« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

別に日航に肩入れしている訳ではまったくないのだけれど


そもそも運航百万席に対しての死亡者数で算出する訳だから、御巣鷹山の五百人でガンと跳ね上がったのは明らか。逆に言うと以来少しずつ数字は押し下げられてきているのであって、不祥事が続いているからといっていまこのタイミングで引っぱって意味のあるデータじゃないだろう。結局事故死亡率を語るとき、中華やキューバの突出した数字と、大韓だけなぜ貨物抜きなんだとかを分析することが第一であり、国内についてはむしろ御巣鷹と雫石の意味を掘り下げることの方がよっぽど大事じゃないのか。どうなんだサンケイタブロイド、てタブロイドに噛みついてるのが急に虚しくなってきたのでこの話題はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月)

しつこくひっぱる


もうくだんの記事が期限切れなのでいちおうグーグルのキャッシュを貼っておきます。(かくしてクソのようなニュースは垂れ流され誰もケツを拭かないのだ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

タブロイドの「記者」についてもう少し考える


しかしよく考えてみるとこの話には初手から重大な見落としがあるのではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

知らなかったよ~ 鬼ライダー


映画版「仮面ライダー響鬼」は時代劇であると
四十七都道府県にはもともと1人ずつ鬼が住むと(廃藩置県の前は幕藩に合わせていたのかな?)ということで先祖の話でやるのだと

仮面ライダーが近年目覚ましい進化を見せてるというのはなんとなく聞いていたけれど、もはや『改造人間』のコンセプトすら脱皮しているとは

てことはもとのシリーズとはもうすっかり地続きではないのかな?

そういえば「仮面ライダーSpilits」もノスタルジー編以降あんまり読んでないけど、平成ライダーは出てこなかったような

とはいえ soul は受け継がれているようですね。番組のつくりは石森氏へのリスペクトに溢れてるらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

一般的な認識として『フロリゲン』は未だ見つかっていない。


【メモ】 『フロリゲン』研究史

1937年 M. Kh. Chailakhyan(ソ連)が提唱
1997年 資生堂と京都大学の共同研究→アオウキクサからα-ケトール不飽和脂肪酸を分離。資生堂のサイトでは「花芽形成誘導物質の分離・同定に成功」とあるが、新潟大の和田教授のサイトによればその物質自体は抽出時の反応によって生じたもので、内生花成制御物質ではないという。つまりフロリゲン的作用は確認できたが天然モノではないといったところか。     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水)

しかも挟んでたのがハルキの2作目だ

0601cyclist019
頁の焼けた「1973年のピンボール」を実に久方ぶりにパラパラと捲ってたら出てきた。高校(あるいは中学かも)時代に雑誌の投稿欄で見てえらく気に入ったイラスト。切り抜いて飾っていた気がする。夏とか旅とか少年時代とかいろいろ奥行きのある世界と物語がパッケージされていると感じたのだ。無垢なる十代の眼球を通すととにかくそんなふうに脳へとダウンロードされていた。実に久方ぶりに、そしてあまりにも不意をつかれて見た瞬間、ファイルが解凍されていろいろ走り始めたよ。

どこかで見た気のするサインだが、描いたヒト、見てたら連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »