« day 947 自画像(全身) | トップページ | day 973 夢と現のあいだに線を引く »

2014年4月28日 (月)

楽器の購入と部活動

ツイートしてたら際限なく長くなってきたのでこちらにまとめておく。

>『公立中学の吹奏楽部、ン十万の楽器を購入させられます(泣) 』
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0529/186151.htm

発言小町はトピ元にネタっぽいぶっ飛んだのが多いと思っていたが、これについては「そんなの当たり前でしょ」がほとんどを占める回答に強い違和感を覚える。

小学校のときこそ先生の紹介で展示現品限り3万円ポッキリの安いYTR234を買ってもらったが、高校では備品があるからコルネットを吹けと言われ、インペリアルモデル(*)を吹いた。
引退すると備品で練習できなくなるので、その前に10年以上溜め込んでいたお年玉をほぼ吐き出してBackの180MLS(**)をお茶の水下倉で買った。

僕の感覚では、中学で入部するなり初心者に10万円を超える楽器を買わせるとか頭おかしい。オブラートに包んで言っても良心的ではない。

>『購入できないなら本人の希望する楽器を担当できない事もある
(学校の楽器を使用してもらうが数がない為)』

というのは仕方ないし、まっとうだと思う。

どんなにボロボロでもそこに楽器があるならまずそれやれよ、と思う。それでも特定の楽器に断ち切りがたい未練があったり、楽器のボロさに我慢できなくなったときに初めて、親の脛を囓るなり、夏休みにアルバイトするなりすればいい。

別の楽器をやってみてなお憧れの楽器への思い断ちがたく、とか、ボロボロの楽器でどうしても思い描く音色が出ない・音程が悪くひどく苦労する(というのは音程の良い楽器を使ってみて初めて分かったりすることでもありますが)、という時に至ってよし奮発して良い楽器を買おう!というストーリーが大事なのだというのはあまりにもオヤジ臭い意見ですかそうですか。

まあクラシック業界は貴族的ですから、レノンが万引きしたハープで初期ビートルズのサウンドをバチッと色付けたこととか、内田が蚤の市で買ったギターを憂歌団のステージで使い続けるようなマジックは期待出来ないと思いますが、したり顔で「音楽とはお金のかかるものなのです」とか、音大出身者みたいな意見はこの場合マジ勘弁てやつですよ。

「初心者の中学生がこれから趣味で始めること」なのに。

もちろん、初心者だって良い楽器を持って始めた方が好ましいですよ。そんなの当たり前ですよ。質の良くないモノを与えることによってあたら若い才能の芽を潰してしまうかも知れない。音程の悪い鳴らない楽器から入ることで、愚鈍な耳を育ててしまうかも知れない。

だからと言って主婦がひと月パートやっても買えないようなものを価値もよく分からないコドモに与えることはあんまり感心しない。葉山あたりにクルーザーでも持っていらっしゃるハイソなご家庭の方なら好きになされば良いと思いますけど、それによってスポイルされてしまうものも大きいと思うよ。それはいわゆる芸術とは関係のないことかも知れないけれど。

質問者が「公立中学なのに」と言ってるのはその辺のニュアンスでしょう?
それに対して医者の息子が音大受験するかのような感覚で回答するのはいかがなものかと思うわけですよ。

僕はやってみて音楽面白いと思ったから、それまでほとんど使ったことのなかったお年玉貯金(覚えている限り、引き出したのは小学生のとき鋼鉄ジーグの超合金(***)がどうしても欲しくなったときと、中学生になって2万円のモーリス フォークギターを買ったときだけだ)をほぼ全額つぎ込むことにまったく躊躇はなかったし、実際、そうして手に入れた愛機は今に至るまで使い倒しているので費用対効果は抜群だ。要はそういう熱が果たして本人にあるのか、ですね。

(*)うおうテキトーに画像探してたら思いがけず状態の良いインペリアルが2万6千円。この状態でこの値段、スゲエ心が揺さぶられております。

(**)思ったほど値崩れしてないところはさすが名機。

(***)正確に言うと超合金は商標なのでたぶんちょっとちがう。しかし何であんなものが喉から手が出るくらい欲しかったのだろう。いまとなっては頭にナニカが湧いていたとしか思われない。しかも大事にしまい込んでほとんど遊ぶこともなかったような気がする。

(****)ジーグは今まで大事に守り抜いたとして2万円程度だが、ついでにサイト眺めていたら初期型のマジンガーは百万円ですって奥さん!シルキー2本買えますわよ。

|

« day 947 自画像(全身) | トップページ | day 973 夢と現のあいだに線を引く »

コメント

譜面台・メトロノームが強制購入=一人1台。
部員数90名。
なんてところを見ると、公立中学校ながらコンクールで上位を目指す、あるいは既にいくつか実績を作っている学校なのかも。
そういうところの指導者だから、「楽器を購入してもらいたい」の裏には、
「ボロ楽器使って音濁したくないんだよ。洋物の上位クラスなんて贅沢言わないから、せめて国産の中クラス以上買ってくんないかなあ」
という意図があるんじゃないかな。

いや、まったくの想像だけども。

投稿: sing | 2014年4月28日 (月) 23時32分

最近、そういういわゆる「吹奏楽文化」ってやだなあ、と思ってしまうことがいっそう増えてきた気がする。まあ自分が結構表街道と裏街道の狭間ばかりを辿ってきたせいでもあるのだけれど。

投稿: histamineY | 2014年4月28日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/59547408

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器の購入と部活動:

« day 947 自画像(全身) | トップページ | day 973 夢と現のあいだに線を引く »