« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

Photo
街を訪ねると(リンクを踏むと)地味に地味に人口が増えていく地味な地味なゲーム。とにかくいろんなIPで踏んでやらんとならんので協力を願います。

少子化対策 http://histamine.myminicity.com

雇用対策 http://histamine.myminicity.com/ind

道路基盤整備 http://histamine.myminicity.com/tra

治安対策 http://histamine.myminicity.com/sec

環境対策 http://histamine.myminicity.com/env

まあどれでもいいのでいっこ踏んでおいてせっかくだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

2010夏ツーリングまとめ その4

4日目 上高地→富山湾

朝、残った薪でみそ汁作成、握り飯にしておいたごはんもついでに温める。Dscf0563_2

テントをたたみ、上高地コロッケを食べ、撤収。沢渡までもどり再びドライブ。安房峠道路を使って焼岳をまわりこむ。

焼岳裏側、新穂高温泉駅から新穂高ロープウェイ搭乗。第1・第2ロープウェイ連絡往復¥2,800 009

Img_1588 鍋平高原までの第1ロープウェイは蒸し暑く、駐車場も混んでいて、また第2駐車場からのアクセスもいまいち。というより安房峠の方から車で来るのであれば、しらかば平の第2ロープウェイに直に乗りつけた方がスマート。駐車場も空いてるし。Img_1585 で大枚叩いて頂上着くも雲にすっぽり覆われビタいち何も見えず。
ブータレながら降下。Img_1593 しらかば平でステーキ串やら饅頭やらで昼食とし、足湯に浸かってから第1ロープウェイも降下。上高地と較べると標高もだいぶ下がるのでとにかく暑い。バテバテのなか雨もぱらついて這々の体で車に戻る。

北アルプスに背を向けて国道471を飛騨へ。
道の駅「宙(スカイ)ドーム・神岡」。なんだこのネーミング、と思っていたら光電子倍増管が展示してある。そうかあの神岡か。Dscf0577 実物の1/50ほど並べたレプリカも。Dscf0581

神岡から日本海目指してぶり街道をひた走る。

神通川河口から5kmほど東の浜黒崎キャンプ場にテント設営。高原から海辺まで降りてきたせいか異常な蒸し暑さ。(実は全国的にすごいことになっていた。)あまりの暑さにフライシートとっぱらう。サイトにテントは我々の一張のみ。

夕食は聞き込みの結果、キトキト寿司。地元のひとはもっぱら回転寿司。どのみちネタがいい(土地柄)ので、値段の高いところへはあまり行かない、とみんな言う。

風呂は温泉かつ銭湯、水橋温泉ごくらくの湯。¥370^
コインランドリーで洗濯してテントサイトへ。それにしても暑い。松原に浮かぶ月を眺めつつ就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

2010夏ツーリングまとめ その3

3日目(晴時々曇) 上高地トレッキング

0610田代池経由で大正池まで散策。Dscf0515朝食後
0930チェックアウト。小梨平キャンプサイトへ大荷物かついで歩く。手続き
009_6 009_5
と設営。 「常連横町」の外れ、ほどよく便利な立地を確保。軽く洗濯し、ショルダーバッグのベルトで即席の物干しを作成。
1115トレッキング開始。Dscn0472

立ち枯れのイチイ。Dscn0476 Dscn0479
明神岳とか。もちろん登ったりしない。見上げておく。
1200明神池到着。 Dscn0481Dscn0488嘉門次小屋にてイワナの塩焼き定食 \1,500 絶妙の焼き加減。缶ビール \400 他チーズの薫製など。至れり尽くせりだ。
帰路、山側の道沿いでサル出現。
Dscn0494_2Dscf0542_2

Dscf0558_2
飯盒炊爨敢行。テント泊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマフェス セットリスト

昨年までノータッチだったので、何を求められているのか手探り。それにしても演奏中に進行アナウンスがんがん被せられるとは、ちょっと度肝を抜かれたよ。(BG扱いならむしろギャラ発生じゃ…)

Dscn0534_smallsetlist
1.シェリーに口づけ
2.Somebody stole my gal
3.君の瞳に恋してる
4.La Bamba
5.ジェームズ・ボンドのテーマ
6.学園天国

準備期間が実質二週間も無いなかで新譜の譜読みさせたらえらいキビシー感じ。だったので、棚から古いM8で夏っぽいのを幾つか抜き出して補完。初見には弱いけどまあよく頑張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

8/21(土)/逆井・藤心地区サマーフェス

008ちゃんと告知しておこう。明日だけど。

…おおっぴらに播いたこのビラ。いま、致命的なミスを発見。場所書いてねえ。(逆井中グラウンドにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

2010夏ツーリングまとめ その2

2日目(晴) 六合から松本を経て→上高地

0944松泉閣発Dscf0473駐車場までは谷を降り川を渡らなくてはいけない。荷物はリフトで。Dscf0483 国道144号で嬬恋を抜け、鹿沢から湯の丸、上田を抜けて丸子郷土博物館で一服。004閑散としてるけど展示は結構充実。_1230発
__松本で蕎麦。食後松本城へ。 Img_1576 とにかく暑い。そしてこの天守閣へ登る城内階段は段々狭くなってゆくのだが、人の流れのさばき方は最悪。この日8月はじめの日曜日とあってかなりの人が詰めかけていたわけで、その人並みが五階六階へ登る急階段の前でいちいち滞り、行列後方では訳も分からず人口密度稠密な空気の澱んだ猛暑8月の松本盆地の中心天守閣二階三階あたりでひたすら立ち尽くす。あれなら入場制限受けてお濠端で時間潰す方がいいなあ。
__旧開智学校_1550発_ガスを入れたりしてたら街を離れるのが1630を過ぎる。この日まだ先は長いのにずいぶん押してる。野麦街道を西へ。
1700道の駅風穴の里
__上高地はマイカー規制のため10kmほど手前の沢渡(さわんど)駐車場に車を置いていかなくてはいけない。006 ここからはバスかタクシー。大分遅くなったなあと荷物降ろしていたら、最終バスまであと数分とか言われて焦る。大荷物抱えてバタバタしてたらタクシーの運ちゃんが「これから迎車で行くからバスと同じ値段でいいよ」とラッキーな話。
__上高地温泉ホテル泊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

2010夏ツーリングまとめ その1

1日目(晴時々曇)→六合(くに)村

0646発 事故渋滞のため下道
0912木野目・朝食
__東松山より関越→渋川伊香保
1147道の駅こもち・昼食(recommend→赤城牛男爵コロッケ/ブルーベリータルト)_1234発
1246道の駅おのこ_1307発
__中之条で道の駅霊山たけやまの案内表示をみかけるも行き着けず。県道53号の入り方が分かりずらい。
__国道145を辿り吾妻渓谷白糸の滝手前で一服。
__長野原で国道292日本ロマンチック街道へ入り六合へ。
1442道の駅六合。一旦通過して草津温泉1527着。
1530湯もみ見物_\500~。005_ Dscf0447 マンガ世代には板の文字が「くさ」!に見えてしまう。yは体験も。囲われた中での形式保存には NewOrleans の Preservation hall と同じ匂いを感じなくもないが、y大喜びなので良しとする。認定証とタオルをもらう。007_2
__白旗の湯。熱の湯並びの無料共同浴場。脱衣場から浴室へ入っていくと十数人のおっさんが誰一人湯船に浸からず全裸で床に座っている。日を浴びるイグアナのように。異様な雰囲気の中かけ湯をして湯船に入ろうとすると、真ん中の牢名主のようなおっさんが「ちょっとちょっと、タオル持って入ってよ!」…は?逆なら分かるがタオル持って入れとはどういうことか。意図が分からずキョトンとしていると、「体拭かないであがると脱衣所びしょびしょになっちゃうから!」ふと振り返ると後ろの兄ちゃんがタオル持たずに浴室に入ってこようとしていた。なんだおれじゃないのか。…牢名主はその後もまわりのおっさんらに「ほら、真ん中に座ってたら後の人が入れないから、壁の方へ寄って!」等々いかんなくリーダーシップを発揮していた。
__湯畑わきのセブンイレブンは周囲の景観に気を遣って同化。Dscf0458_ Dscf0456_711closeup 引き返して品木ダムへ。Img_1568_2 さらに六合へ引き返す。
1650湯の平温泉「松泉閣」check in. 露天風呂は川に向かってひたすら階段を降りていくが、お湯とロケーションは最高。003_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

よこすかウィンド/8月29日(日)/松戸森のホール

Yokosuka_2 告知告知。今回はリードの特集。→link

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

プラモデルカメラミニギャラリー3

Photo_10 Photo_11Photo_12 Photo_13そこそこイケてそうなのを選んだらはからずも同じような構図が並んでしまったなあ。…というより、このレンズのクセにはこの構図がいちばんしっくりくる、ということなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »