« 東方巨天覇 | トップページ | 南普陀寺 天王殿 »

2007年12月 8日 (土)

ゲバラとジョンと わたしたちの望むものは

Dscn6639_mac1 [memo] 「医師の任務について(ゲバラ…公衆衛生省における演説)」より

 …背後を窺い、盗み聞きをしている人がいないか、どこかの大使館の誰かが盗み聞きをしていないか、誰も確かめる必要はない。独占資本に対する抗議をはっきりと口にする前に、「われわれの、そして全米州の敵は、アメリカ合衆国という独占資本家の政府である」(拍手)と自分の意見をはっきり述べる前に、誰かが盗み聞きをして通報してしまわないかと、恐れることはない。米国政府こそ敵だと皆がすでに分かっているなら、そしてこの敵と戦っているものならわれわれと何かしら共通点があるのだと分かってきたなら、次は第二段階だ。
(モーターサイクル・ダイアリーズ/E.C.ゲバラ/角川文庫)

 
今日は一日ビートルズを聴きながらゲバラを読んで過ごした。いつの間にかゲバラと同い年になってしまっているよ。来年はついにジョンと…。

|

« 東方巨天覇 | トップページ | 南普陀寺 天王殿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/17310389

この記事へのトラックバック一覧です: ゲバラとジョンと わたしたちの望むものは:

« 東方巨天覇 | トップページ | 南普陀寺 天王殿 »