« 醤油のタンクと客車、デキ3など | トップページ | 仲ノ町駅に入線(菊池直恵仕様車) »

2008年9月10日 (水)

全世界売り上げNo.1コミック

【映画レビュー】
デトロイト・メタル・シティ (李闘士男 東宝)
原作結構好きなのと『全世界売り上げNo.1コミック(デスメタルギャグ部門)』のアオリにやられて、つい観てきてしまいました。

まあ映画としてはひどいもんだけど、笑えるシーンも多々あったし、代表曲の Satsugai が思いのほかカッコよく仕上がっていたのでよしとする。こんなのデスじゃねえと力みかえってる人たちもいるみたいだけど、それこそまさに原作の「この人たちってなんでこんなに頭悪いんだろう」デスよ。
木林くんの扱いがぞんざいなことがちょっと残念。Kダブシャインってその筋じゃ有名人らしいけど、曲もキャラクターも原作並みにしょっぱくてこっそりとクスクス。
後半のグダグダさとローサの大根ぶりがちょっと残念だ。ていうかジーンシモンズよく受けたなこの仕事。

|

« 醤油のタンクと客車、デキ3など | トップページ | 仲ノ町駅に入線(菊池直恵仕様車) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/42405153

この記事へのトラックバック一覧です: 全世界売り上げNo.1コミック:

« 醤油のタンクと客車、デキ3など | トップページ | 仲ノ町駅に入線(菊池直恵仕様車) »