉に客が降りる うたこ起きる 新聞を買う 1723発
1731 上野
1751 松戸
1759 柏 下車
1809 各駅停車代々木上原行
1811 下車
1830 大阪王将で夕食
1914 東武バス
1923 下車 セブンイレブンに寄って、
1935 帰宅 終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

伊豆熱川その11 8/8(土)

1213 伊豆稲取 リゾート21熱海行
1220 伊豆熱川 下車
___バナナワニ園
Dscn6681_banana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

伊豆熱川その10 8/8(土)

1043 熱川 リゾート21 下田行
Dscn6660_1043_21_2Dscn6662_1043_21_2

1053 稲取下車 朝市へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)