« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月11日 (木)

以前のブログパーツがおかしな動きをしていた

web 上にログを残すようになってからひょっとしてもう 10 年くらい経つのかなとかふと思い ( 9 年半でした ) 過去記事をちょっと遡ってみたら、以前埋め込んでおいた myminicity 用のブログパーツがおかしな挙動をしていた。パーツを含む記事を表示した途端ニフチーのグラビアページに飛ばされてしまうというまるでワンクリック系のブラクラサイトみたいになっていて驚いた。数ヶ月前から挙動が不安定だったので、最近の記事では外してアップしていたが、埋まってる過去ページでは何が起こってるか全然気が付かなかった。検索ワードで飛んできた人達は驚いただろうなあ。
  myminicity 関連は過去 4 年くらいに渡って数十件の記事があるので、一件一件手作業で修正するのもキツイ。仕方ないから、該当する記事をまとめて非表示にした。これでとりあえずその記事の周辺を閲覧しただけで勝手に飛ばされちゃうことはなくなった。アーカイブ漁ってもらっても大丈夫です。Dscn1675

ちなみにこんなパーツのコードなんて全然書けないので、他所から拾ってきてテキトーに貼り付けたものです。 これ→ <iframe width="130" scrolling="no" height="270" frameborder="0" src="http://hmlab.info/minor/php/myminicityinfo/myminicityinfo.php?cityname=histamine" name="myminicityinfo"> </iframe> 
からくり分かる人がいたら優しく教えて下さい。(まあリンク先の問題なんだろうけど。hmalb というアドレスがどうもヘン。勝手に書き込まれていたりすることもあるのかな。よく分かんないものを拾ってきてロボット仕事させといちゃいけないねやっぱり。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

フッ酸事故をきっかけにフッ化ナトリウムについて考えてみた

ツイッタの方でずいぶん長々と連投してしまったので一度まとめ直す。本当はこんなことやってるヒマ無いので、とりあえず一連のツイートをざっくりと貼っておきます。

発端はこのニュース >韓国で最強毒物のフッ酸ガスが漏れる事故。3,500人以上が死傷。従業員はその場で死亡:哲学ニュース http://t.co/aPZLBmDy

中学生のとき「歯医者でフッ素塗って死亡」のニュースを見てから、永年の疑問だった「そんなに危ないものをなんで常用してるの?」という謎が※114でようやく氷解した。マスコミ続報(してたとしても極端に扱いが)小さいんだもんなあ。

NaF と HF のかくも劇的な違い。同じハロゲンである塩素に置き換えると分かりやすいな。

同族元素だから全く同じようにナトリウム塩や水素酸がつくれる。F のかわりに Cl 入れると片や食塩でもう一方が塩酸だから、同じ元素を含んでいても「物質」としての化合物が全く別物なことを納得しやすい。にしてもフッ酸があそこまでの劇物だったとは…

単体フッ素も毒性あるので、俗に「歯にフッ素を塗る」なんて言うと何でそんな危ないことをとか思ったりしたが、そんなこと言ったら単体塩素だって毒ガスな のに毎日塩食ってるだろうという話で、結局自分も元素と化合物のイメージ切り分けが甘いのかなとか考えながら NaF について確認してたら、こっちも毒物じゃないか。致死量はざっくりみて 3g くらい。まあ毒物は何でも量のオーダーが肝だから、薄めて使えばいいんだろうけどそれにしても食塩に較べて結構やっかい、とここまで書いて食塩の致死量確認したら 30g 。

まあ塩 30g の一気食いもそう簡単じゃないけど思ってたより塩もやばいのね。で結局一桁しか違わない。とは言え NaF について調べていくと結構話が錯綜していて、もとは60 年代に WHO が歯にいいぜ認定して各国でも推進政策がとられていたんだけど、世紀末あたりからいろいろ潮目が変わってきてるみたいだ。ゆうても毒だから WHO も誤飲の可能性が高い洗口使用はヤメロと言うようになった。そもそもフッ素そんなに効くのかというところからしてどうも弱い気がする。また食生活や歯磨き習慣などにも大きく左右される問題に対して水道水にフッ素混ぜればいいだろってのはちょっと乱暴すぎるだろ。歯科での塗布にしても、82年の事件のように管理が甘くて他のフッ化物との取り違えなんか起こってしまうと目も当てられない。そうまでしてヌルほどの効果があるのかそこが問題。

実際、水道水には既に塩素入れてるじゃないか塩素の毒性を過大に言い立てて無菌の水のメリットを否定する人は多くないだろ、というトンチンカンな反論とそれに対する批判 http://www.geocities.jp/m_kato_clinic/flu-saga-sympo-1.html を見るとやっぱりなんか利権が発生してるのかなという疑念も湧いてくる。問題の重要度がまるで違うものを並列で並べるなって。(このサイトはルートを掘っていくと原発に関して武田邦彦とか早川由紀夫とか引いてるのでげんなりしてくるが、ことフッ素の頁に関してはデータや文脈の読み方は冷静で論理的に見える。例えば有明西小のグラフの読み方とかね。)水道水に添加物入れる事業に絡めたらそりゃおいしいもの。

現在使われているものや、この先水道水に添加される可能性もまだあるものも含めて、その濃度における危険性が十分に低いものであることは疑わないが、そもそも使う必要があるのか、という疑問には満足な答がないと思う。だいたいオレ飲んでないし、そもそも塗ってない。虫歯はそこそこあるけど、じゃあフッ素塗ってたら虫歯ゼロかというと、そんなわけないじゃーん、で終わりですよ。

Dscn1736_1

 

そんなこんなで昨年一月には日本弁護士会も、集団先口・塗布の中止を求める意見書を出している。 google.co.jp/url?sa=t&rct=j…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

【アラビックヤマト】 Tシャツコレクション〔13〕

またウニクロ。
Dscn1771_arabic_yamato Dscn1772_yamatobackprint

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

【鰹節一筋】 Tシャツコレクション〔12〕

Dscn1577_2Dscn1576  これもウニクロ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »