« | トップページ | ガセかーっ! »

2006年3月 3日 (金)

@nifty:NEWS@nifty:屋久島で“幻のゾウムシ”撮影(共同通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:屋久島で“幻のゾウムシ”撮影(共同通信).

象の鼻のように長く伸びた口(口吻(こうふん))で知られるゾウムシの中でも特に口吻が長く、“幻のゾウムシ”ともいわれる鹿児島県・屋久島のツバキシギゾウムシを、屋久島在住の自然公園指導員中田隆昭さん(51)らが撮影した。ツバキの実に、鳥のシギのように長い口で穴を開け産卵することからこの名が付いたとされるが、ツバキにとまった姿が撮影されるのは非常に珍しいという。

[共同通信社:2006年03月03日 11時00分]


|

« | トップページ | ガセかーっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/8921231

この記事へのトラックバック一覧です: @nifty:NEWS@nifty:屋久島で“幻のゾウムシ”撮影(共同通信):

« | トップページ | ガセかーっ! »