« モラール・ダウソ! | トップページ | »

2006年1月26日 (木)

お年玉年賀はがきと郵政民営化

今年の年賀状はチェックしましたか?「なんか今年は当たりが少なかったなぁ」という人が多いのではないでしょうか。実は本当に少なくなってる。4等切手シートは昨年まで 3/100 の確率だったのが、今年は2/100なんだ。したがってやりとり総数が50枚程度の家庭であればかろうじて1枚当たるかどうか、ということになっている。

民営化を睨んでの合理化?1枚たかが50+80=130円分、あまりにもセコイ気がするけど、総発行枚数が40億枚、実はこれで52億円浮く計算になる。まあ渡した切手が即売り上げ減に直結するわけじゃないけれど、意外と馬鹿に出来ない。

にしても「セコイ」印象は拭えないし、「4等1枠減らした」と聞けば誰でも相当反感を感じるだろう。と思ったのかどうなのか、実は2等が1枠増えている。これでバランス取ってる。

取ってる?…取ってるように見せている。2等の当選確率は昨年の1/10万から2/10万に上がった。しかし100枚あたり130円を浮かせた分を吸収するには10万枚あたり13万円のせてトントンだ。今年の2等の賞品は「デジタルカメラ・ギフトセット・デジタルオーディオプレーヤー・腕時計・IH炊飯ジャー」のいずれか1点。10万もしないだろ。仮に3万円くらいとすると結局、10万枚につき10万円浮かせてる計算だ。40億枚だと、40億円。ふーん。

手が込んでる分、よけいにセコイ感じがする。なんなんだこの偽装工作みたいなの。誰なんだこういうアイディア考えるの。そもそも当たり減らそうって言い出したのは?当たり前だが郵政公社は淡々と当選番号だけ発表して、解説や弁解やましてや喧伝は一切無し。DSCN2814

競争力ってこういうことじゃないだろ?

|

« モラール・ダウソ! | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/8355344

この記事へのトラックバック一覧です: お年玉年賀はがきと郵政民営化:

« モラール・ダウソ! | トップページ | »