« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月31日 (火)

ふふふ逆じゃあないさ

0831routemap1dscn3591
飛行高度     10700 m
飛行速度      820 km/h
外気温度      -55 ℃
到着地迄の距離   4694 km
到着地迄の飛行時間 5:46
到着地現在時刻   1:10 pm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月30日 (月)

分けた方がよい。

技術的な光学論と述語論理の問題がごっちゃになってる。
0830kinaishokudscn3590

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月10日 (火)

そんなことよりフメンまだ~?


・またトップ直しました。リロードを。
・ゲイトウェイを4まで広げました
・明後日脱走します。(しばらくリポートはお休み?)

ときにこの↓話は量子的なゆらぎを全否定するものではありませんが、「観測行為」の捉え方が根底からひっくり返るところが面白い点だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 9日 (月)

地味だけれど非常に興味深い記事

日経サイエンスの9月号に載ってます。日本の数学者(小澤正直)から不確定性原理(ハイゼンベルグ)の再定式化が提唱されていて、ここへきてかなり受け入れられてきているようです。実測とも一致し、なにより量子コンピュータなんかの構築にあたってはむしろこの人の項を入れないとズレが出てくるらしい。細かなことはともかく、ミソは項を追加したことによって位置の測定誤差をゼロとしても運動量が∞に発散しない(場合が出てくる)という点です。つまり位置と動きを両方ともピタリと捉えることは可能だということです。十数年ぶりに宇宙観を揺すぶられた思いですが、みなさんの感動具合はどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »