« 黄色いタイムラグレポート(35) | トップページ | ゲイツの野郎 »

2009年8月10日 (月)

黄色いタイムラグレポート(36)

1997年 8月 16日 19:09 ベルガマ ペンション・ペルガモンにて

ロビーでホケーとしてたら "Are you a man of pension ? " とヒッピー風の兄ちゃんに訊かれた。だいぶ旅のアカにまみれたか。ここは街の案内所で紹介してもらったのだが、風体を値踏みされたのかまた随分安いホテルを教えられた。素泊まり700Bin.=約500円。まあいいか。036
とは言え、埃っぽいバックパッカーとかはあまり好きじゃなかったりする。日本にもよくあるハイカーの集う家庭的な宿、というのも実はあまり馴染めない。外国人はともかく、日本人の場合そのたぐいの手合いはほとんど学生だしね。自意識を制御しきれない女子学生なんかと話していると結構居心地悪い。外国人に職業尋ねられて素直に答えると大概びっくりされるが、逆に旅先で同胞に職業教える気にはならないなあ。ここのところちょっと疲れてきて、外国人の反応見ておもしろがるのも飽きてきたし面倒なので "Are you a sudent ? " ときかれたらもう適当にイエスとか答えてしまう。あまつさえ "I study civil engineering." とか言ってみたりして。実際この業界で28歳がこの格好でこういう旅行の仕方はアリなのか。とか自問しつつパック旅行の連中が大型バスでワーと出てくるとやれやれと思うその心根はちょっと鼻持ちならないぞ、だいたいそれじゃ埃っぽいバッグパッカーと一緒じゃないか、と自戒してみたり。ヨットでクルーズとかしたいなー。   つづく

|

« 黄色いタイムラグレポート(35) | トップページ | ゲイツの野郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄色いタイムラグレポート(36):

« 黄色いタイムラグレポート(35) | トップページ | ゲイツの野郎 »