« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

やはりどうしてもjasracは日本の音楽文化を阻害しているとしか思えない

Photo_1

ちょっと調べるとまた実にいろんなことやってますね。プライベートパーティに潜入して会話を録音とか、何をどう勘違いしたらそんな浅ましい真似ができるのか。こういうプランを立てて実行する職員は仕事にのめり込んでいるのか自分を見失っているのかその両方なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

ニューロマンサー再読

してみました。気付けばずいぶん久しぶりだ。

かつては冒頭チバシティの細かい描写を、疾走感のある文体に流されて雰囲気で読み飛ばしてたが、いまになってじっくり味わいながら読んでみるとこれがなかなかどうしてイイ!改めてああこういうことを書いていたのかー、といろいろ発見も。ということで忘れてたことも多いので思いつくままに【memo】

・いきなり3行目、ケイスの入るバーは仁清(ニンセイ)通りの《茶壷》、通称《チャット》。(ちなみにこれ出版は1984年!)

・チャットのビールはキリンの生 → そういや俺のキリン贔屓はこの影響が大だった!

・マスターは《ラッツ》。120kgの巨漢でスキンヘッド。片手はソ連の軍用義肢。

・ケイスの元カノは《リンダ・リー》。《上唇の線が、空を飛ぶ鳥を描く子供の線画と同じ》。灰色の眼の輪郭を黒の化粧スティックで塗っている。二十歳。

・ケイスは二十四歳、かつての師匠はマコイ・ポーリーとボビイ・クワイン。蹉跌の原因は《雇い主から盗んだ》ことによる。怖い人たちに捕まって、ソ連製真菌毒で神経系を損壊。《損傷は微小で微妙。それでいて完璧な効果を発揮した。》千葉へは治療法を探しに来たが、持ち金全部吐き出しても見つからず。《最初の一ヵ月で男ふたりと女ひとりを殺した》《この町で最迅速で、いちばんいい加減な取引をしていて、必要なものならなんでも手に入れてくる男、と評判になっている。》潜在的な自殺願望がある、とアーミテジのプロファイリング。こうしたやけっぱちは《究極の独り遊び(ソリティア)》 →にしてもデフォルトで人殺しの主人公って…

・タバコは叶和圓(イエヘユアン)。 → ピースライトとかこれのつもりで吸ってたなあ。

・《棺桶(コフィン)》のサイズは長さ3m、幅1m、高さ1.5m。意外とカプセルホテルよりだいぶ広い。

・《日立に納めたやばいRAM3メガバイト分》 ま、データ量がすべてではないけどね…Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

著作権もう一考

1 例のアップルブチ切れ声明については、何てこと言うんだというクリエータの声もあったりもします。ヒットチャート的ではなく、素材職人的な製作をメインにしている作り手としては、ジャスラックに権利関係を管理ウォッチしておいてもらうことは、死活問題といえるのかもしれません。

一方「もっと言え派」の言い分の中で、やはり見過ごせないのは、
「著作権のあるデータを買う時」「ブランクメディアを買う時」の2回著作権を支払っている。その上ハードからまで取る?

もうね、この点に尽きると思う。平沢進御大のようなアーティストとの直接的なデータ売買が一般化しちゃうと、中間マージンとりそこねるってことでしょ。だからメディアやハードにも税金なみに網をかけたい、と。

まあいろんなところでいろんな人が生活かかってるわけで、中古CDばっかり買い漁ってる人間があまり軽々に口挟むのもどうなんだといったところですが、こういうの見ちゃうとねえ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

北方担当 多聞天

Dscn6038_35_north

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

東方担当 持国天

Dscn6038_34_east

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

南方担当 増長天

Dscn6038_33_south なにもわざわざコレ↓をヘッドラインにあげとく意味はないのでこのへんに降ろしときます。

「 ぶっちゃけますが旧サイト【ヒスタムゲイトウェイ】はしばらく放置します。 ブログでヘッドライン出せるのと、バンドの同時並行がめっきり減ったのが主な理由です。」

ついでに意味がつながんなくなっちゃったコレ↓も再掲しときますよ。

「もうね、こういうブログのスタイルに慣れちゃうと実際「作成君」いじるのすらかったるいのが本音です。ヒマなときに体裁だけは整えとこうとか思うんだが。。。まあまた3つくらい並行してやり始めたらテコ入れるかもしれません。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

真打ち登場~四天王

Dscn6038_32 on西方 広目天

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

おきらくごくらく

Dscn6038_30 かくありたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

卍池全景

Dscn6038_29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

つがい

Dscn6038_28これも卍池。おじじ。

あとこれ紹介しときます。
アップル激怒、文化庁には著作権行政の資格無し

社保庁同様まじめにやってる末端職員には申し訳ないけど、基本的にはもっと言え、と思う。どうみても官庁が利権にたかってるようにしか見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

新シリーズ 長谷寺の愉快な仲間たち

Dscn6038_27 卍池のおばば

もうね、こういうブログのスタイルに慣れちゃうと実際「作成君」いじるのすらかったるいのが本音です。ヒマなときに体裁だけは整えとこうとか思うんだが。。。まあまた3つくらい並行してやり始めたらテコ入れるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

7/22(日) 森のホール 14:00開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

気と空

Dscn6023_tree

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

Dscn6024_bluesky 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

ニューロマンサー

考えてみれば発表からかれこれ23年!自分で書いてて唖然。
あの頃の「近未来」をまさにいま生きている訳で、例えばこんな現実が。

にしても何かしらこうしたニュースにちょっとセンスオブワンダーが足りない気がするのは、自分の生活時間が「近未来」に追いついてしまったためにどうしてもそこに糠みその臭いがしてしまうせいか。とはいえサイバーパンクの魅力の一つはそこにある垢じみた生活感のディティールでもあったはず。だがそれはあくまで「ここではないどこか」の前提が暗黙のうちに設定されていたからこそなのか。

また当時のカナダはどうだったのか、少なくとも黒丸訳が出た当時の日本社会はバブルとプラスチックの極みにあり、無機質な時代に居ながら汗臭い近未来を覗き込むことに妙なワクワク感があったのかも知れない。それだけにイザナギ越えても社会全体の空気がどこか貧乏臭いこの時代にあっては、いったん「あの時代」に立ち位置をスライドさせてからこうしたニュースを覗き込む手続きをしないとなかなかワンダーをかき立てられなくなっている。すでに僕らにとってのレトロフューチャーは、小松崎茂のニュートーキョーよりもギブソンのチバシティそのものなのかも。Dscn6025_green

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

五月の reitaku green

Dscn6026_reitaku_green

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

reitaku? の statue

Dscn6027_reitaku_statue_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

紫陽花とインパチェンス

Dscn6033_1 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »