« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月27日 (木)

@nifty:NEWS@nifty:「男女産み分け」の子ども調査、米の医師チーム(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「男女産み分け」の子ども調査、米の医師チーム(読売新聞).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてこれを垂れ流すロイターの意図は?

リンク: @nifty:NEWS@nifty:教会に通う頻度高いほど高収入=米研究(ロイター).

教会に通う頻度高いほど高収入=米研究(ロイター)
 [ワシントン 25日 ロイター] 米マサチューセッツ工科大学経済学部のジョナサン・グルーバー氏は25日、教会に通う頻度が高いほど、世帯所得も高くなるとの研究結果を発表した。

 同氏は全米経済研究所(NBER)によって発表された研究論文のなかで、「教会に通う頻度が倍増すると、9.1%の世帯収入増につながる」としている。

 さらに、「おそらく信仰心が厚い人ほど、日常的な問題でストレスを受けることが少なく、結果として、就職や結婚などの場面で成功しやすいのだろう」との見解も述べている。

 また同じ宗教を信仰する相互依存的な民族社会で暮らす人々ほど、礼拝に赴く頻度が高いとしている。

 同研究は、教会を訪れる頻度と教育水準、収入、婚姻率などが相関関係にあるとしている。

[ロイター:2005年10月26日 20時13分]

----------------------------

またいったいどこの御用機関かと思えばMITですか。まいったな。天下のMITも経済学部はこんなものなの?

ていうか経済学部で相関と因果の区別がつかないんじゃ、どうしようもないだろ。(ふつうに考えても、収入増で余裕ができる→教会へ行く頻度があがる、のベクトルじゃないのか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

本文とはまた別件ですが、ところでY染色体継承説のアノ教授とか今後の立ち位置どうするんでしょうか?


ブッシュのブッ飛び加減にだんだん麻痺してきた今日この頃、偉大なる大統領様がお墨付きを出しちゃったこともあり、合衆国ではID(インテリジェント・デザイン)=『新装開店した創造説』の嵐が吹き荒れているようです。てかこの尻馬に乗っかる輩が最近日本でも目に付くようになりました、どころか、かなりアクが強いとはいえ認知度の高い一般紙であるサンケー新聞なんかでも大まじめにインタビュー載せちゃったりして、相当浸食が進んでる気もします。で結局誰がどうしたいのよ、と手繰っていくとこのあたりに大体の正解がありそうです。

なるほどアノ業界か・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

@nifty:NEWS@nifty:ニュートリノ装置故障で実験打ち切り…研究所公表せず(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:ニュートリノ装置故障で実験打ち切り…研究所公表せず(読売新聞).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンキーバナナでもう一回やるらしい。

Dscn5292edit_2
今年初めにネット通販で買ったヤマハのミディアムスケール。クセが無くて弾きやすいと思います。ピッチもムラがないし、チューニングも合わせやすい。なんちゃってベーシストとしては割といい買い物した気がします。ピックガードがないので、(あんまりピック使わない割に)細かいビートの若い曲を雑なピッキングで弾くこともあり、一部表面処理が剥げてきましたがそれもまた味かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

眠る時間を削るしかない…


仕事がてんこもりで首が廻らないですが、マリーンズがあんまりアツイ試合をするもんだから…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

いいもの見つけた!

私は「パソコン通信」の時代からのニフチーユーザーです。ニフマネ=ニフティマネージャを1時間以上かけてダウンロードしたり、更新版のDLでウィンドウズ95がハングアップしたりと痛い思いも経験し、刻々と激変していく通信環境にいちいち対応するほどのマメさはとうに捨てていたのですっかり見落としていたのですが、イイじゃないですか「マイニフティ」!それこそニフマネ思い出しますよ。いや見過ごしてたなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

よこしま?

なんかいいよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この本読み所が多くてお買い得だなあ(けどもはやアップトゥデートとは言い難い)

【メモ】またしてもM.リドレー
…従来、放射線治療や化学療法は、複製中のDNAにダメージを与えることで、分裂中の細胞を選択的に殺しているのだと考えられてきた。…そうした治療がDNAに与える損傷は、直接細胞を殺してしまうというほどのものではなく、P53に警報を発し、このタンパク質に細胞の自殺を命じさせる程度だというのだ。実は、化学療法や放射線治療は、ワクチン接種のように、身体の自己治癒を手助けする治療法なのである
ゲノムが語る23の物語・紀伊国屋書店

【追記】関連ニュース(共同通信社:2005年10月04日 18時05分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

DSCN1809

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

バカすぎる

リンク: @nifty:NEWS@nifty:銀座で男性狙いエアガン=「人を撃ちたくなった」-会社役員ら逮捕・警視庁(時事通信).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがちすぎる

リンク: @nifty:NEWS@nifty:国勢調査員装い書類回収名古屋(共同通信).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSCN1803

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

DSCN1785

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »