« 虹の解体 R.ドーキンス | トップページ | 4年前のマシンに世間は冷たい »

2008年2月24日 (日)

メモリ増設 何故かダメ

ウチのマシンはSharp PC-XV50F 2004年製。わずか4年ほど前のものだがPCの世界じゃもうロートルか、最近やたら重たい。最大の戦犯はノートン先生だと思うんだが、平均的ウェブページも軒並みハイスペック対応に情報量が漸増してることとか、購入以来のゴミがあちこちで勝手な仕事をしている可能性もある。(でもやっぱりノートンだろう。昨年始め頃サポートのシステムを全面的に改訂したあたりから実家のPCも挙動がおかしくなり、実家じゃついに買い換えちまった。ロートルマシンのこと何も考えてない感じだし、ウィンドウズの自動更新、インストールだけは手動で、に設定したらのべつまくなし警告してくるしもうほとほとイヤになってきた。来年はウィルスバスターに乗り換えようかな。)
Dscn7046
 という状態なので、せめてメモリを増強しようと思いI/Oデータの512M買ってきて、内臓開いてスロットに差した。が、一向に認識する気配なし。XPの挙動には別段不振なところもないので、おそらく接触不良では、と部品メーカーサポート。20回くらい取り付け作業を繰り返してみたがまったく手応えないので、一応サポートの好意に甘え、検品兼ねて交換してもらった。

 が、ダメ。I/Oさんごめん。となるとPC側の問題か。4年間も未使用だったのでスロットがアホになっているのか。ただこれは結構めんどくさい。PCメーカーに持ち込むのはいいけど、いちいち中身まっさらにするのもなあ。そのまま出したところで人が見て喜ぶようなデータ詰め込んでる訳じゃないんだけれど、まったく片付けてない部屋に電器屋呼ぶようなバツの悪さもあるし。

どうにかならんもんか。

|

« 虹の解体 R.ドーキンス | トップページ | 4年前のマシンに世間は冷たい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/40214593

この記事へのトラックバック一覧です: メモリ増設 何故かダメ:

« 虹の解体 R.ドーキンス | トップページ | 4年前のマシンに世間は冷たい »