« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月22日 (月)

なにはともあれ壮大なホームドラマ・・・


【Cinema Review】エピソード3 その3

 のっけからの宇宙戦闘シーンはイイ!旧作ではスターデストロイヤーが真っ白で帝国の潔癖さがよく出ていたけれど、今作ではまだ『共和国』の船なためか、少しカラーリングとウェザリングされていて、その「汚し」具合もとても実在感あってイイ。

 と考えてみると、もともと1作目(エピ4)から「清潔感(潔癖さと恐怖の象徴?)あふれる帝国軍とやや薄汚れた(生活感と自由の象徴?)反乱軍」という構図はひかれていたのかも。デススター内部の真っ白な通路とXウィングの使い込まれた感じにその辺の対比が。

 それにしても、遠い昔はるかかなたの銀河系で、の話の割に誰も彼も(とくにジェダイの方々)がやたらと「自由と民主主義」を標榜するのはどうなのか。トップガンじゃないんだから。オリエンタリズムへの憧憬はやはり表面的なファッションか。砂漠惑星のアラブ趣味や黒沢トリビュートな殺陣、フォース=「気」とかタオイズムぽい奴らの哲学も、最終的にはあからさまなキリスト教的世界観に流れこむ。パンフでルーカスもはっきり言っちゃってるけどつまりは堕天使の「贖罪」物語なんでしょう。新3部作が楽園追放、そして旧3部作で贖罪、と。まあそれはいいんだ。どうせルーカスに大した人間ドラマを期待して観に行った訳ではないから。スペクタクルがあればよし。その意味で眼の快楽=映像作品としては大満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

公開直前テレビでバンバンやってたので

【Cinema Review】エピソード3 その2

旧作の復習してましたが、やっぱりあのオープニングは劇場で観てこそですね。津嘉山正種の渋いナレーションも捨てがたいですが。そう言えば吹き替え版では劇場でアレが聴けるのか?(とばかり思い込んでいましたが、ちと不安になって調べたところ、こないだTVでナレーションしてたのは若山弦蔵さんでした。にしてもTV版の吹き替えのバリエーションも凄い。30年ほどの間に何度も色んな局で版権買ったり手放したりそれこそ叙事詩的です。初回の渡辺徹・松崎しげる・大場久美子てのもモノ凄いですが、故城達也氏もやっている。のでイメージがいつの間にか津嘉山さんと入れ替わっていたのか・・・。さらに映画館で吹き替え版観た人の記事を読むと、なんとオープニングのあのパース付きの字幕が日本語で流れてくらしいです!いやそれよりはナレーションの方がカッコイイと思うなあ)
2005julaug327schoolbus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »