« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月25日 (水)

ナメクジウオ

サイエンスニュースで久しぶりにちょっと感動した。
魚拓→http://s01.megalodon.jp/2008-0625-1010-39/www.asahi.com/science/update/0619/TKY200806180356.html
Dscn8667

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

アルゼンチンアリ

この頃妙にアリが室内に入ってくる。さては道しるべをつけられたか。それにしても次から次へと…。
駆除法を検索していたらどうも最近勢力を拡大しているアルゼンチンアリというのがいるらしいと知る。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%AA&lr=
こいつの特徴がうちのによく一致する。
国内では広島から広がり、昨年のデータで横浜まで東進してきたらしいが、おそらくもう千葉に届いてる。つーかここにいる。写真をアップしたいところだが、アリのありのままを接写で捉えるというのは至難の業だ。アレックス・ワイルド ハンパねえ!それなりの高速シャッターでもないと動いていたらまず捉えられないし、つかまえたってじっとさせとこうとするとつい毛玉みたいにしちゃう。ガムテで足を止めようとしても、しばらくもがいて脱出するのでうえからアラビックヤマト落としたら触覚がくんにゃりしちゃってなんだか情けない。あとはホイホイしかないか。うちまだ常備してないんだけど。というわけでとりあえずある日の夕焼け。
Dscn8692

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

ホール&オーツ

Dscn8409  [ music review ]
   
たまたま最近のライブ映像を見た。
久し振りに見るけれど、相変わらずだ。(いろんな意味で)
さすがに完成度は高い。(いろんな意味で)

なにせホール「&オーツ」だから、カメラはなるべく二人を均等に映そうとする。でもオーツはバックバンドと一緒にコーラスとっているか、ほとんど音の聞こえてこないフォークギターをかき鳴らしているかだ。(ストラトに持ち替えたら少しの合い手のオカズが聞こえてきた。)

なんでコンビ解消しないのだろう。ホールにしてもオーツにしてもその心情は分かるような気もするけど、実のところはやっぱり分からない。

なんだかチャゲアスに似ているなあ。(いろんな意味で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

ミシガン州立大学楽団

>指揮者の後ろに、にょきーんと伸びている長いのの先にマイクがついているのでは?
>ミシガン州立大のラッパは、ちょっと残念な音だなあ。

そう、なーんかラッパの音が直に飛び込んでくるような録音だなあと。Dscn8677
それこそラッパのシートで聞くようなバランスなんだが、それにしちゃパーカッションが遠いなあとか。
学生オケとしてはヘクりもなく頑張ってる方だとは思うけど(と思ったら音大併設してるじゃんか。大丈夫かミシガン!-まあ4つあるオケのうちもっとも日曜大工なかんじなのか→This ensemble comprises students from all disciplines, and presents four concerts annually, featuring a varied and entertaining repertoire.)、ピッチがちょっと甘すぎるよねえ。あと、8:04からのテーマ、、あきらかにブレスの位置(フレージング)おかしいだろ。
もうひとつ毒吐くすると、指揮者しか映ってないのに指揮がシロートくせえ。玉置千秋に毛が生えたくらいだ。

あらためて周辺検索かけてみたらまたヘンなの出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

スラブ行進曲的なるもの

【music review (classic)】

「“スラブ行進曲”作品31」 チャイコフスキー作曲
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ロリン・マゼール
Dscn8666
カーステ(NHKFM)から流れてきた。
懐かしいがずいぶん新鮮に聴こえた。

懐かしいというのは中学(だったと思うんだが…)の頃に吹奏楽アレンジでやったことがあるから。
その頃のアタマで覚えた記憶はずいぶんぼんやりしているが、カラダで覚えた記憶はふとした折りに結構鮮烈によみがえったりする。
最近はラッパも小手先をごまかしながら結構アタマで吹いてしまったりするんだが、当時における楽器と曲の修練は圧倒的に身体的なものだ。(ずいぶん繰り返し練習したしね。)
だからいまだに曲の構成もほぼアタマに入ってるし、主旋律はフィンがリングまでほとんど覚えている。

新鮮というのは、田舎のぼーっとした中学生には皆目わかってなかった曲の文化的背景ってやつが多少なりとも感じ取れるような気がしたからだ。
じつはいまだもってチャイコフスキーがこの曲を書いた歴史的背景や音楽史における位置づけなんかは大して勉強してないし、とくにする気もない。
にもかかわらず、おおよそ四半世紀の歳月は、いくらぼーっと生きている人間にもいろんな経験を降り積もらせる。

ついうっかりするとすぐなんとなくわかったような文化的だの歴史的だのという言いまわしに頼ってしまうんだが、要はそのサウンドを聴いて「ああすっごくスラブ的だなあ」と感じたというだけ。
ただそう感じるための下地として例えばスラブというかボヘミアなんだけどプラハの街を歩いた記憶とか、カフカとかドストエフスキイとか(つながっちゃいないんだが)ソルジェニーツィンとか若しくはストルガツキーやらレムやらをとりあえず読むだけは読んだことだったりとか、タルコフスキーを何本か観てみたりキンザザに大喜びしたり、プラハ以外にもイタリア・ローマから、アテネやロードス、イスタンブールからカッパドキアあたりの街をそれぞれ歩き、キリスト教圏からイスラム文化圏へ、さらにその向こうやボヘミアの辺縁に垣間見えるスラブ文化へのグラデーションのようなものを何となく勝手なイメージとして保持していたり、スラブ研究センターとか構内にある大学へ4年間も通いながらしかしいわゆるスラブ的なるものに露ほども関心を払わなかったボンクラ学生であったにもかかわらず、やはり類似性を帯びた気候風土は知らないうちに体内へ入り込んで来ていたし、指揮者の後ろの窓に吹雪を見ながらチャイコやシベリウスのリハーサルを重ねたり、またやはりただぼんやりと在籍していたその学生オケにしかし4年近くも関わる間には西洋音楽の歴史的発展やその背景となる社会思想との連関についてまあなんとなくそんなものかなと言う程度にはイメージの種が播かれたりというような、それだけかいと言えばあまりにそれだけではあるんだけれども、そんなものすら欠片も持たない中学生にはまあ感じろといっても無理なものが四半世紀経って何となく感じとれたことが今日は新鮮に感じたのでした。

ふと思ったけれどやはりスラブとスレイブはつながっているらしい。

↓ミシガンの学生オケ版(いったいどこにマイク置いてるんだ?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

ゴッグつえー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

ギミアー

急に何だかほらあのウィンクに喰われちゃったアイドルデュオいたよね。何て言ったっけダンスなんかはウィンクより良かったんじゃないの何て名前だっけ出てこないなあ、ということになって探してみたらちゃんとあるんだ。ネットってスゲエなあ。↓覚えてる?

menuからウィンクの寂しい熱帯魚とか飛ぶとまあ当時も言われていたことなんだけどダンスのあまりのキレのなさに脱力。これに喰われちゃうってのも歯茎から血が出るくらい悔しかっただろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »