« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

瀬戸内上空

Dscn7128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

変なかたちの雲

Dscn7127 窓ガラスの汚れがもったいねえなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

二層の雲の狭間に

Dscn7125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

文化としての中央郵便局

竹中平蔵君は郵政民営化の結果現状はすべて想定通りと胸を張り、二言目には東京中央郵便局大阪中央郵便局を売っぱらってとっとと高層のショッピングセンターとかホテルとかにしろとしたり顔で言う。バカなのか

外国で街を歩くとき、わりと早い段階で郵便局はチェックする。大きな都市ならふつう、駅にほど近い所か、旧市街などの中心部に威風堂々とした中央郵便局がある。ブレードランナーで警察署に使ったのはユニオン・ステーションだそうが、古くて大きくて(そしてなぜか埃っぽい)中央郵便局の雰囲気はなんかそんなかんじでイイ。まだ多くの国では郵便局はれっきとしたお役所。だから無愛想だけど商売気ないのがイイ。各地から郵便物が集積され仕分けされ、そこからまた世界各地へ送り出されるそのジャンクションなワクワク感もイイ。そういうことが何ひとつあの父っちゃん坊やには分からないのだろうな。

彼としては、東京や大阪の駅前一等地に5階建ての建物がいつまでも居座っている非合理性が物凄くイヤみたい。とは言えそもそも高層化したからってそんな簡単に儲かるのか?って話だよ。結局高層化がどうとかよりビル建てたい!とかそういうことじゃないの?実際に具体的な計画が着々と浮上しつつあるみたいだけど、再開発がらみのゼネコンとかに彼のコネクションがまわりまわって繋がってないかどうかはよく見張っとくべき。

30階建てビルの8~10階までが郵便局、(1階~7階までが百貨店)とかいうのは勘弁してくれよ。

Dscn7119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

右主翼エンジン

Dscn7124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

フラップ踏むな NO STEP

Dscn7123 で、残りは帰国便のヒコーキ写真。席は大抵私はアイルシートを希望します的にするんだけど、この日は上手い具合に窓側2列のところがあたったので2人で占領。ただそういうときは大概翼の付け根、エコノミーの性。でも雲の具合が結構変化に富んでいて割と画になったのでたくさん撮った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

中山路から路地へ入る

Dscn7122 最終日。「紋身」は刺青屋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

道路もライトアップ

Dscn7116 鷺江南海っぺりの道路は一部海上まで伸びており、一直線の蛍光灯で縁取りされる。電気代がちょっぴり心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

鷺江から中山路を望む

Dscn7114 右奥に伸びるのが廈門中心街の目抜き通り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

鷺江菜館

Dscn7113 初日に夕食をとったレストラン。廈門のひとつのランドマークjかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

湾岸クレーン 2

Dscn7110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

船からクレーン埠頭を望む

Dscn7108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

鷺江夜遊

098 雨が降ってはいたが最終日なのでナイトクルーズに行ってみる。

098_2 少し早めにチケット購入に行って、時間などを筆談で確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

ピザハットから 2

Dscn7099_2_2 バラックまがいと高層ビルの混在がいかにも厦門らしい街並み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

必月生客

099 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

スカイスクレイパーのピザハットから見晴らす

Dscn7095 MyMiniCity の急成長しているところにはこんな風景が見られたりするなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月 7日 (金)

鼓浪嶼 路地

Dscn7085

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

グリムウッド 菊池秀行 荒木飛呂彦

【読書memo】Dscn7086

『リプレイ』(ケン・グリムウッド/杉山高之訳)
 …新潮文庫だったか。いま確かめるまでハヤカワだと思ってた。コピーライトが1986、主人公が死ぬのが43、生き返るのが18、読了が2008年。いろんなところで年齢が交錯してなんだか身につまされる。駅伝ならもう往路だなあとかその例えがすでに辛気くさい。しょうがないじゃんねえ、かくしてだらだらと時は流れる。

『インベーダー・サマー』(菊池秀行 ソノラマ文庫)
 でもって10代の頃結構好きだったのが菊池秀行なわけで、50円で買ってみた。死ぬほどつまらない。菊池秀行こんなにつまんなかったか?と思い返してみるにそう言えばこのタイトルについては当時も立ち読み斜め読みでなんだか面白くないのでパスしたような気が…。ただもうなんだか体がこのいわゆる今で言うライトノベル文体を受け付けなくなっている気もするのだが、アムネジアとかエイリアンとかDとかその辺読み返してみてどうなのか。それともあるいは80年代のこぼれ落ちる時代感覚のなかにその後のオタク話法の萌芽がみられることに戸惑わされるのか。ここでいうオタクは意味の拡散しきった最近のむしろ肯定的なそれではなくいわゆる2人称にほんとに「おたく」って使っちゃう、ひどいときには1人称に「我が輩」とか「拙者」とか使っちゃうその『話法』をとくに意識しているわけだが。むろん菊池小説にそんな会話文は出てこないけれど、でもなんとなく呼び水的なものを感じないわけにはいかない。

『ユリイカ11月臨時増刊号(総特集-荒木飛呂彦)』
 入手。なかなかの読み応え。実はjojo6部途中からあんまりまともに読んでないんだけど、それにしてもエンディング間際はえらい盛り上がってるなあとは感じていたとは言え、そんなことになっていたとは、こりゃあもう一回ちゃんと読んどかなきゃ。と思わせられる熱い特集。実は菊池的ロマネスク様式(って何だ?)とあまりにもキレイに地続きな作者でもあったりするのだが。ホラー好きもそうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

旧日本領事館裏の猫

Dscn7083 やせとるにゃあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

Haier 海尓

Dscn7082_haier エアコン室外機にプリントされたキャラクタ。

廈門っ子が青い眼の弟分にソフトクリームおごってやってるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

魚丸湯

Dscn7070 地元名物ファストフード魚丸湯Dscn7067 を食べる。
海老風味のつみれスープで小腹減ったときなどには最適。7元くらいだったか。

店の賄いさんたちは信号機のよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

【スパムその6】 急ぎの報告ですか

>差出人 : 板倉 隆一<zyc6bdtv93mk***@yahoo.com>
>題 名 : 急ぎの報告です。。
>宛 先 : ff********.com
>送信日時 : Thu 02/28/2008 10:44:13 JST
>-------------------------------------------------------
>こんな感じで仕上がりました。
>http://www.asian-av-xxx.net/?bc=gt&me=6aL4H6HBLLW7Ns87MvH1H8L6F3H6fHL4H6WPbH8q***

>宜しいでしょうか?

========================================================
ちょっと新機軸。題名はともかく、なんとなく知り合いにいそうな「」名前でというのは新しい工夫かも。ついなんだっけとリンク先飛びそうになるんだけど、アドレスに asian-av-xxx とか混じっちゃ台無しだ。Dscn7048

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

鼓浪嶼の大樹 とメモリ増設顛末

Dscn7047 メビウス帰還。

あきれたことにスロット奥までキチンと入っていなかっただけ。いやでも書いてある通りナナメに差し込んでパチンといわしたのに。もしやとも思ってこれ以上やったらどこか破損するんじゃないかというくらい力まかせにぐいぐい押し込んだのに。

そもそもメビウスの取説にはメモリ増設についての項目がない。内蔵電池交換の項でメモリスロットの場所が出てくるので、それと雑誌を見比べながらちまちまやってたのだが、せめて「ここまで入りますよ」と取り付け図なり写真が一枚あれば気付けたのに。ぬるいユーザーにあれこれいじられたくないということか。家電メーカーらしい親心ならかえって迷惑。

ともあれ手間賃\3,150ですんだので結局約\8kほどで 736MB RAM へと進化しました。使ってみると立ち上がりは相変わらず結構待たされるものの、アプリケーションの動作はかなり滑らかになり、とくにウェブ閲覧時のストレスは大幅に解消。費用対効果としてはわりと満足できる結果。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »