« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月25日 (木)

メンデルの法則と学習指導要領

sing への返信を書いてたら長くなってきたのでエントリを別に立てておく。以下メンデル遺伝の扱いについて。
-------------------------

いや、僕らの世代は中学校で3:1をやってる。高校で重ね塗りをするのでその辺ごっちゃになってると思います。てか、中学教科書からメンデルが消えたのは現行(平成14年~)の学習指導要領からなので、そう古い話ではないです。

また科学史的にみるとメンデルの学会発表が1856年、減数分裂の発見が1883年なので、メンデルに倣えば減数分裂に触れることなく遺伝法則を説明することは可能。かなり抽象的になるような気もするんだけれど、そこは義務制の先生たち、基礎概念の刷り込みに長けてる(と思う)。九九や面積の公式のようになんとなく分離比を受け入れていた記憶があります。

やっぱりね、高校ではじめて分離比の話とか聞くと相当面食らうみたいです。ノリも義務教育とは違うので、つい抽象的な話は抽象的なまま構築しちゃおうとすると、そもそも比の概念が脆弱なのでお手上げになりかねない。他教科でもゆとりカリキュラムだからということもあるんだけど、まず中学出たての子には分数が比を表示するという感覚はない。それは自分を振り返ってもわりとあやふやだった気がするので一概にカリキュラムのせいばかりではないのかな。発達段階とかそういうことになってくるのかも知れないけれど、ただ実はこの手の統計的概念とか手法とかって、科学リテラシの根幹にかかわるところだから、科学教育を見直すのであれば義務教育の算数・数学から確率・統計につなげるラインをもっとじっくり練り上げる必要があると思う。

ゆとり政策そのものに対しては、表面的な叩かれ方しすぎな感想をもっているのですが、いろいろ問題もあるとは思う。ただまあ「最低限必要な教養」というのがどのラインになるのか、は人によってまちまち。大体森善朗のような無教養が文部大臣やら総理やら出来ちゃう国だからなあ。

-------------------------
と、ここまで書いてからいろいろ確認してたら実は平成14年の改訂よりさらにその前、高校への理科Ⅰ導入と連動して中学教科書から一回消えてる、ということを発見して驚いた。http://www.asahi-net.or.jp/~hi2h-ikd/biology/bioiden.htmつまり sing の指摘通り、ぼくらの世代は高校で初めてメンデルを習ったことになる。それにしちゃ妙に中学で3:1(どころか9:3:3:1まで)をやった記憶が鮮明なのは、たぶん指導要領の変わり目で、中学校の先生が以前の指導案をそのまま生かしてやってたんじゃないかと思う。逆に教科書に忠実にやってるところでは、まったく習ってないことになるし、当然高校入試には一切出てないはずだ。

メンデル遺伝という単元はすなわちこの四半世紀ほど、指導要領改訂のたびにあっちからこっちへと投げ返されているわけだ。そういえばぼくらも高校へ入った当初、英語のみのり女史から、あんたたちは高校で学ぶ英単語が極端に少なくなったからまともにやってたら浪人とは勝負になんないわよ、みたいなこと言われてたな。Wikiとかで細かな改訂実施時期確認してみたらなんのことはない、おれたち最初のゆとり世代じゃねーか。

それでもおれたちの同級生は理科Ⅰやってるので、理科については最低限の共通言語があるのだけれど、平成14年実施の第7次改訂からは選択によってメンデルに一切触れずに卒業していくことも往々にしてあり得た。Dscn0180

ところでメンデルそんなに偉いのか現代分子生物学やるのに必要ないんじゃないのかという意見も結構あったりするのだけれど、このトピックって生物学の必須項目というよりは前半で触れたように科学リテラシの入門編としてよくできた教材であり、科学史的な流れも踏まえて、生物学を定量的に捉えるための一里塚ではないか、というのが私見。この程度の記号的操作はさらっと飲み込んでもらわないと、定性的というより印象生物学のまわりをぐるぐるまわって終わってしまう。(現状ほとんどそうなんだけど)。そのためには前段階で算数や論理学のトレーニングがもう少しあっても良いんだけどなあ。

ずいぶん長くなってしまったがあとひとつ。今日採点業務中に気が付いてまわりに確認したのだが、現行では中学でメンデルやらないくせに減数分裂は、やってんだ。もう訳が分からない、というほどでもないけど。その順序で切り離しちゃっていいのかなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

[memo]中学校の学習指導要領の改訂で追加された生物分野に関するおもな内容

・種子をつくらない植物(シダ植物、コケ植物)
・無脊椎動物の仲間(節足動物、軟体動物など)
・生物の変遷と進化(進化したという事実)
・遺伝の規則性(メンデル遺伝)
・DNAの存在Dscn0179

まあメンデルくらいは義務教育でも触れといてもらわないとねえ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

ケノンのフリューゲル

ついったーでフリューゲルについてのつぶやきが貯まったので、いちおうまとめておく。

・注文しといたフリューゲルスタンドが今日届いていた。送料税込みで\3,990^。便利だなあ。
・さて今回よこすかのステージでは2曲でフリューゲルを用い、のべ3人が吹く。3人とも自持ちの楽器というのが大人なかんじだ。Kっしーのなんかシルキーなみの値段がするらしいぞ。こんどフリューゲルアンサンブルやろうかとか言ってみたりする。
・ちなみに私のははじめてのボーナスで買ったケノン。ザラリとした音色が気に入っている。こないだ雑誌でPE’ZのOhyamaが同じものを使ってると知った。
・つぶやいたついでにケノンについて多少調べてみた。古くはアート・ファーマーが使ってちょっとしたブームだったらしい。知らなかった。ファーマー好きの耳は正直だったということか。
・ 手元のモノポールモデルは支柱の形状などからみてもいわゆる「オールド・ケノン」と呼ばれるすでにビンテージらしい。

購入当時はいまみたいに「ちょっとググって」なんてインフラなかったから、フリューゲルに関する情報なんてほとんど手に入らなかった。身近なクチコミが頼みで、それこそHがコルトワすげえいいぞ!と大絶賛していたのでほんとはほぼコルトワ買うつもりで新大久保へTと一緒に出かけたのだ。(Tはこのとき中古のテナーサックスを手に入れた)。
コルトワは確かに滑らかでクセが無く、悪くなかったのだけど、一緒に出てきたケノンを試奏して俄然惹かれちゃったのだ。そもそもフリューゲルに求めていたものは”クセ”だったから。おかげでいまでもピッチには少々手こずるが。Dscn0210

あらためて調べなおしてみると、めずらしく直感で正解だったように思える。しかしそろそろ買い替えを画策しているトランペットについて直感一本でいく自信はなかなか、ない。誰か何かしらアドバイスをください。

そういえば新大久保の帰りには、レモンイエローのアイバニーズ(中古)を衝動買いしたりもしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

医学と芸術展

久し振りに有給取って医学と芸術展」を観てきた。なんとなく匂いを感じたので、仕事の隙間をすかさず押さえて行ってみた→正解。現代作家も頑張って結構イイの出してたが、なんと言ってもダ・ヴィンチの手稿をはじめ中世医学書のオリジナルがずらりと展示されていたのは圧巻。まさかヴェサリウスの初版本を観られるとは思わなかった。
これなら十分に質の高い「研修」なんだが、これを服務として申請しようとすると「美術館は娯楽性が高い」とか「課業日におこなう必然性」とか、挙げ句の果てには「何月何日のどの授業で、具体的にどう活用するのか」とか訳の分からないいちゃもんをつけられることになっている。地方行政で
出世する役人てほんと教養無いから嫌になっちゃう。
なにも出張扱いにしろとか言ってる訳でもなく、手の空いたときに自腹で勉強してきたいんですが、という控えめな希望なんだけどなあ。そのうえ無駄に手間のかかる計画書や報告書の作成なんかやってた日には、それこそ前後の業務に差し支えるので、権利主張の観点からは道理に合わないが節を曲げて休暇。001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

家庭で】ボルボックス超簡易培養法【できる

継代培養続けて一年以上になるので、もう完全に確立できたと言っていいだろう。
ボルボックスの培養についてはそんなに難しい訳じゃないので、ググればレシピはごまんと出てくるのだが、たぶんオレのやり方がいちばんシンプル。オートクレーブいらない。鹿沼土いらない。フラスコいらない。ハイポネクスいらない。一般家庭で完結可能。

必要なもの
・*)アサリ貝殻・アルミホイル・ガスコンロ・**)ボルビック(500mL)・親株・
・***)株はどこかで分けてもらおう。リクエストがあればウチのを分けます。

手順
1)アサリのみそ汁かパスタを食べる。酒蒸しでもよい。
2)貝殻2~3組をよく洗い、多少砕く。(ペットボトルの口を通ればok。)
3)アルミホイルに包んでコンロ(魚焼きグリルがいい)で5分くらい焼く。****)これで滅菌ok。
4)ボルビックをちょっとだけ捨てる(ボトルの上の方に少し余裕をつくる)
5)貝殻が冷めたらボトルに入れる。
6)親株を注ぎ込む。終わり。

植え継ぎ頻度はまあ1ヶ月に1回やっとけば大丈夫。上手くすればひとつのボトルで一年以上もつけど、急に全滅することがあるので増えてるうちにバックアップをつくっておいた方が吉。月が変わったからそろそろやろう、ぐらいが忘れなくていい。死滅するボトルもあるので、このペースだと常設4~5本くらい。ランニングコストは約\1,000/年。あとは窓辺に置いてよく日に当ててやるべし。

注釈
*)もちろんシジミでもいいと思うけど。こんどやって比較してみる。要は炭素やらリンやらの供給源。
**)ボルボックスにはボルビックがいちばんいい、というのはなぜか業界の常識。pHとかミネラルとかそのへんの問題。先人の試行錯誤の結果ではあるが、ハタから見ると語呂が冗談のようだ。ちなみに六甲のおいしい水でもいけるらしい。こんどやって比較してみる。安くてボトルのかっこいいビッテルはやってみたけどダメだった。
***)自力で調達したいヒトは、プランクトンネットをもって田んぼにGo!でいいはず。ただし結構ホネらしい。
****)多少コンタミしてもどうってことないのだが、さすがにここをさぼると長持ちしなかった。

Dscn0184_volvic

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »