« @nifty:NEWS@nifty:運転室に息子入れクビ…「厳しい」と抗議430件(読売新聞) | トップページ | JASRAC帝国 粛正の嵐 »

2005年11月15日 (火)

東武運転士解雇についても一度考えてみた

ネット上でも百花繚乱の感ですが、「事故がたまたま起きなかった(→結果オーライ?)」からって、事故が起きてしまったときと違う処分じゃまずいだろう、という視点はつい落としがちですが大きなポイントだと思います。となると問題は、この運転手の行為が事故につながる可能性はどうなのってこと。処分賛成派の中には、運転席に子供なんか入れたらどんな重大事故だって起こり得るにきまっとるやんけクソボケカス、誇張して言うとそのような一刀両断な見方もありますが(誇張しすぎました)、重要機器に3才児の手が届くような構造には見えないよ、という地元電車ファンの報告もあります(ページ下のコメント欄)。本当にこの処分が「安全を守る」ために最良の選択だっったかどうかには疑問を呈します。

 結局このニュースがこれだけの関心と反響を呼んだのは、処分の妥当性云々に関わらずスケープゴートにされたのが誰の目にも明らかだからだろう。踏切事故で叩かれたから?処分を下した会社の上層部(自分たちが現場に居た時代はもっともっといい加減なことやってたんじゃないの?そうした伝統をつくっといて後輩の尻尾切りって…おっと独り言)、の責任は?処分の決定に基準がない?ならスパイとリークを上手く使うと組合解体の道具にできるかな?ヒラメは生け簀に入れといて、五月蠅いのはばさばさ切ってくとかね。

妄想はさておき、本当に内々規すらないのかな?ないとしたらいろんな意味でスゲェ会社だし、あるんなら今頃ひた隠しにしてるんだろうなあ。とにもかくにも踏切事故で叩かれたので、今回は痛い目見る前に強い処分に出た、というのは誰の目にも明らかでしょう。そうまでして社員ではなく会社を守りに入ったわけですが、それでなおかつこれだけの反響を呼び、一部には強い反感を呼んだというのは、処分を出した側は何にも詰め腹切ってない、という点にあるんじゃないでしょうか。同じ会社の仲間(だから庇うというのは、世間は認めないでしょうけど)の”痛み”をまったく人ごとに扱う、悪いのは一運転士であって会社は厳正な処分をしたのですエッヘン、という所にみんなカチンと来てるんじゃないのか。つまりみんなが出したいのは、その前に会社の体質なんとかしろよ、というツッコミなんじゃないのかな。まぁそれと断片的な情報で抗議電話をかけるというのはまた別の話であるのだけれど。(マスコミもどうせニュースにするのなら、もう少し判断材料になるような具体的な取材をして欲しいんだけど)

|

« @nifty:NEWS@nifty:運転室に息子入れクビ…「厳しい」と抗議430件(読売新聞) | トップページ | JASRAC帝国 粛正の嵐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/7123461

この記事へのトラックバック一覧です: 東武運転士解雇についても一度考えてみた:

» 東武運転士懲戒解雇で賛否両論 [りゅうちゃんミストラル]
ニュースには多くの場合二面性がある。このニュースもそうだ。運転室に3歳の長男 東武野田線の運転士を解雇へ(asahi.com)事実関係は次のとおり。1、運転士の妻が長男ら子供2人を連れて乗っていた。2、運転士が客室側の扉を開けた。長男が入りこんだ。そのまま出発...... [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 18時32分

» 東武野田線の運転士を解雇へ [リップノブログ]
さて、ニュースという新しいカテゴリーを作り、なんとなく気になったニュースを載せていこうと思います。 今までの記事でもニュースっぽいものは、カテゴリーを変更しました。 さて今回は、運転室に3歳の長男を入れて、東武野田線の運転士が解雇されたという記事。 ...... [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 19時46分

« @nifty:NEWS@nifty:運転室に息子入れクビ…「厳しい」と抗議430件(読売新聞) | トップページ | JASRAC帝国 粛正の嵐 »