« 【MSM-07 Z'GOK】Tシャツコレクション〔14〕 | トップページ

2018年10月26日 (金)

極私的「小悪魔」考

「星ぼしの荒野から」未読なんだけれど僕は僕で「たったひとつの冴えたやり方」のコーディを候補のひとりとして思い浮かべたりしてたので確かにティプトリーの描く人物はそれっぽい要素があるのかも知れない。で風呂入りながら性懲りもなく考えたりしてたんだけれど「小悪魔」というキャラクタ自体に何となく70年代的スメルを感じたりもする。と言って松本零士ではないし。つらつら考えながら基準を仮定した。① cute であること ②そのことに自覚的であること ③それによって周囲の人間を振り回すこと ④成熟していないこと、すなわち総体として innocent であること(devil なのに) この基準においては峰不二子が④でハネられ、クラリスは②によって弾かれる。松本美女も大方④基準に抵触する。登場初期の森雪などは、ほぼ条件を満たしているのではないかと思われるのだけれど彼女は作品を通してかなり早い段階で成長し成熟を遂げてしまうので惜しい。ちなみにデジタル大辞林によると1 小さく力の弱い悪魔。しょうあくま。2 男性の心を翻弄(ほんろう)する、魅力的な若い女性。となっており、まあ少なくとも自前の定義とコンフリクトするものではないだろう。愚考を続けると淺倉南などはその振る舞いにかなりデモーニッシュなものがあると常々指摘されているのであるが一応作品における暗黙の前提として②が欠けている。ことになっている。このように僕があれはどうか、これはどうだろうと無節操に思い浮かべるものがほとんど70~80年代の作品群であることは「小悪魔」的造形が時代に規定されていることを示す訳ではもちろんなく、ただ単に僕がおっさんであることを逆照射しているに過ぎないが、そんななかで上記基準にかなりよく適合するモデルが発見された。如月ハニー。これは僕にとってはかなり腑に落ちる人選なのだが、その彼女が実は人造人間すなわちアンドロイドであることは何というかこの問題の根幹に関わる絶対的な非実現性、不可能性を鮮やかに浮かび上がらせているのではないか。

とか言いつつ「逃げ恥」のガッキーあたりが既にコンテンポラリーの文脈でこの問題を解決してしまっているような気がしないでもなかったりするんだけど、あとあれだ、それを言うなら「みなさん、さようなら」(2013)における波瑠の存在を抜きに語る訳にはいかなかったのだけれど本稿を書きながらまさに、いま出てきてしまったので今回はこれにて、いったん閉じます。

|

« 【MSM-07 Z'GOK】Tシャツコレクション〔14〕 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/67312803

この記事へのトラックバック一覧です: 極私的「小悪魔」考:

« 【MSM-07 Z'GOK】Tシャツコレクション〔14〕 | トップページ