« 更新頻度が低調でつまんないですか? | トップページ | 一般的な認識として『フロリゲン』は未だ見つかっていない。 »

2005年6月 1日 (水)

しかも挟んでたのがハルキの2作目だ

0601cyclist019
頁の焼けた「1973年のピンボール」を実に久方ぶりにパラパラと捲ってたら出てきた。高校(あるいは中学かも)時代に雑誌の投稿欄で見てえらく気に入ったイラスト。切り抜いて飾っていた気がする。夏とか旅とか少年時代とかいろいろ奥行きのある世界と物語がパッケージされていると感じたのだ。無垢なる十代の眼球を通すととにかくそんなふうに脳へとダウンロードされていた。実に久方ぶりに、そしてあまりにも不意をつかれて見た瞬間、ファイルが解凍されていろいろ走り始めたよ。

どこかで見た気のするサインだが、描いたヒト、見てたら連絡下さい。

|

« 更新頻度が低調でつまんないですか? | トップページ | 一般的な認識として『フロリゲン』は未だ見つかっていない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141302/6802749

この記事へのトラックバック一覧です: しかも挟んでたのがハルキの2作目だ:

« 更新頻度が低調でつまんないですか? | トップページ | 一般的な認識として『フロリゲン』は未だ見つかっていない。 »