« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月26日 (木)

お年玉年賀はがきと郵政民営化

今年の年賀状はチェックしましたか?「なんか今年は当たりが少なかったなぁ」という人が多いのではないでしょうか。実は本当に少なくなってる。4等切手シートは昨年まで 3/100 の確率だったのが、今年は2/100なんだ。したがってやりとり総数が50枚程度の家庭であればかろうじて1枚当たるかどうか、ということになっている。

民営化を睨んでの合理化?1枚たかが50+80=130円分、あまりにもセコイ気がするけど、総発行枚数が40億枚、実はこれで52億円浮く計算になる。まあ渡した切手が即売り上げ減に直結するわけじゃないけれど、意外と馬鹿に出来ない。

にしても「セコイ」印象は拭えないし、「4等1枠減らした」と聞けば誰でも相当反感を感じるだろう。と思ったのかどうなのか、実は2等が1枠増えている。これでバランス取ってる。

取ってる?…取ってるように見せている。2等の当選確率は昨年の1/10万から2/10万に上がった。しかし100枚あたり130円を浮かせた分を吸収するには10万枚あたり13万円のせてトントンだ。今年の2等の賞品は「デジタルカメラ・ギフトセット・デジタルオーディオプレーヤー・腕時計・IH炊飯ジャー」のいずれか1点。10万もしないだろ。仮に3万円くらいとすると結局、10万枚につき10万円浮かせてる計算だ。40億枚だと、40億円。ふーん。

手が込んでる分、よけいにセコイ感じがする。なんなんだこの偽装工作みたいなの。誰なんだこういうアイディア考えるの。そもそも当たり減らそうって言い出したのは?当たり前だが郵政公社は淡々と当選番号だけ発表して、解説や弁解やましてや喧伝は一切無し。DSCN2814

競争力ってこういうことじゃないだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

モラール・ダウソ!

リンク: @nifty:NEWS@nifty:支持者子弟の就職口利き、愛媛県議の文書ネット流出(読売新聞).

教職員の資質向上にとって何が大きな妨げとなっているか、
を如実に示唆する事例。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

DSCN2813

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

ドラえもん最終話

巷(の一部)で話題のドラえもん最終話
ネットでストーリィが廻ってるときも読んだけど、「へー。」くらいの感想でした。

でもやっぱりこれをあのタッチで絵起こしされると、グッとこないわけにはいかない。
話自体は本来のドラえもんワールドに絶対あってはいけないものだとは思うのだけれど、御大自ら一度「さよならドラえもん」やっちゃったし、藤子的マンガ記号をああも的確に駆使されるといちいちツボに来ます。話の要約、構成、コマ割、すべてにおいてほとんど完璧(素人目には)。

ただこの作品に対して過剰なまでの反応を示しているのは、概して年齢層が高めのような。

今日はそこんとこについての個人的見解を。

ドラえもんは大好きだし、まんがも相当数読んでる。背景となる設定についてはもう国民的了解事項くらいに思ってるし、マンガ記号だ何だ言える位にはよく知ってるつもり。でも考えてみると、最近はTVで観ることをほとんどしないし、(第一声変わりした彼らをまだ聴いてない)。仕事も忙しいし。そういえば長編は「海底奇岩城」のあたりまでしか読んで(観て)ないなぁ。「宇宙戦争」とどっちが先だっけ?イヌネコの国の話はTVでチラッと見たけど、あんま面白くなかったような。これじゃさすがにコアなファンにはついてけないよね。というのがまあネット上においても平均像くらいに思ってるんだけど(自分を基準にしすぎか)。

まだまだ子供気分をひきずってるつもりでいて、そのじつ子供時代のダイレクトな手触りをいつのまにか遠くへ置き去ってしまっていた。そんな実はすっかり世間の垢にまみれた、ペン入れを省いてくすんでしまったのが、冒頭描かれる「いま」の(僕らの)視点。
ペンのインクも鮮やかな「あのころ」の頃の描写を挟み、物語は「いま」と「あのころ」が交互にカットバックしながら特異点へ収束してゆく。

ドラえもんが再起動し、「あのころ」の息遣いを第一声とともに発する。のび太としずちゃんが鮮やかなインクをのせられて「あのころ」にすうっと還っていくとき、僕らもまた、放課後の教室で、友達の部屋で、夏休みの勉強部屋で、一心にドラえもんを読みふけっていた「あのころ」の自分にフッと引き戻される。十数年の時を経てドラえもんに再会したのは、実は僕ら自身なのかも知れない。その感覚があのベタな感動話にのっかることで、どうしようもない切なさにもってかれちゃうのかも。
なんてことをチラと思ってみた。DSCN2812 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

@nifty:NEWS@nifty:中学教諭が試験採点せず、生徒らにでたらめな点数通知(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:中学教諭が試験採点せず、生徒らにでたらめな点数通知(読売新聞).DSCN2801

いまにして思えばこんなの昔はバレなかっただけなのかも知れない。

にしてもいい読経してると言うか何というか…南無。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラブ記者には荷が重いか?

堀衛門総攻撃の様相を見てると、内偵を続けてた検察が「よし、いける」という感触をつかんだ、というよりももともとネタ押さえてた誰かが、カードとして保持してて、じっと機を見てたんじゃないの?という週刊誌ぽい想定がホントっぽく感じられる。…アベちゃん?

議員の訴追って何があるんだよ?と詰め寄られたヒューザ代理人は思わず「例えば受託収賄とか…」と口走ったらしいが、こっちをもっと穿って欲しいなあ。

DSCN2784

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

@nifty:NEWS@nifty:陣営幹部の選挙違反で引責…松本議員が辞職願(夕刊フジ)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:陣営幹部の選挙違反で引責…松本議員が辞職願(夕刊フジ).

地元…

DSCN2591

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[memo]

…米国では人口1万人あたりのローヤーの数は28人を超えるが、日本はローヤーがはるかに少ないとされる(人口1万人あたり1人ちょっと)。

p.145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

DSCN2590

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

[memo]

カーミンは塩基性の天然色素でそのままでは水に溶けず酢酸に酢酸塩として溶解させる。塩基性色素はアミノ基などを持ち、水溶液中で正に帯電する。

核酸は糖がリン酸で結合しているが、結合に関与しないリン酸解離基のため酸の性質をもち、水溶液中で負に帯電している。

DSCN2588

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

@nifty:NEWS@nifty:アンリ、リーグ戦150点=イングランド・サッカー(時事通信)

DSCN2587 リンク: @nifty:NEWS@nifty:アンリ、リーグ戦150点=イングランド・サッカー(時事通信).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

DSCN2584

(2005トヨタカップ決勝。サンパウロ先制の直後。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

@nifty:NEWS@nifty:ニコン、フィルムカメラから事実上撤退・デジカメ事業に集中(ロイター)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:ニコン、フィルムカメラから事実上撤退・デジカメ事業に集中(ロイター).

DSCN2583

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

DSCN2626

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

念のためこちらにも

032edit

昨日のはぶちまけたパスタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

何に見える?

DSCN2601

正解は次回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

@nifty:NEWS@nifty:教員のIT指導力評価基準を策定、処遇にも反映へ(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:教員のIT指導力評価基準を策定、処遇にも反映へ(読売新聞).

>例えば、理科では火山が噴火した際に溶岩が流れ出る様子をパソコンのアニメーションなどで視覚的に解説できるかどうかや、体育では、跳び箱を跳べた子と失敗した子の動画を比較して、両者の違いを教えられるかどうかなど、具体的な指導の可否を盛り込むことを想定…

なんだこりゃ?

こんなのもあるわけだが…

DSCN2491

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の

Mステダイブ事件ならこのブログに詳しく書かれてるw
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=84955&pg=20021116 DSCN2489

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

DSCN2488

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

あけおめです

昨年暮れ、我が家にピアノが入りました。ヤマハです。DSCN2622

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »