« プラモデルカメラミニギャラリー モノクローム編 | トップページ | 再掲 および追記 ニクロム線の抵抗率 »

2008年12月 7日 (日)

クソガキのケータイにイラッとくる気持ちはよくわかるんだが

>府教委では、児童生徒の1日の通話時間やメール送信回数を集計し、「依存傾向」を3段階に分類。その結果、学習時間が30分以下の子供の割合は、依存度が強いほど高くなる傾向がみられたという。http://s02.megalodon.jp/2008-1204-1017-00/news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-m20081204001/1.htm

相変わらず相関と因果関係の違いがぐちゃぐちゃだ。依存度が強いから勉強しないのか、勉強しないから依存してるヒマがあるのか?生活習慣や家庭環境の影響は?デンワ取り上げれば勉強するのか?学習時間が長ければ成績あがるのか?35分勉強すればいいのか?Dscn9345

コドモにデンワなんかいらない、というのは実は賛成なんだけどこんなこと根拠にしなくてもいいだろ?
とくに教育関係の行政機関が、統計データをデタラメに振り回すのは感心しない。しかも結構大がかりな調査やってるくせに府教委のページに飛んでもキチンとした報告書とか見あたらない。それなりにリソース使ってんだからちゃんと府民に情報還元しないとねえ。恐怖の都教委だって見つけやすいところに報告書あげてるし、→http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr081009s/pr081009s_chousa.pdfこっちはむしろリスク回避を眼目に比較的冷静な分析にとどめてる。

|

« プラモデルカメラミニギャラリー モノクローム編 | トップページ | 再掲 および追記 ニクロム線の抵抗率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/43316309

この記事へのトラックバック一覧です: クソガキのケータイにイラッとくる気持ちはよくわかるんだが:

« プラモデルカメラミニギャラリー モノクローム編 | トップページ | 再掲 および追記 ニクロム線の抵抗率 »