« クソガキのケータイにイラッとくる気持ちはよくわかるんだが | トップページ | リモコン分解 その5 バカッと開ける »

2008年12月 8日 (月)

再掲 および追記 ニクロム線の抵抗率

【追記(補足)】Dscn9346

ちなみにニクロム線は 1.0 m、電圧は5V でやったときの値がなかなかステキでした。0.50 m でやると短いせいで誤差が大きく響いちゃうのか、一桁くらいズレちゃってうれしさも中くらい。

(以下11/22 ニクロム線の抵抗率)----------

思いつきでやってみて結構上手くはまった【実験】Dscn9271

〔目的〕ニクロム線の抵抗値を測定し、抵抗の性質を理解する。
〔準備〕ニクロム線 直流電源装置 リード線 電流計
〔方法〕直列回路を作って低圧で電流流すだけ。電流を測定し、オームの法則から抵抗値を算出する。
長さや本数を変えて、R=ρ(l/s)を確認する。
〔考察〕ホームセンターでφ=0.26mmのものを買ってきたので、この値から断面積を求め、単位をΩmに統一してρの値を算出する。理科年表には、0℃におけるニクロム線の抵抗率があるのでこれと比較する。

温度による補正を考えると、かなりいい値が出ます。素朴な実験だけど、かなりざっくりやっても最後に得られる値が結構いいところに収まるので、なんとなく満足して終われる。

--------------------------------------

ところでついにジョンと同い年でこの日をむかえてしまいましたよ。さてこれからどうやって生きていこうかね。

|

« クソガキのケータイにイラッとくる気持ちはよくわかるんだが | トップページ | リモコン分解 その5 バカッと開ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/43319189

この記事へのトラックバック一覧です: 再掲 および追記 ニクロム線の抵抗率:

« クソガキのケータイにイラッとくる気持ちはよくわかるんだが | トップページ | リモコン分解 その5 バカッと開ける »