« あしたがすき | トップページ | 覚え書き:年表(20世紀) »

2019年2月11日 (月)

1984年細野晴臣の陰と陽

『風の谷のナウシカ』1984年1月25日リリース。当時、映画版ナウシカのイメージガールとして抜擢された新人、安田成美にエラく難解な東欧風音階を歌わせて物議を醸した曲。スケールもそうだがイントロやバッキングのアレンジそして音色に当時の細野の趣味がよく出てる。加えてこのイントロの空気からは同じ1984年にリリースされた『玉姫様』が否応なく連想される。


今回これだけ出して、どうです繋がってる感あるでしょう、と〆る予定だったのだけれど念のため確認して驚いたのが、この『玉姫様』のリリースも1月25日だったということ。どひゃー、同日リリース!これは確信犯ですよ。白細野と黒細野。作詞はそれぞれ松本隆と戸川純。そうかそいうことですか。ふうむ面白い。

|

« あしたがすき | トップページ | 覚え書き:年表(20世紀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1984年細野晴臣の陰と陽:

« あしたがすき | トップページ | 覚え書き:年表(20世紀) »