« 死者の代弁者 1Q84 | トップページ | 黄色いタイムラグレポート(31) »

2009年7月13日 (月)

黄色いタイムラグレポート(30)

1997年 8月 15日 12:52 ボドルムバスターミナル

 コスではあまりホテルが密集してなく、やむなくキレイな所に入っていったが、朝食付きで11,000ドラクマ(=5,000円くらい)。ギリシアの物価とキレイさを考えれば、まあリーズナブルなお値段でしょう。部屋にはバルコニーまで付いてる。コス島の受付嬢はどこでもとても美人で、その上親切。非常に印象良いですね。街並みも美しく、色づかいや音楽のセンスなどは完全に西欧社会≒現代日本社会のものですね。ああ、これはなじみの文化圏だ、とアットホームな心地になってしまうのがおもしろい。イスラムそのものが完全に異文化で、テッテ的なメンタリティの違いを感じてしまうのだが、トルコの場合、それに混じっていわゆるアジヤ文化の匂いがしてきて、この辺は昭和 30~ 40年代の日本を思わせる部分もあって、なんとなくノスタルジィをさそう。そんなこんなでギリシアからトルコに戻ってなんとなくホッとするのはなぜ? つづく031_2

|

« 死者の代弁者 1Q84 | トップページ | 黄色いタイムラグレポート(31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄色いタイムラグレポート(30):

« 死者の代弁者 1Q84 | トップページ | 黄色いタイムラグレポート(31) »