« 北方担当 多聞天 | トップページ | ニューロマンサー再読 »

2007年6月27日 (水)

著作権もう一考

1 例のアップルブチ切れ声明については、何てこと言うんだというクリエータの声もあったりもします。ヒットチャート的ではなく、素材職人的な製作をメインにしている作り手としては、ジャスラックに権利関係を管理ウォッチしておいてもらうことは、死活問題といえるのかもしれません。

一方「もっと言え派」の言い分の中で、やはり見過ごせないのは、
「著作権のあるデータを買う時」「ブランクメディアを買う時」の2回著作権を支払っている。その上ハードからまで取る?

もうね、この点に尽きると思う。平沢進御大のようなアーティストとの直接的なデータ売買が一般化しちゃうと、中間マージンとりそこねるってことでしょ。だからメディアやハードにも税金なみに網をかけたい、と。

まあいろんなところでいろんな人が生活かかってるわけで、中古CDばっかり買い漁ってる人間があまり軽々に口挟むのもどうなんだといったところですが、こういうの見ちゃうとねえ…

|

« 北方担当 多聞天 | トップページ | ニューロマンサー再読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/15571033

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権もう一考:

« 北方担当 多聞天 | トップページ | ニューロマンサー再読 »