« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

承啓楼 内部

Dscn6915 中に入るとこんな感じ。いわば円形の集合住宅。この楼は木造土壁4階建ということになるか。1709年着工。客家の連中が山賊や猛獣から一族を守るために堅固な外壁と内向きの住居を築いた。
だそうだ。

今年の更新はここまで。それではみなさんよいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

承啓楼 正面右手

Dscn6914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

承啓楼 正面

Dscn6913

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

永定の承啓楼

Dscn6912 午近くになって承啓楼着。

今回の廈門行きにはいくつかの理由がある。例によって間際にチケット探したので買えた路線が限られたこと。(チベットとポルトガルが蹴られた。)廈門が最近アツイらしいと何となく聞いてたこと。そして決め手は、1dayツアーで永定の土楼へ足を延ばせることだ。廈門島から橋を渡り内陸へ車で約3時間、永定とよばれる地域のそこここに土壁で築き上げた大小の円楼、方楼が点在している。

そのうちの代表的なひとつがこの承啓楼だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

いま我が家では散歩がブーム

Dscn8031_2 【日録】きょうは、新松戸で二人呑み会をしました。休暇を取っていたので、早めに出て歩いていきました。約一時間、アルバム一枚と少し。何てことはなかった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナゾのアンテナ

Dscn6883 この後高速を降りると地方の未舗装路を延々と走る。台風通過の影響か、崩落箇所多数。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

廈門三日目 長距離ドライブ開始

Dscn6882_2 翌朝8:30ロビー集合。ゆったりしたワンボックスで高速道をひた走る。

※ところで前に台湾が目と鼻の先でボートでも行けちゃうみたいなこと書きましたが、すみませんそれウソです。近いっちゃ近いんですが、ゆうに200㌔あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

おかずのショウケース

Dscn6832

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

廈門のレストラン 飽くなき挑戦

Dscn6822二日目の夕食も大食堂みたいな所で。テーブルではなくショウケースの所へ行きそこに入ってる料理を見ながら一つずつ選んでその辺の店員掴まえオーダーする。というシステムの勝手がなんだか良くつかめず、店員さんも我可能会話限中国語唯一みたいな状態なのでかなり難儀。とはいえ店員さん、親切なことは親切なのでついにケータイ取り出してどこぞに繋ぎ、話せと言う。電話に出たのは英語の出来る中国人。それでもお互いカタコトの英語を電話越しに交わして料理のオーダーなどという高度な行為を成し遂げられるわけもなく、いや参ったなと思っていたら結局その電話の相手がじゃあこれから行くよと、切って5分か10分待ってたら本当に来てくれた。身振り手振りとカタコトの英語でそれでも旨いものは食べたいので、この料理は何が入ってるのかどんな味付けかかなりしつこく確認してどうにか一応は納得のいくオーダーを成し遂げた。(オレ1人だったらたぶん途中でめんどくさくなってコレとコレとコレッ、と当てずっぽうで済ませていただろうな。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

部屋から見下ろすメダカ3匹

Dscn6819_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

そしてこれが今回の一等賞!

Dscn6791 コレのめ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

中国CFコレクション vol.4

Dscn6763_hero Dscn6770_12 Dscn6777 Dscn6778_einstein Dscn6808

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

中国CFコレクション vol.3

Dscn6758_20 Dscn6757 Dscn6753_19 Dscn6742_14 Dscn6746_15 Dscn6747_16 Dscn6748_17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

中国CFコレクション vol.2

Dscn6719 Dscn6701 Dscn6703 Dscn6712 Dscn6717

Dscn6721_11 Dscn6738_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

中国CFコレクション vol.1

Dscn6683_2 Dscn6684

Dscn6686

Dscn6687_2 Dscn6700  Dscn6708

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

ダレだよ!

Dscn6689 ホテルに戻りひと息つく。TVにはサマーズ(み)もどきのCM。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

とある路地

Dscn6681

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

カメとデパートとおじさん

Dscn6680 真新しいデパートの軒先を行く、カメを提げたおじさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

標準的な路線バスの車内

Dscn6665 エアコン有で1人2元。宿へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

メカニカルぞうさん

Dscn6661 こちらはもう出来立て削り出しホヤホヤみたいなかんじ。ちょっと凶悪そう。目つきとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

南部陀寺の狛犬

Dscn6660 つーかほとんどライオンか。そんなに古いモノではなさそうな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

大きけりゃなんだってありがたい

Dscn6655 まわりのマネして線香あげた後、噂の巨岩に佛の字を見ておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

南普陀寺 天王殿

Dscn6659 昼食後、大学に隣接の観光名所「南普陀寺」へ。雨脚は未だ結構強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

ゲバラとジョンと わたしたちの望むものは

Dscn6639_mac1 [memo] 「医師の任務について(ゲバラ…公衆衛生省における演説)」より

 …背後を窺い、盗み聞きをしている人がいないか、どこかの大使館の誰かが盗み聞きをしていないか、誰も確かめる必要はない。独占資本に対する抗議をはっきりと口にする前に、「われわれの、そして全米州の敵は、アメリカ合衆国という独占資本家の政府である」(拍手)と自分の意見をはっきり述べる前に、誰かが盗み聞きをして通報してしまわないかと、恐れることはない。米国政府こそ敵だと皆がすでに分かっているなら、そしてこの敵と戦っているものならわれわれと何かしら共通点があるのだと分かってきたなら、次は第二段階だ。
(モーターサイクル・ダイアリーズ/E.C.ゲバラ/角川文庫)

 
今日は一日ビートルズを聴きながらゲバラを読んで過ごした。いつの間にかゲバラと同い年になってしまっているよ。来年はついにジョンと…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

東方巨天覇

Dscn6638 ビッグマック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

鮮蔬鱈魚堡(大洋州風味)

Dscn6637 フィレオフィッシュ。

再び路線バスで大学前に戻り、マックで昼食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

承啓楼 内部その4

Dscn6918 午飯時に申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

島とタンカーと煉瓦の壁

Dscn6630城壁(城でもないが)から海を垣間見る。突端へ行くともう少し張り出し砲台っぽいが。
タンカーの向こうにさらにうっすら見えるのが鼓浪嶼島。ちょうど湾の入り口と島とに挟まれた狭い海廊に面した場所で、なるべくして防衛線の要衝に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

承啓楼 内部その3

Dscn6917 洗濯物とか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

当心墜落

Dscn6635

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »