« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月16日 (水)

覚え書き:年表(19世紀以前)

1756
Jan./27【
Wolfgang Amadeus Mozart】誕生
1786
Sep./11【
Friedrich Rudolph Kuhlau】誕生
1791
Dec./05
Wolfgang Amadeus Mozart】没
1810
【Frederic Chopin】誕生
1811
【Franz Liszt】誕生

1832
Mar./12
Friedrich Rudolph Kuhlau】没
1841
交響曲第1番変ロ長調op.38「春」【
Robert Alexander Schumann
1849

【Frederic Chopin】没

1874
Jun./25【William Somerset Mahgham】誕生
1886
【Franz Liszt】没
1900
Jun./29【Saints-Exupery】誕生

            
                                                                                                                                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

2019年ですね

年末はいつもバタバタして大したアイディアが浮かばないままやっつけで年賀状をつくってしまう。今年(昨年末)もテキトーにウェブで拾った画像をチョイチョイと加工して3分くらいで年賀状をデッチ上げてしまったのだが明けてから11月にガフが迎えに来る年だったことを思い出して地団駄踏んでいる。同じ拾い画像でデッチ上げるにしても、わかもと でやればよかった。30年後生きていたらゴズリング使うの忘れないようにしないと。Img_25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

yesterday について(ずうっと思っていたこと)

昔中国で買ったverb のビートルズジャズカバーコンピを聴く。やはり聴いていて気持ちいいのはインスト。そもそも「オジサンたちの」ジャズに対するカウンターとして出てきた音楽だから、ジャズの話法で歌っちゃうとどうしても煮染めたような臭みが出てきてしまう。サラ・ヴォーンとか上手いのは分かるけど、あのコブシで yesterday は流石にどうだろう。yesterday は万能試験紙みたいなものだから同じことがシナトラやエルヴィス(後期)にも言えて、いまでこそ、ああシナトラうめえなあエルヴィス格好いいなあ、というのが分かるのだけれど例えば中学生のときビートルズに痺れた瞬間にはシナトラやエルヴィスから漂う加齢臭が煙たくて仕方なかった。yesterday の検出作用はとくに歌い出しに顕著に現れていて多分どの教科書でもメロディーラインは「♪ソファファ~」と書かれていてカバーする連中もほとんどがそれを正解として、むしろ洗練という感覚で歌っている。でもポールはそこに訛りを入れて、言わば東北弁で歌い始める。一音降りるのではなく平板に「イェスタデーー」で入っていく。「イエスタデイ~」ではなく「イェスタデー」だ。あるいは英語圏の連中に言わせればそれこそリバプール訛りの田舎風に聞こえるのかもしれない(英語圏に住んだことがないので単なる想像ですが)。しかし文化のエッジは辺境から立ち上がる。 おそらく60年代当時ハリウッド界隈で蝶ネクタイに葉巻咥えて総天然色で「イエースタデイ~」風に歌っていた中央ショービズ文化に対して、あの「イェスタデー」は A hard day's night で見せたモノクロームとタートルネック、シガレットを象徴しているのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »