« ユリッペからの続伸 | トップページ | yahooo からのお知らせ »

2007年8月 9日 (木)

誰のための著作権だ?

どこかの国の社団法人を髣髴とさせるようなはなしです。

→プリンスの曲に合わせて踊る幼児のビデオを、著作権の侵害として削除したUniversal Music Publishing Group(UMPG)(ウェブ魚拓

なんだか価値判断が上手く付かなくなってきたら、考えるべきことはひとつだと思います。音楽文化を豊かにするのかそれとも阻害するのか。
この場合子供の映像の流布は庶民に浸透したポピュラーミュージックの還流によってさらなる裾野拡大の要因になり得るものだと思います。逆にこんなところからもカツアゲしていこうという権利団体の横行は間違いなく音楽文化を萎縮させていくものです。どこかの国の社団法人も何だかんだと理屈をつけて恫喝と自己正当化をかさねていますが、往々にして実態はこんなものでしょう。

Dscn6038_44

|

« ユリッペからの続伸 | トップページ | yahooo からのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/16055568

この記事へのトラックバック一覧です: 誰のための著作権だ?:

« ユリッペからの続伸 | トップページ | yahooo からのお知らせ »