« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

絶望した!かけ声ばかりデカくて具体的な政策の見えてこないタレント候補に票を投じる千葉県民に絶望した!

抽象的でワケの分かんない日本一とか目指さなくていいから

ドベ5の交通事故死者数とか、ドベ3の人口あたり医師数とか、ドベ2の高校生一人あたりの教育予算とか

こういうのをいったいどうしてくれるのかはっきり言え。リニアなんか敷けるわけないだろ?結局は地元東京にモノやカネやヒトを流し込みたいだけじゃないのか?09march23_045_trim

関連リンク

「完全無所属」実は「自民支部長」…千葉知事当選の森田氏」(魚拓)→http://s01.megalodon.jp/2009-0330-1849-14/news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20090330-00515/1.htm

「暴走リニアモーターカーでさらば成田と言おう」(ワーストブログインジャパン)
→http://worstblog.seesaa.net/article/114103916.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

フィデルも言ってるよ!

ここだ→Reflexiones del compañero Fidel
http://www.granma.cubaweb.cu/secciones/ref-fidel/art96.html

夕刊フジよく見付けてきた。通信社のおこぼれじゃないから、どこのポータルでもフジの丸写し。でもってソースについては『政府系ウェブサイト』としかないから探しちゃったよ。『Web版グランマ(キューバ共産党機関誌)』くらい書いといてくれれば満点。Dscn9389_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

そこで送りバントか!?

ありえない。Dscn9637 ハラ~ホロヒレハレ。二死満塁でポップフライ打ってたキミを思い出したよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

だから言ったじゃないか

【過去記事サルベージ】
2008年3月28日 (金) 文化としての中央郵便局
--------------------------------

竹中平蔵君は郵政民営化の結果現状はすべて想定通りと胸を張り、二言目には東京中央郵便局大阪中央郵便局を売っぱらってとっとと高層のショッピングセンターとかホテルとかにしろとしたり顔で言う。バカなのか

外国で街を歩くとき、わりと早い段階で郵便局はチェックする。大きな都市ならふつう、駅にほど近い所か、旧市街などの中心部に威風堂々とした中央郵便局がある。ブレードランナーで警察署に使ったのはユニオン・ステーションだそうが、古くて大きくて(そしてなぜか埃っぽい)中央郵便局の雰囲気はなんかそんなかんじでイイ。まだ多くの国では郵便局はれっきとしたお役所。だから無愛想だけど商売気ないのがイイ。各地から郵便物が集積され仕分けされ、そこからまた世界各地へ送り出されるそのジャンクションなワクワク感もイイ。そういうことが何ひとつあの父っちゃん坊やには分からないのだろうな。

彼としては、東京や大阪の駅前一等地に5階建ての建物がいつまでも居座っている非合理性が物凄くイヤみたい。とは言えそもそも高層化したからってそんな簡単に儲かるのか?って話だよ。結局高層化がどうとかよりビル建てたい!とかそういうことじゃないの?実際に具体的な計画が着々と浮上しつつあるみたいだけど、再開発がらみのゼネコンとかに彼のコネクションがまわりまわって繋がってないかどうかはよく見張っとくべき。

30階建てビルの8~10階までが郵便局、(1階~7階までが百貨店)とかいうのは勘弁してくれよ。

---------------------------------2005julaug_329mail_box

そらみたことか、だ。鳩ポッポ弟今頃なんだ!とか言われてるけど、それでも最近強気に出てるのはいいと思う。かんぽの宿で揉めだした当初、朝日とか『不当な政治介入』とまで書いて噛みついていたが、なんでマスコミはそんなに小泉竹中好きなんだ?最近ずいぶん歯切れ悪いじゃないか。一年前にこれ書いた俺えらい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

ジョセフよ安らかに

またチバテレビでやってるんだよ、フランダースのイヌ。しかもアクロバティックに毎週2話ずつ連続放送。今日の2本目は第44話『おじいさんへのおみやげ』。ネロが一週間の港湾労働を経て得た臨時収入で「一番上等の肉」を病床のじいさんに買って帰るほのぼのとした話、の筈が!結局『おじいさんへの冥土の土産』になってしまうトホホ。などとドス黒い書き方をしてみたりするが、実際じいさん昇天とともに泣き崩れるネロ「ぼくを独りにしないでようぅ!」の場面では夫婦で滂沱の涙。涙なんか流して泣くのはほとんど四半世紀ぶりくらいだが、不惑に至ってついに涙腺ゆるくなったか、花粉にやられて外分泌系がおかしなことになっているのか、それとも人生行路を経た大人をこそ実は籠絡するこれが(C) NIPPON ANIMATION の底力なのか。

【付記】それでも次回予告では一切容赦しない武藤礼子さん。「次回フランダースの犬、『ひとりぼっちのネロ』。お楽しみにネ!」 ルーチンとはいえ、プロの凄味を見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

オレら本格的にノーフューチャーじゃないすか!

オヤジが言うと妙に説得力あるなあ。

そして田口トモロヲさすが。

それから ZAZEN BOYS いままであんまりちゃんと聴いてなかったんだけど、これがあのナンバーガールの人か!こんなに分かりやすい曲も書けるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »