« 著作権もう一考 | トップページ | やはりどうしてもjasracは日本の音楽文化を阻害しているとしか思えない »

2007年6月29日 (金)

ニューロマンサー再読

してみました。気付けばずいぶん久しぶりだ。

かつては冒頭チバシティの細かい描写を、疾走感のある文体に流されて雰囲気で読み飛ばしてたが、いまになってじっくり味わいながら読んでみるとこれがなかなかどうしてイイ!改めてああこういうことを書いていたのかー、といろいろ発見も。ということで忘れてたことも多いので思いつくままに【memo】

・いきなり3行目、ケイスの入るバーは仁清(ニンセイ)通りの《茶壷》、通称《チャット》。(ちなみにこれ出版は1984年!)

・チャットのビールはキリンの生 → そういや俺のキリン贔屓はこの影響が大だった!

・マスターは《ラッツ》。120kgの巨漢でスキンヘッド。片手はソ連の軍用義肢。

・ケイスの元カノは《リンダ・リー》。《上唇の線が、空を飛ぶ鳥を描く子供の線画と同じ》。灰色の眼の輪郭を黒の化粧スティックで塗っている。二十歳。

・ケイスは二十四歳、かつての師匠はマコイ・ポーリーとボビイ・クワイン。蹉跌の原因は《雇い主から盗んだ》ことによる。怖い人たちに捕まって、ソ連製真菌毒で神経系を損壊。《損傷は微小で微妙。それでいて完璧な効果を発揮した。》千葉へは治療法を探しに来たが、持ち金全部吐き出しても見つからず。《最初の一ヵ月で男ふたりと女ひとりを殺した》《この町で最迅速で、いちばんいい加減な取引をしていて、必要なものならなんでも手に入れてくる男、と評判になっている。》潜在的な自殺願望がある、とアーミテジのプロファイリング。こうしたやけっぱちは《究極の独り遊び(ソリティア)》 →にしてもデフォルトで人殺しの主人公って…

・タバコは叶和圓(イエヘユアン)。 → ピースライトとかこれのつもりで吸ってたなあ。

・《棺桶(コフィン)》のサイズは長さ3m、幅1m、高さ1.5m。意外とカプセルホテルよりだいぶ広い。

・《日立に納めたやばいRAM3メガバイト分》 ま、データ量がすべてではないけどね…Photo

|

« 著作権もう一考 | トップページ | やはりどうしてもjasracは日本の音楽文化を阻害しているとしか思えない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/15590561

この記事へのトラックバック一覧です: ニューロマンサー再読:

« 著作権もう一考 | トップページ | やはりどうしてもjasracは日本の音楽文化を阻害しているとしか思えない »