« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月28日 (水)

It won't be long の生まれの不幸

切れ味鋭いつかみ、初期ビートルズを象徴する yeah, yeah のキャッチーな掛け合い、単純だけど明快なギターリフ、descending chords による小洒落たミドルエイト、そして Please please me にも通ずるような be long と belong の駄洒落。3分にも満たないポップソングにこれでもか、と仕掛けを埋め込んでトドメにジョンのよくドライブする声をのせる。
なんでこれをシングルにしなかったんだろう、She loves you , I want to hold your hand と並んで、63年3部作になり得たんじゃないかとか思っていたのだが、毎日繰り返し聴いて歌詞を確認しているうちになんとなく分かってきた。
まず、あまりにも「ビートルズっぽい」。イントロドンで入ってその後のコードの流れやyeah, での掛け合い。駄洒落も。…彼らの戦略は「これで当たったからもう一発その路線で行こう」を敢てやらないところにある。ザ・歌謡曲の発想をやらないからこそ8年間とは言えフルスピードで駆け抜け得た。あ、これ前の○○って曲に感じが似てる、と言われることにこれほど忌避感を持ってたバンドもそうない。だからこそ、一度使った手が散りばめられたこの曲はシングルに出来なかったはずだ。
そしてもう一点、歌詞があまりにもくだらない。まあこの時期の曲はどれもそう大差ないのかも知れないけれど、この曲の歌詞はほんとうに鼻クソだ。唯一、上に書いた駄洒落が効いてるだけで、とくにここに登場する一人称 "I" の主はもうどうしようもない。you が coming home するまで毎晩 tears が my eyes から come down するし、毎日 done nothing but cry だし、逆に彼女が来たらもう毎日が will be happy なのを I know してるわけだ。アホか。
たぶんはじめに駄洒落を思いついちゃったもんだから、そこから無理矢理つないでったらこんな歌詞になっちゃったんだろうな。よくジョンがこんな情けない男を歌ったもんだ、しかもあれだけドスを効かせて。
まあ敢て言えば It won' t be long というフレーズ自体は実はロックンロールの永遠のテーマだし、そのリフをジョンが叩きつけるように歌うのは、要するに行き場のないリビドーにどうにか捌け口をつけてやるというロック的に正しいおこないではある。
Billy Joel の "Until the night "くらいの内容はあるんだろう、と勝手にイメージしていたおれがむしろビートルズ以降の文芸ロックに毒されているだけ、という見方ももちろんある。
Dscn0188_3  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

day 112

視覚のレンジは広くなってきたが、いまだ寝返りひとつ打てないから放っておかれると不満を表明する。すなわち「退屈」を覚えた。いいぞ、「退屈」は「好奇心」と裏表だから。いろいろなものを見たい、という強い欲求はこの世界を生き抜く大切な原動力だ。Dscn0199

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

メリクリ(マライア風)

Image_3
特別公開

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

day109

ただし自分から触ってみる対象はいまだ「たまたま手に触れているもの」「口の前にあるもの」に限定される。見えているものとの距離を測って自分から手を伸ばす、ということがまだ出来ない。Dscn0196

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

day 108

すでに視界の depth が 2-3 m 位までは広がっている。また、手の届く範囲にあるものを取り敢えず触ってみるという行動が数日前からはじまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

"With The Beatles" の凄さ

車載の MSV(HD) は CD 三百枚と少し覚えさせたところで容量一杯になってしまった。以降ランダム選曲の機能は飽きてきたので、アルバム一枚ずつ順番にしっかり聴くことにしてい る。昨日エアロのグレイテストヒッツが終わったところ。で、今日はラジオやテレビをザッピングしていたが、とくにこれという番組もないので運転しながらブ ラインドで MSV に戻した。走行中なのでタイトルの確認はできないし、もちろん三百枚を入れた順序など覚えてない。音圧の低いテレビにあわせてボリューム上げ気味にしておいたところへ、いきなりドスの効いたジョンのシャウトですよ。

 "It won't be long, yeah, yeah , yeah!"

アルバムの冒頭にこれが置かれてる意味。リアルタイムで買って、はじめて針落とした人はぶっ飛んだだろうなあ。
これで頭をガツンとやられて2分11秒後に2曲目"All I've Got To Do" ジョンが今度は甘い声で蕩かす。女の子だったらこれでもうヘロヘロだろう。だがすぐ2分01秒後にはポールのキラーチューン "All my loving", さらにジョージが何となく黒っぽくて渋い "Don't bother me" と続いてゆく。"Don't bother me" は映画 "A hard day's night" での使われ方がカッコ良かったな。
いやつくづく良いアルバムだ。Dscn02512

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »