« 永定のバナナ2 | トップページ | 玲琉八麺と刑務所の中 »

2008年2月13日 (水)

玲琉八麺とこのサイトの来歴など

Dscn7003_3 廈門に戻る。玲琉八麺の肉麺。

---------------------------
ところで旧HPもいったん凍結したことでもあるしほとんど紀行日記と化しつつあるこのサイトのレゾンデートルをH氏に倣って一応問い直してみる。 →もともとはレギュラーでバンドを3つ掛け持ちしてた時があり、せっかくなのでライブの告知用とITスキルの練習用に始めてみた。当時はブログという形式もなかったので、ニフチーのHP作成サービスにのっかってできるだけ省エネで立ち上げてみた。 →結局作成ソフトその他一切揃えずに、かと言って言語覚える気もまったくおきないのでウェブ上で提供されてるツールだけで出来ることだけ、をちまちまやっていたのでITスキルはタグを2,3覚えて停止。 →更新はできるだけマメにした方が見てくれるとは思ってたもののそうちょくちょくページを拡充し続けられるものではないので、当時ついてた「ノートブック」という機能を最大限活用してとにかくデジカメの中身をちょろちょろとアゲていった。  →結局この機能は現在の「ブログ」の形式に発展するわけだが、ブログが物凄い勢いで一般化するとともに機能のかぶったノートブックはニフチーが一方的に廃止してしまう。違うこと始めるのはしんどいので、ブログサービスが定着してもしばらくはノートブックで頑張っていたのだけれど、もとを絶たれてしまったのでやむなくこっちに引っ越してきたわけだ。 →で気が付いてみると活動休止やら編成替えやらでコンスタントに続いているバンドは1つになっちゃってるわけだが、まあそれにしても宣伝の間口はひとつでも多い方がいい。それがサイトを維持する理由その1。 →2つ目はまったくパーソナルな話だが、紙ベースで日記を書いたり、プリントした写真を整理してアルバムを作ったりする習慣がどうしても身に付かないので、多少なりとも生活のログを時系列で保存しておくひとつのツールとして。 →まあいわゆる「日記」をそのまま公開してもうちのそれが面白いとも思えず、写真なら3秒で観られるので画像を軸に据えた構成でぐずぐずと続けていまに至る。いい作品が撮れたときは世間の眼に晒したいという欲求は当然あります。 →仕事に疲れ余裕のない中年バンドマンとはいえチャンスがあればまた新しいのやら元のやら立ち上げるのはやぶさかではなく、というか実を言えばいまも虎視眈々と機会を窺ってはいるので、いずれ矢継ぎ早に告知をうつための器として維持しているということもあります。

【今日のドキュメンタリー】
 「中目黒テレビ」(コーネリアスワールドツアー)

|

« 永定のバナナ2 | トップページ | 玲琉八麺と刑務所の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/40093756

この記事へのトラックバック一覧です: 玲琉八麺とこのサイトの来歴など:

« 永定のバナナ2 | トップページ | 玲琉八麺と刑務所の中 »