« 黄色いタイムラグレポート(30) | トップページ | 黄色いタイムラグレポート(33) »

2009年7月14日 (火)

黄色いタイムラグレポート(31)

1997年 8月 15日 17:17 セルチュクのホテルにて BGM: We can wrok it out (cover)etc.

 船とバスによる移動に一日かけたのでだいぶアタマがクラクラする。が、途中いいだけウトウトしまくったのでベッドに大の字になっても眠くならない。032
 「悪霊島」はくだらない映画だけど、あのプロローグとエピローグを付けたことで不思議な味が出てしまった。今だに海を見ながら Let it be を聴くと妙にカンドーしてしまうのもそのせいか。角川春樹は映画カントクとしてはひどいものだけどコマーシャルな嗅覚はやはり抜きんでたものがあるのだろうな。時代の気分をつかむのがうまいのか。それも Rex で終わったかなという気もするし、その後タイホされたりしてもうダメかもね(→97年当時の記述です)。
 昨夜は大変な事態に見舞われた。なんとセーロガンのフタが割れてしまったのだ。歩きながら、なんか匂うなと思ったらザックのポケットにセーロガンがザララー、と。ああ。   つづく

|

« 黄色いタイムラグレポート(30) | トップページ | 黄色いタイムラグレポート(33) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄色いタイムラグレポート(31):

« 黄色いタイムラグレポート(30) | トップページ | 黄色いタイムラグレポート(33) »