« (カイワレ)ダイコンの花が咲いたよ | トップページ | ユスラウメも咲いた! »

2007年3月26日 (月)

木星について

Dscn5578_ima_1平原綾香がジュピターを当てたことによりクラシックを一般に敷衍したみたいな言われ方がよくなされたが、もともとあのメロディは民謡からのサンプリングだろ?本来の管弦楽曲としての木星はその前後の管大活躍のパートを含めてこそ。サウンドや構成の妙はそこでいかんなく発揮されるわけで、そこへ民謡パートが挿入されることで情動を揺さぶる仕掛けになってるのであって、言ってみれば民謡パートに歌詞をつけて歌謡曲にするというのはまあ振り出しに戻っただけでなんか発展性とかクリエイティビティとかとは無縁な話かなあ。

|

« (カイワレ)ダイコンの花が咲いたよ | トップページ | ユスラウメも咲いた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/14399758

この記事へのトラックバック一覧です: 木星について:

« (カイワレ)ダイコンの花が咲いたよ | トップページ | ユスラウメも咲いた! »