« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

CD購入リスト覚え書き

先日神田に行ったついでにディスクユニオンJazzTOKYOにお参りしてきた。
ラジオなどで耳にして気になっているアーティストをチェックする場合、棚に並んでいる中で一番安いものを一枚購入して、結果もっとも分かりにくい入り口から入ってしまう(中古屋なので、一番安いとうのは一番人気のない盤)という頭の悪い行動を20年くらい続けていることに先日ようやく気が付いて、ラムゼイ・ルイスのエレクトリック・コレクションをいきなり購入する愚は避けた。しかし相変わらず調子にのってダブり買いはやってしまうのだった。(おれは Walkin' もWrokin' も既に二枚ずつ持っている。忘れるな→自分)

レシートの表記は以下の通り
ロープ・ア・ドープ/レスター・ボウイ ¥926
FARMERS MARKET / ART FARMER ¥823
ブルー・トレイン/デューク・エリントン/ジョン・ ¥926
JAZZ CILLECTOR EDITION / GILLESPIE / VAUGHAN / PARKER ¥309
ジ・イン・クラウド+2/ラムゼイ・ルイス ¥926
WALKIN' / MILES DAVIS ¥309

6点 ¥4,219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

day 1,027-2 おもらし試行錯誤

現在トイレトレーニング進行中。ほぼオムツは外れたのだが、イヤイヤ期まっただ中の二歳児のこと、そろそろトイレ?と水を向けると十中八九断固として「いかないの」と答え遊びに没頭する。のでときどき失敗する。それでも大洪水に発展する前、初期漏水段階で教えてはくれる。さっきの強気はどうしたんだ、という情けない声で「おちっこもらしちゃったの…」。
しかし母の忠告を受け入れなかった報いとして湿ったパンツは一緒に洗わされるのだった。「いやいやあらわないいいい」とじたじたしても鉄の掟は揺るがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

day 1,027 ななななにをみた

「うたちゃんのおともだち、しんじゃったの。あかちゃんで、おりょうりつくってるときおんぶしてたけど、いなくなっちゃったの。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

ジャズ研バンド+School bus 【手塚さん退職パーティ_3】


2014/June/15 如水会館
M6 Caravan(未完)
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工というところで動画はプツリと終わります。
失意のあまり動画編集とアップロードを投げ出していたのですが、ようやくちょっと時間ができたのでとりあえず上げておきます。

[ジャズ研バンド]
Tp@高田ハルヲ、ヒスタミン吉澤
As@タニショー泰人
Gt@ジェームズ吉田、五隠居テツヤ
Cajón@田中タケヒサ
[School bus]
Vo@加藤マサカズ
Fl@蛭田カネヨシ
Pf@中村キヨミ
B@井上ヒロユキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズ研バンド+School bus 【手塚さん退職パーティ_2】


2014/June/15 如水会館

M4 Sweet Virginia
M5 My girl

[ジャズ研バンド]
Tp@高田ハルヲ、ヒスタミン吉澤
As@タニショー泰人
Gt@ジェームズ吉田、五隠居テツヤ
Cajón@田中タケヒサ

[School bus]
Vo@加藤マサカズ
Fl@蛭田カネヨシ
Pf@中村キヨミ
B@井上ヒロユキ

井上さんによる School bus プロフィール
『手塚さんはスクールバスの設立者でありバンマスです。そもそもはおよそ30年前、文化人(編集者、詩人、作家、ゲイバーのママ)のド素人ミュージシャンとプロのミュージシャンをテイク・ワンという事務所を構えていた柏原卓というプロデューサーが束ねて、めちゃくちゃポップでアバンギャルドな「BUS」というバンドがありました。 その柏原卓さんと知り合いだった手塚さんが「BUS」に刺激を受けて創ったバンドが「SCHOOL BUS」です。
スクールバスと言いながら一番最初のメンバーで手塚さんの教え子は武本謙三君だけでした。最初期メンバー ベース手塚幸夫 ドラム斉藤仁 サックス武本謙三 ギター井上 という編成でした。夏、喫茶店「カブトムシ」でBUSのオープニングアクトがデビューステージです。 その後ワタシがベース、手塚さんがトランペットにパートチェンジし、ギターに稲葉光秀キーボードに中村(旧姓稲葉)清美そしてツインドラムで土井聡が加わりました。その時期にあまり間を置かず加藤マサカズさんがギター+ボーカルで加わり直後に蛭田金芳さんがフルートで加わりました。ここまでがSCHOOL BUSの基本メンバーになります。
翌年のカブトムシはこのメンバーだったかと思います(やや曖昧な記憶) 早春の東北ツアーではドラムにワタシの大学時代の友人前田晃幸がドラムで加わりました。前田君がドラムの時には斉藤君がテナーサックスに挑戦した事もありました。その後、ベース汐崎君、(ハ゜ート失念)杉山君、(ハ゜ート失念)練木君が参加してくださった時もありました。杉山君と練木君はどちらかがギターでどちらかがサックスだったような、、、コ゛メンナサイ
(ヨシザワ注:杉山さんがギター。練木さんはジャズ研バンドのドラマーでしたが、スクールバスではテナーサックスを吹いていたように思います。)汐崎君はワタシが家業を継ぐ為実家に帰った後のスクールバスでベースを弾いてくれました。 ざっくりとメンバーの変遷だけを追ってみました。』

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジャズ研バンド 【手塚さん退職パーティ_1】


2014/June/15 如水会館

<ジャズ研バンド>
Vo@田中タケヒサ(M3)
Tp@高田ハルヲ、ヒスタミン吉澤
As@タニショー泰人
Gt@ジェームズ吉田、五隠居テツヤ
Cajón@田中タケヒサ

M1 美しき天然
M2 Bitter sweet samba
M3 When I'm sixty four

(今回の反省点)
・H.アルパートは、全部テヌートで吹くくらいがちょうどよいのだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »