« 上野東京ラインのニューロマンサー | トップページ | 覚え書き:年表(20世紀) »

2019年1月 4日 (金)

yesterday について(ずうっと思っていたこと)

昔中国で買ったverb のビートルズジャズカバーコンピを聴く。やはり聴いていて気持ちいいのはインスト。そもそも「オジサンたちの」ジャズに対するカウンターとして出てきた音楽だから、ジャズの話法で歌っちゃうとどうしても煮染めたような臭みが出てきてしまう。サラ・ヴォーンとか上手いのは分かるけど、あのコブシで yesterday は流石にどうだろう。yesterday は万能試験紙みたいなものだから同じことがシナトラやエルヴィス(後期)にも言えて、いまでこそ、ああシナトラうめえなあエルヴィス格好いいなあ、というのが分かるのだけれど例えば中学生のときビートルズに痺れた瞬間にはシナトラやエルヴィスから漂う加齢臭が煙たくて仕方なかった。yesterday の検出作用はとくに歌い出しに顕著に現れていて多分どの教科書でもメロディーラインは「♪ソファファ~」と書かれていてカバーする連中もほとんどがそれを正解として、むしろ洗練という感覚で歌っている。でもポールはそこに訛りを入れて、言わば東北弁で歌い始める。一音降りるのではなく平板に「イェスタデーー」で入っていく。「イエスタデイ~」ではなく「イェスタデー」だ。あるいは英語圏の連中に言わせればそれこそリバプール訛りの田舎風に聞こえるのかもしれない(英語圏に住んだことがないので単なる想像ですが)。しかし文化のエッジは辺境から立ち上がる。 おそらく60年代当時ハリウッド界隈で蝶ネクタイに葉巻咥えて総天然色で「イエースタデイ~」風に歌っていた中央ショービズ文化に対して、あの「イェスタデー」は A hard day's night で見せたモノクロームとタートルネック、シガレットを象徴しているのだ。

|

« 上野東京ラインのニューロマンサー | トップページ | 覚え書き:年表(20世紀) »

コメント

「イェスタデーイ…」だと思う。

ポールのライブでは、I Saw Her Standing Thereと交互にセットリストに入ってくるのだけど、日本ではノリが悪い方(Yesterday)が好まれる傾向にありますね。

投稿: | 2019年1月 4日 (金) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/67554910

この記事へのトラックバック一覧です: yesterday について(ずうっと思っていたこと):

« 上野東京ラインのニューロマンサー | トップページ | 覚え書き:年表(20世紀) »