« | トップページ | 時事や共同のいい加減さは薄々 »

2007年7月13日 (金)

キャメロンのCF オリビアのザナドゥ

キャメロンのCF、バックにオリビア・ニュートン・ジョンの「ザナドゥ」が流れてます。ジェフ・リンの作曲でバッキングもELOという贅沢なつくり。(でありながら日本では「フィジカル」なんかのクソみたいな方がメジャーなのはどういうわけだ?とか思う。)中学生の頃、小遣い少ないのにLPジャケ買いして引き当てた名作ですよ。レコパルのレビューかなんか読んだのかな?オリビアの声も一番いいときで、「そよ風の誘惑」も凌ぐベスト・パフォーマンスと密かに思ってます。

オリビアのミュージカルというと何といってもトラボルタと競演の「グリース」が有名で、こちらはわりとしばしばTVなんかでも放映されるので私も観ました。まあ音楽は普通ですが、ストーリィのあまりのくだらなさに唖然とした記憶があります。一方「ザナドゥ」の方は実は未見。「グリース」と違ってトラボルタの看板がないせいか、メジャー度がまるでない感じ。(とは言え今にしてみるとジーン・ケリー!出てるんだよな)少なくとも音楽に関しては全編に渡ってELOがフォローしてる筈なので、悪かろうはずがないんですが…。中学生時代から観たい観たいとは思っていましたが、とくに当時はVHSビデオですら単価がめちゃくちゃ高いうえ、タイトルが非常に限定されていましたから、なんかの拍子にリバイバルとかTV放映とかないと観ることはかなわなかったわけです。一度千葉テレビで「サタデーナイトフィーバー」「グリース」と2週続けたので、期待感を持って翌週チェックしたけど(当然)「ザナドゥ」まではフォローされなかったとほほということもあった。で、とかなんとか書くのに少しネットで資料にあたってたら、今はつくづく便利だなあ。やっぱり若いオリビアいいね!キャメロンのCFもかなりいいけどな。そしてDVDも…こんなに簡単に手に入るとは。観たらまたレビュー書きますよ。
調べついでに「フィジカル」確認したらこっちはTOTOかよ!Gt.はスティーブ・ルカサー!?
まああとギリでベストヒットUSAとプロモのブームに乗ったのが大きいのかな。「ザナドゥ」の時はまだPVないもんな。俺の中では「クソ」評価なんだけどなあ。

|

« | トップページ | 時事や共同のいい加減さは薄々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/15709993

この記事へのトラックバック一覧です: キャメロンのCF オリビアのザナドゥ:

« | トップページ | 時事や共同のいい加減さは薄々 »