« 五月の reitaku green | トップページ | »

2007年6月 6日 (水)

ニューロマンサー

考えてみれば発表からかれこれ23年!自分で書いてて唖然。
あの頃の「近未来」をまさにいま生きている訳で、例えばこんな現実が。

にしても何かしらこうしたニュースにちょっとセンスオブワンダーが足りない気がするのは、自分の生活時間が「近未来」に追いついてしまったためにどうしてもそこに糠みその臭いがしてしまうせいか。とはいえサイバーパンクの魅力の一つはそこにある垢じみた生活感のディティールでもあったはず。だがそれはあくまで「ここではないどこか」の前提が暗黙のうちに設定されていたからこそなのか。

また当時のカナダはどうだったのか、少なくとも黒丸訳が出た当時の日本社会はバブルとプラスチックの極みにあり、無機質な時代に居ながら汗臭い近未来を覗き込むことに妙なワクワク感があったのかも知れない。それだけにイザナギ越えても社会全体の空気がどこか貧乏臭いこの時代にあっては、いったん「あの時代」に立ち位置をスライドさせてからこうしたニュースを覗き込む手続きをしないとなかなかワンダーをかき立てられなくなっている。すでに僕らにとってのレトロフューチャーは、小松崎茂のニュートーキョーよりもギブソンのチバシティそのものなのかも。Dscn6025_green

|

« 五月の reitaku green | トップページ | »

コメント

投稿: histamine | 2008年10月 4日 (土) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューロマンサー:

« 五月の reitaku green | トップページ | »