« スラブ行進曲的なるもの | トップページ | ホール&オーツ »

2008年6月14日 (土)

ミシガン州立大学楽団

>指揮者の後ろに、にょきーんと伸びている長いのの先にマイクがついているのでは?
>ミシガン州立大のラッパは、ちょっと残念な音だなあ。

そう、なーんかラッパの音が直に飛び込んでくるような録音だなあと。Dscn8677
それこそラッパのシートで聞くようなバランスなんだが、それにしちゃパーカッションが遠いなあとか。
学生オケとしてはヘクりもなく頑張ってる方だとは思うけど(と思ったら音大併設してるじゃんか。大丈夫かミシガン!-まあ4つあるオケのうちもっとも日曜大工なかんじなのか→This ensemble comprises students from all disciplines, and presents four concerts annually, featuring a varied and entertaining repertoire.)、ピッチがちょっと甘すぎるよねえ。あと、8:04からのテーマ、、あきらかにブレスの位置(フレージング)おかしいだろ。
もうひとつ毒吐くすると、指揮者しか映ってないのに指揮がシロートくせえ。玉置千秋に毛が生えたくらいだ。

あらためて周辺検索かけてみたらまたヘンなの出てきた。

|

« スラブ行進曲的なるもの | トップページ | ホール&オーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/41529118

この記事へのトラックバック一覧です: ミシガン州立大学楽団:

« スラブ行進曲的なるもの | トップページ | ホール&オーツ »