« day 1671 自意識 | トップページ | 【Review】映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生【ネタバレ含有】 »

2016年4月12日 (火)

太陽にほえろ!から相棒へ

今回のよこすかでは様々なメドレーを用意してますが、その中のひとつ、刑事ドラマメドレーでは「太陽にほえろ!」から「相棒」へと繋ぎます。この並びを見たときから、どうしてもこれだけは言っておかなければ、という使命感にも似たものが僕にはあるのです。この2つのドラマ双方に深く関わっている人物がひとりいるのですが、誰だか分かりますか?ヒントはGS。

こたえは………サリーこと岸部一徳氏です。たぶん最近の人には「官房長は分かるけど、太陽にほえろ!に出てたっけ?」と思われるかも知れない。じつのところ鍵はまさに音楽、あのテーマ曲です。太陽にほえろ!のテーマと言えばサックスのフレーズが超有名ですが、リズム隊による16ビートのドライブ感たるや。すっかり役者のイメージが定着した岸部氏ですが、このベースを弾いてるのが誰あろう岸部一徳その人ですよ。

テーマの演奏は「井上堯之尭行バンド」。グループサウンズの雄、「スパイダーズ」と「タイガース」、「テンプターズ」の主要メンバーからスーパーグループ「PYG」が結成され、やがてそこからショーケンとジュリーのフロント2枚が抜けた結果、井上堯之(Gt.)、大野克夫(Org.)、岸部一徳(B.)、原田裕臣(Dr.)という腕利きのプレイヤーによる職人肌のインストバンドができあがったと。この辺の事情は僕より少し上の世代が詳しい。

つまりあの超ファンキーなベースは若き日の官房長がブンブン弾いてるわけですよ。もうこの一曲だけで、ぼくにとってサリーは尊敬するベーシストの上位に君臨しているのです。

という訳で今回のよこすかでは誠一郎君のファンキーベースにも是非ご注目下さい。

Index

(追記)そういえば、僕が小学生でラッパを持って始めてもらった譜面がM8の「太陽にほえろ!」でした。

(追記2)『 初めて日本に行ったとき、「PYG」という日本の バンドをテレビで見た。そして、俺達の「Babe I'm Gonna Leave You」をやっていたんだ。ボーカルは冴えない奴だったが、ベースの奴はとんでもないスゴ腕でね。俺よりもいいんじゃないかと思ったぐらいだ。会いたかっ たんだが、結局会えずじまいだった。』(John Paul Jones : 「プレイヤー」誌のインタビュー(1981) )

(追記3)井上堯之氏の名前(漢字)が間違ってたので訂正しました。井上氏と言えば、80年代に NHK-FM で確か週一回スタジオライブの番組を司会進行していて、夜な夜なエアチェックに勤しんでいた僕はその番組を通して彼の名前がインプットされました。その番組では、矢野顕子、T-スクエア、などを録音したなあ ……… 他にもたくさん録った筈なのに思い出せない … ああ、世良公則も確か録ったっけ … 

 

|

« day 1671 自意識 | トップページ | 【Review】映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生【ネタバレ含有】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/63473859

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽にほえろ!から相棒へ:

« day 1671 自意識 | トップページ | 【Review】映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生【ネタバレ含有】 »