« 花束を君に | トップページ | 覚え書き:年表(20世紀) »

2017年12月12日 (火)

>惑星ソラリス


例の首都高のシーンについて、野口悠紀雄は
>『日本人の観客には興ざめのシーンだ。もともとこの場面は必要ないので、「惑星ソラリス」で唯一の失敗個所である。』なんて書いている。http://office.noguchi.co.jp/archives/712 この辺りがこのおじさんの限界。(この人の「分類するな、並べよ」という提言は好きですけどね)。

短縮版について https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%91%E6%98%9F%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9
>『日本で発売されたビデオソフトの中には、全編日本語吹替版(声の出演:木村幌千葉順二寺田路恵ほか)で、オープニングとエンディングではオリジナル版に存在しないケルヴィンのナレーションが流れ、彼の父親とバートン飛行士、そして有名な首都高速の映像を全てカットした(それでいてオープニングのキャスト紹介の字幕では、彼等二人の配役と役者の名前がちゃんと紹介されている)ヴァージョンが存在する。これは、東京12チャンネルが2時間枠のテレビ放送用に作成したもので、その後東宝からビデオとして販売された。このヴァージョンではその他にも、ソラリス・ステーションでケルヴィンとハリーが彼等の家族が映ったホーム・ムービーを観るシーンや、ケルヴィンが夢の中で母親と再会するシーンなど数多くのシーンがカットされていて、165分のオリジナル版が90分になっている(画面サイズはスタンダード)。
地球シーンが無いことなど、実は「映画版」と「小説」が乖離している部分がかなりカットされており、タルコフスキーの世界観を度外視するならば、奇しくもレムによる原作に近い仕上がりになっていると言える。

|

« 花束を君に | トップページ | 覚え書き:年表(20世紀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/66150951

この記事へのトラックバック一覧です: >惑星ソラリス:

« 花束を君に | トップページ | 覚え書き:年表(20世紀) »