« 花粉戦線 秋の陣 | トップページ | 2010夏ツーリングまとめ その5 »

2010年9月18日 (土)

文化祭 セットリスト

さすがに準備とか忙殺常態で告知落としちゃったなあ。

setlist
[Opening act]
1.Somebody stole my galDscn0525
2.学園天国
[本公演]
1.シェリーに口づけ
2.ジェームズ・ボンドのテーマ
3.君の瞳に恋してる
4.アラジン
5.リトル・マーメイド・メドレー

高校生ってばほんとにネズミーアニメが好きだよなあ。
実を言うと、僕はほとんどまともに観たことがない。とはいえ、プレイヤとしてデキシースタイルにはじめて触れたのは中学生のときにやった「ネズミー・メドレー」(第一弾)だったのだった(遠い目)。

そしていまふと思うのだけれど、デキシースタイルってアレンジ簡単に書けそうで以外と難しい。あれはなんでなんだろうな。だいたい高校時代の「ジャズ研」ではフリーまがいの好き勝手やったりしたけど、どこかでデキシーもやりたかったんだ。でも上手くいかなかった。
一方、トーカツ高校では青木研というスゲエ才能を排出して以来デキシー熱が連綿と受け継がれている、らしい。

とか書いてるとなんで上手くいかなかったかはよく分かる。つまり好んで聴いているようで、実はちゃんと聴いてなかったってことだな。フレンチ・クォータまで行ってあんまりピンと来なかったのもそのせいか。何だかもったいない気がしてきた。今度行く機会がめぐってくる前に少しは勉強しておきたい。

なんだかずいぶん話が横道に入り込んだ。あの国へ行くとすぐ分かるようにネズミーと言えばデキシー、のイメージは強いのだが、マーメイドとかアラジンとか比較的最近(でもないけど)の曲はむしろエスニック。アラジンはまあ中近アジア丸出しで当たり前だが(とは言えあのサウンドはトルコ軍楽隊風味じゃないのか?)、ラテンのリズムをなるべく取り込もうという方針が伺える。

とりとめもなく風呂敷を広げてみるけど、つまりそれはミッチーがボートでミシシッピぽい河を下ってた時代の辺境すなわち異境は、まだアメリカ南部だったてことではないのかな。リアルではL.A.が建国の地で、製作所もハリウッドではあるんだが、マーケットはあくまで北の都市部だったんじゃないのかな。それが20ct.も暮れになるころには、異国情緒はワールドワイドにならざるを得なかったということか。ていうかちょっと確認したらマーメイドは89年、アラジンは92年。何だかんだ言ってふた昔も前の作品じゃないか!最新作はトイ・ストーリー3か。 http://www.geocities.jp/entamedata/movie2/movie02.html ここ5、6年は音楽が浮かぶ作品ってないなあ。どれもこれも予告編くらいしか観たことのない僕が言うのもなんですが、中途半端なCG作品が多くなって印象うすい。

それにしてもウィキのページがアンチ満載だったのに大笑い。いや実にいいと思うけどね。
しかもオフィシャルを名乗るサイトはうちのブラウザでは「内容符号化 (Content-Encoding) に問題があります」だって。いったいなにやってるのか。ロートルPCでは見に来るなっていうことか。

|

« 花粉戦線 秋の陣 | トップページ | 2010夏ツーリングまとめ その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/49489179

この記事へのトラックバック一覧です: 文化祭 セットリスト:

« 花粉戦線 秋の陣 | トップページ | 2010夏ツーリングまとめ その5 »