« よこすかウィンドアンサンブル ウィンターコンサート 2月19日(日)14:00 松戸森のホール21 | トップページ | day 164 »

2012年2月10日 (金)

県の監査の中の人の張り切り具合がどうも斜め上に行ってる件について

そのうちどっかの会議で、訂正を必要とする根拠なんか無いでしょう?と正面から訊こうかと思っていたのだが、ふとしたところでカラクリを小耳に挟んでしまい、となると訊く相手は県庁か(ことによるとモリケンか)となってしまった。そんな機会がいつあるか分からないので、このモヤモヤした気持ちを取り敢えず全世界公開(ネットにたれ流し)した。そのツイートのまとめ。ちょっとてにをは直しました。

✄---------------------------------------✄

この頃、上司に回す書類で日付表記をチェックされることが多い。2012年と書くと、ことごとく元号に訂正される。なんかイラッとするなあと思っていた ら、県の服務監査でそうしろと指導が入ってるらしい。法的裏付けなんか無い筈だから、とどのつまり担当者の趣味の問題?とっとと異動して欲しい。

元号についてあれこれ一貫した政治的思想をもってるわけじゃないのだが、わざわざ合理性の低い表記に統一しろという主張にむしろ政治的思想性を感じてげんなりする。

こないだなんか2011年度と書いたら、平成24年度と直されてきた。一年ずれてるじゃないかそれでいいのかいい加減だなあもう。

✄---------------------------------------✄

そんなところで張り切ってる人たちの人件費こそ無駄じゃないのか。現場に来いよみんな。

Photo

|

« よこすかウィンドアンサンブル ウィンターコンサート 2月19日(日)14:00 松戸森のホール21 | トップページ | day 164 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県の監査の中の人の張り切り具合がどうも斜め上に行ってる件について:

« よこすかウィンドアンサンブル ウィンターコンサート 2月19日(日)14:00 松戸森のホール21 | トップページ | day 164 »