« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

酷児

Dscn6528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

中華航空ダイナスティ

過去記事サルベージシリーズ

2004年1月 7日 (水)------------------------------------------------
虐げられしものどもよ

なぜか成田空港のヤツラは頑なに「ダイナスティクラス」と言い、決して「ビジネスクラス」とは言わない。チケットにも「ビジネス」て書いてあるのに分かりづらいったらありゃしない。不慣れな貧乏人はどうしてもおずおずと申し出るカンジになるよ。

でこれがそのダイナスティの機内食(前菜)。テーブルにはクロスがかけられ、食器はセラミック、ガラスのグラス(同語反復)、ナイフとフォークも金属製。脚を投げ出して座っても前を人が通れるし両肘を肘掛に乗せてもとなりと接触しない。メインのステーキ肉も血の滴るような(死語)ぶ厚いやつだったよ。

-------------------------------------------------------

どうやら「ダイナスティクラス」は成田というより、中華航空のオリジナル商品名みたいだ。その中華航空もあんなことしでかして以来、結構いろんなことが公然と語られだした。個人的にいくら安くても大韓航空だけは避けてたが、中華航空はもうちょっと大丈夫な気がしてたんだけど。でも大韓航空の胡散臭さと、中華航空やキューバ航空が事故率突出してることなんかは、実はここでも書いたことがある。イメージっていい加減だ。さて今後の方針が問題だ。

「ダイナスティ」 ミニリンク集      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

宝麗来

Dscn6527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

台風一過なのに既に手摺は花鉢でいっぱいだ

Dscn6524

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

中国郵政

Dscn6523_china_post接客態度 30点
英語力    5点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

pen-D レストア ミニリンク集

pen-D 直すのなんて旧車のレストアみたいなもんだ、と冷笑気味に書いてたが、例によって逆検索たどってみると…

出てくる出てくる。世の中には物好きがこんなにいるのか。
       まだいっぱい出るけどキリないからこんなもんで。
Dscn7443_tomato
(写真は pen-D とは無関係)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

元禄回転寿司

Dscn6522 入らなかったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

ゴミ箱

Dscn6521リサイカブル用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

もっと建設ラッシュ

Dscn6519 ちょうど台風一過のタイミングだったので、雲がなかなかダイナミック。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

ツチクジラミニリンク集

アクセスログ逆サーフィンシリーズ。「ツチクジラ」編。     

Dscn7297_2 クジラの話に関して言えば、私も一日本人として緑豆関係の話には辟易するし、マスメディアのこの手のミスリード(とは言えほとんどの人がこの偏った記事の本質→『捕鯨船とクジラの噴気を発見し、近付く』というウォッチング船の暴挙 については、正しく読み取っていたようだ … 以下はまったくの想像だが、このネタおそらくエバーグリーン側からもともと政治的な意図を持って持ち込まれたものだろ。だもんだから毎日の記者もついついソースよりの視点で文章を組んじゃったんじゃないのか?そこここに読解のヒントがちりばめられているのはせめてもの良心というべきか。)は断固として糾弾すべきことだと思うし、なによりクジラ旨いじゃんと思っていたし、基本的にはいまもそうだ。ただし、あるサイトで見た次のような指摘には正直ハッとさせられた。曰く、

 野生の大型哺乳類を商業的に捕獲するのは現代では他に例がない。

一部の狂信的な動物愛護グループを除いては、食文化というキーワードのもとに心情的にかなり一枚岩と思える日本人の視点には、実はこの視点がすっぽり抜けているのは否めない。そう考えると、国際会議で合衆国の連中が捕鯨の「商業」性にこだわるのも納得はいかないが*)理解はできる。だからこそイヌイットやネイティブアメリカンには、「自給」的な狩りの特権を与えてもいる訳だ。   *)もともと減らしたのはお前らだろ?てのは当然残る。

われわれは食文化の独自性という点において自らをイヌイットやネイティブと同列においているのだが、商業性という観点からは確かにそうもいかない。まあクジラなんかはもともとデカイから「自給」の枠内に(歴史的にも)収まってきたわけないんだけど。
それはともかく、高等だからとか脳が大きいからとかではなく、単に繁殖効率の点からみて、やはりマグロみたいな勢いで採るわけにはいかないだろう。もうひとつはヤンキー史観から言って、もう高度資本主義社会の物流にのせていくための食肉については、システム化された管理の枠内でおこない、野生生物の狩猟は許されないことではあるのかも知れない。今までの流れを考えると結構頭にくる話だが、ここ数十年の異常な地球人口増加率から言って、その辺についてはなかなか知らん振りできないことになってきているのは否定できないだろう。
なんだか心情的には捕鯨文化支持派のくせに、上述のテーゼに誠実に対峙しようとしているせいで文章がグダグダになってますが、ようするにこういうことだろう → つまりアングロサクソンが長い歴史を経て牧畜文化を育て上げてきたのだから、おまいら海洋民族もその辺なんとかしろ、と。おそらく一部(?)の何でも擬人化して(ものすごく主観的でトンチンカンな)感情移入したがる一派をのぞけば、実は奴らはクジラの養殖で納得するはずだ。で、問題はその生簀で、南部地鶏みたいな育て方をしたいならせめて火星くらいのサイズが必要になってくるということ。ブロイラーにするなら船橋港でもいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

とにかくもう建設ラッシュ

Dscn6518

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

混沌とした新陳代謝

Dscn6516_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

花粉リポート 2007秋

9月19日(火)最高気温27℃(我孫子観測所)

昨夜より目のかゆみ、冷え腹、軽い咳、鼻水
今朝から鼻水連綿、くしゃみ連発…日中百回ほど(誇張なし)

千葉県北西部、花粉秋の陣スタートです。 Dscn7528_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

ビルの向こうに海と島

Dscn6515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

タイ旅行記リンク集とワットポー入れない詐欺

アクセスログ逆サーフィンシリーズ。「タイ旅行記」編。      

個人的には  が感慨深い。ほぼ同じ内容を体験したから。

>通りがかりのおじさんが「今日はお祈りの日で、セレモニーがあり、ワットポーには入れない」

はいコレ同じ。正確に言うと「○○時までは入れないので、その時間を利用して…

>30バーツ(日本円で90円)で4つの寺院を回ってくれると言う。

値段は忘れたけど「4つの寺院を回ってくれる」もたぶん同じ。Dscn4270_2
最初はなんだ気の良いオヤジがいろいろと親切に世話焼いてくれてるのかと思って、素直に話を聞いていたのだが、後半になってから買い物(うちらの時はタイシルクかなんかだった)の話ばかりで胡散臭くなってきたので、最後は分かった分かったもういいからとオヤジを振り切ってスタスタ歩いていった。
で、件のサイトの書き手も、最後はだまされなくてラッキーと書いてるんだが、ただし彼はいっこ大きなミスを見逃している。
というのも、俺達はオヤジを振り切った後、とりあえずワットポーの塀沿いに歩いて路地を曲がった。その先に入り口があり、あーあ今日入れないのか、と中を覗いたら何のことはないフツーに観光客がうろうろいるじゃないか。まあ詐欺だということを前提に考えれば当たり前の話なんだけど「ワットポーには入れない」というところからウソ話なわけだ。

俺達が覗いた入り口(裏手っぽい)はわりと人通りも疎らな路地にある。一方、対面の正門ぽい方は広い道に面しているが、どちらかというと車ばかりで歩行者は多くなく、大概の観光客は大型バス横付けで乗り込んでくる。そして詐欺オヤジの待ち構えてる通りが目抜き通りで、ガイドブック片手の旅行者が地図を確認したりしがちな交差点だったりするんだが、ポー寺的にそのサイドは一面塀が続いていて、要するに入り口が結構分かりずらい配置になっている。いまにして思えば、まさにあのポイントは詐欺オヤジの格好の釣り場だったわけだ。ポー寺ひとまわりしてタイマッサージも受けて出てきたら、まだオヤジその辺にウロウロしてやがった。もうこっちにはちらとも目を向けなかったけど。さっきはあんなに親しげに話をしたのに。ちなみにオヤジは結構日本語が上手く、おそらく日本人専門なのでお気をつけアレ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月15日 (土)

プラモデルカメラリンク集2

プラモデルカメラリンク集 第二弾   とか  とか  とか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

ホテルから見下ろす

Dscn6514 ホテルはクラウンプラザ・ハーバービュー。ホリデイ・イン=インターコンチ系の4つ星。

建設ラッシュ現在進行形。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

厦門空港

Dscn6506 Dscn6508

イミグレーションを出て税関へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

jal の機内ワイン

Dscn6504_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

機内食

さすがいろいろあっても JAL は JALDscn6503

ところで厦門には数年前から直行便が出ている。ANAは週3、JALは週1なんだけど、今回一月くらい前に当たってみてANAは満席。でもJALは取れた。その辺大丈夫なのか。オレが心配することじゃないし、まあANAは厦門直行便をキャンペーン張ってプッシュしてたりもしたから多少は割引く必要があるけど。
いづれにしても(後から聞いた話では)このクソ暑い時期に観光で訪れる日本人はほとんどいないらしい。

補足メモ 成田での両替レート 1元=17.61円(2007/08/10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

成田発JL607便

我孫子から空港第2ビルへの直通電車に乗るためにちょっと頑張って早めに家を出る。電車の乗り換えは一回で済む。でも早すぎて駅までのバスがないのでタクシー呼ぶ。空港には07時よりも早く着いてしまい、朝食に選ぶほど店が開いていない。Dscn6499

0910発のJL607にチェックイン。JALと厦門航空のコードシェア便。(実はこの便、前日はこんなカオスになってたらしい。スゲエ大変そうだけど、後になってみるとある意味おいしい。のか?)機体はB767-300、のはずなんだけどいま手元にある半券の座席番号49Dってのがよく分からない。767は50列もないはずなんだけど。よく分からないけど翼付近のほぼ中央だった。エンジン双発だったから臨時に747ともってきたとかではない。席番号の振り方に癖がありそう。

飛行時間4時間ほどだから座席スパンの狭いのはまあ我慢できるけど、今回は前の列の3人組が傍若無人で参った。一人は離陸前からいきなりリクライニングをガコンと倒しやがって。さすがに仲間の一人が離陸のときはダメだと教えてやってたけど、食事のときはそいつがスッチーに注意されてた。ついに降りるときまで後ろの(こちらの)気配をビタイチ窺おうともしなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

プラモデルカメラリンク集

長々といくぶん冗長にPカメラの製作過程をアゲ続けたわけだが。
たぶんコレ同じものだと思う(トイザらスで売ってんだ)。ショップによるスペック信じると、

<シャッター>1/125
<絞り>F9.5

ということらしい。うーんそれにしちゃちと暗くねーか?

それはともかくプラモデルカメラリンク集      
こうしてみると、カメラがチャチというのは却ってウデの差が如実に出るなあと感じる。ある程度裏付けを伴った撮影と、感性(だけ)に頼ってなんとなく雰囲気で撮った写真とはハッキリ分かれる。どれがどれだとは敢えて言わないけど。感性(だけ)に全面的に寄りかかるゲージツというのは、天才だけに許される贅沢なのでは。ただ凡夫が技術を磨いてつくりあげるものに、それと同等以上の価値を認めるのにもやぶさかでないが。また天才に腕を磨かれちゃうともう誰も敵わないかというと、意外とバランスがおかしくなっちゃってたりして世の中難しい。でもやっぱり天賦の才のない人が、勉強する手間省いちゃうのは一番ダメな感じがする。

   オレのことか?

写真の理論とか七面倒くさいよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

トワイライト

Dscn6494 それではそろそろこの夏のメインの写真整理を始めます。

今回は05時出発予定。よって夜明け前に起床。わずかに開け始めた東の空とまだ煌々と明るい月 の図。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

ツチクジラ

夏の終わりに和田浦のクジラ解体を見学してきた。さるブログで告知があり、朝?2時スタートに間に合うように0時に家を出て、完成したばかりの館山道経由で富浦まで一気に走った。 房総の先っぽをサクッと横切り、和田付近で同じ穴の車らしきものが港のほうへ折れていく。行く手に目をやると、処理場らしきところに煌々と明かりが灯っていたのですぐにそれと分かった。Dscn7296_2

今年の捕獲割り当て最後の一頭という こともあり、この丑三つ時にかなりの人が集まっていた。

和田で捕っているのはツチクジラ。クジラとしてはそれほど大きい部類ではないが、それでもやはり間近でみるとかなりの迫力。それが見事な手際で解体されていく。現場では音や匂いも加わって、独特の何とも言えない雰囲気。深夜に車を飛ばしてくるだけの価値はある。Dscn7395

4時近くに作業が一段落したので、車で仮眠を取り6時過ぎに2kg弱の一番小さいかけらを買い、トロ箱に氷と一緒に詰めて傷まないうちに寄り道せずに真っ直ぐ帰宅。ウチで一眠りした後、刺身と空揚げで戴いた。実に旨かった。

ただ、夢中になって相当数シャッター切ったのだが、理科的な資料写真としてはともかく、(後になってみると)サイトにずらずら並べるにはちと痛い。ありていに言えば大型哺乳類の解剖写真だからね。というわけで、まあ雰囲気の伝わりそうなロングショット2点、少し小さめであげときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

ガソリン小分け売り

過去記事サルベージシリーズ
------------------------------------------------------------------------

Dscn4407_gas ガソリン並べて売ってんのか!?

 

 

 
 

------------------------------------------------------------------------

というのは2007年2月19日 (月)のエントリ『島のバイク屋』ですが、書きつつ真偽についてはいやまさかしかしという気持ちが強かったですよ。口にティッシュ突っ込んだらまんま火炎瓶じゃないのか?とか。暑さで破裂したりした日にゃえらいことにならないか?つか、ビン半分くらいって一番危ない詰め方じゃないか?いやわざわざ着色はしてあるけど実はこの国ではエンジンオイルこの色で売ってたりするんじゃないの、いや、にしてもオイルこんなに並べてもそうしょっちゅうは売れないだろ、やっぱフツーにガソリンか?とか、
実は自分が一番ハテナマークのオンパレードだったんですが、

こんなエントリを見つけた→http://plaza.rakuten.co.jp/mettylee/diary/200709030000/
中国福建省ではペットボトルに詰めて売ってるらしい。東南アジアスタンダード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

阿里山森林鉄道リンク集

過去ログサルベージ】

Photo  阿里山森林鉄道の勇姿。軌道間762mmディーゼル機関車+客車2両押し上げ方式。最急勾配66.7‰、最小曲線半径30m、隧道数56箇所、途中には3重スパイラル線や4度に及ぶスイッチバックなど。鉄ちゃん垂涎もむべなるかな。

【でもって関連リンク集】 →      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

プラモデルカメラミニギャラリー

P085_3 P085_4 P085_5 P085_6 P085_7 

ちょっとむずむずしたけど参考のために色調調整とトリミングはしないであげてみました。
F値不明、シャッター(バネ仕掛け)速度やはり不明。
フィルムiso800(ただし2~3年押入れに転がっていたもの)

というすさまじい条件にしてはまあそこそこ普通に写ってます。とくにコレ(サム)くらい縮めると、なんとなくカッコよく見えたりして。拡大すると多少粒子の粗さは目立つけど、Pカメラらしい(美味しい)ところはむしろまあ明るい昼間に撮ったときの中央と周辺の光量差くらいか。
そもそも一度pen-Dに入れたフィルム取り出して使ったりかなり酷いことしているので、フィルム自体生きてた枚数はそんなに多くないんだが、思ったよりも広角に写りこむので、焼いてみると構図がなんだかビシッとしてないことが多く、一本目のフィルムは実のところボツ扱いのつまらない写真が多かった。広角を活かす撮り方を考えなきゃ。まだしばらく遊べそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

最終工程 巻取りノブの取り付け

Dscn7208_2  フィルム巻き取りノブのツマミ部分

Dscn7209 巻取りレバー

Dscn7211 レバー受け部

Dscn7212_2 さらにレバー受け受け。これを回して巻取り動作を伝える。

これらを組み合わせると…Dscn7213_2 

このようになる。

本体に取り付け…Dscn7214

Dscn7217 ついに完成。千五百円(プラモデル)にしちゃなかなかシックだ。

Dscn7218 Dscn7216

ちょっと長く引っ張り過ぎた感もあるが、これにてPカメラ製作記了。次回はミニギャラリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

【スパム】ライフドアから招待されたよ!【その4】

差出人 : lifedoor<lifedoor_sns@chenmn.inf>
題 名 : 久美子さんから招待状が届いています。
送信日時 : Thu 08/30/2007 20:36:06 JST
------------------------------------------
こんにちは!人と人とを繋ぐライドア運営事務局です。この度、久美子 さんがあなたを
ライフドア(SNSコミュニティー!)へご招待しています。
ライフドアへのご登録・ご利用は全て無料です。

▼ライフドア(SNSコミュニティー!)へ参加
ttp://www.apple-bathset.net/lifedoor-sns(無料招待状)
参加後、久美子さんと連絡を取ることができます。

■久美子さんからのメッセージ:あなたが私の初恋の人に似てたのでちょっと照れくさかったです(/-\*)気になっているので少しだけでもいいのでお話できないですか?こういう出会いも何かの縁だと思うので大切にしたいです(o^-^o)  デアッテネエ・・・

Q.ライフドア(SNSコミュニティー!)って何? ウン、ソレハキキタイ!

ライフドア(SNSコミュニティー!)は、メンバーより招待された方のみで構成されている
国内最大級(!)のソーシャルネットワーキングサイトです。
ライフドアなら日記の読み書きはもちろんのこと
相性マッチング機能であなたにぴったりな相手を簡単に見つけることができます。

▼ライフドア(SNSコミュニティー!)へ参加■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
楽しさ無限大! ~ 新しい形のコミュニティーをプロディース ←プロディース?
運営会社  :(株)ライフドア
住  所  : 東京都港区六本木3丁目10グランドタワー32F
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

港区六本木3-10に30階超のグランドタワーなんて存在しないみたいです。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

工程ⅩⅥ ボディ周りのボタン類

Dscn7200_2 フィルム巻取り用リセットボタン

Dscn7201_2 本体下部に取付け

Dscn7202 ストラップもひっかけておく

Dscn7204 もうひとつ透明部品があり、何かと思っていたらシャッターボタンだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »