« 最近お昼寝したがらない理由が判明した | トップページ | 読書メータ 9月のまとめ »

2017年10月 4日 (水)

カラシニコフに取り付けた『特殊な装置』って何だよ!

…銃に特殊な装置を取り付け、連射できるように細工して殺傷能力を高めていたことが2日分かった。AP通信が当局者の話として伝えた。』(ロイター

AP発のこの情報があちこちのマスコミでそのまま引用されているのだけれど、カラシニコフ使ったのが分かってるのに『連射できるように細工』って何?『特殊な装置』って何よ、と気になって少し調べてみた。

警察によると、一部に連射を速める特殊加工がされていた』(FNN) …連射を?速める?よけい分からない。

一発ずつしか発射できない銃を全自動(フルオート)で連射できる装置を持っていた。』(朝日新聞デジタル) ふむ。

アメリカの銃規制については例の修正第二条がそもそも民兵を想定している訳で、であればフルオートの自動小銃くらいフツーに持つだろうと思っていたのだけれど、調べてみたら、さすがにそこは規制があるらしく所謂「簡単に手に入る」レベルのカラシニコフは普通セミオート仕様になってるとのこと。『米国では銃の乱射事件が度々起きておりますが、米国の事件で使用されたライフルは、旧ソ連製AK47(カラシニコフ)の中古品をフルオート機能を無くしセミオートに改造したスポーツモデルが多い。この銃は安価(2~300ドル?程度)で且つ大量に米国内に出回っている…』(株式会社セキュリコ) 

で、今回使われたのはこのセミオート仕様を使いながらも連射を可能にする部品、ということらしい。『…半自動小銃の「全自動」での連射を可能にする「バンプ・ファイア・ストック」と呼ばれる部品12個も発見された。この部品は合法なものもあり、100ドル(約1万1300円)程度で販売され…』(毎日新聞) 

バンプファイアとは、指を前後させてトリガーを引く代わりに、指は同じ位置で固定し、反動を利用して銃の前後移動によりトリガーを引く方法… …指を動かさないので、銃を前へスライドさせている間だけフルオートで発射される仕組みです。法律上(連邦法)のフルオートの定義は、「トリガーを一回引いて弾が複数発発射される機能」を指すので、反動を利用するバンプファイア・ストックは合法…』(HB PLAZA) 

代表的なのがSlide Fire社の「バンプファイア・ストック」。反動で銃が前後動するのを利用して連続でトリガーを引けるようにするものです。法的には単に「取り付けの甘い銃床」なので規制もありません。』(DNA) 

とまあ非道い話で、まとめると

  • アメリカでもフルオートの小銃所持は違法、もしくはハードルが高い
  • セミオートのカラシニコフなら3万円くらいで買える
  • 1万円くらいの合法パーツ「バンプストック」を買えば疑似フルオート可能(合法)
  • FNN の中の人はよくわからないままに書いてる

結局、フルオートの自動小銃所持について建前上は禁止されているものの、実際には市街戦用まがいの疑似フルオートが簡単に手に入り5万円でお釣りがくる。今回はまさにそれが使われた。

|

« 最近お昼寝したがらない理由が判明した | トップページ | 読書メータ 9月のまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/65873691

この記事へのトラックバック一覧です: カラシニコフに取り付けた『特殊な装置』って何だよ!:

« 最近お昼寝したがらない理由が判明した | トップページ | 読書メータ 9月のまとめ »